『いだてん』あれこれ「明日なき暴走」2019-07-09

2019-07-09 當山日出夫(とうやまひでお)

『いだてん』2019年7月7日、第26回「明日なき暴走」
https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/026/

前回は、
やまもも書斎記 2019年7月2日
『いだてん』あれこれ「時代は変る』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/07/02/9110454

この回は、人見絹枝を描いていた。

見ていて思ったことなど書けば、次の二点になるだろうか。

第一に、やはり人見絹枝である。

オリンピックに出場するということだけで、国家を背負っているというプレッシャーがある。それに加えて、女性である。女性として初めて出場することになる。その意味で、二重のプレッシャーのなかに人見絹枝がいたことになる。

ドラマでは、この人見絹枝を、鮮やかに描いていたと思う。その当時、人見絹枝という人は、社会から、そう高く評価されることはなかったようだ。いや、むしろ、女だてらに、ということで批難の目で見られていたといっていいかもしれない。だが、それをも跳ね返す、女子スポーツの黎明を切り拓いた人間として、魅力的に描いていたように思う。

今でこそ、女子スポーツというのは、社会的に認められている。だが、それも、人見絹枝のような先駆者の苦労があってのことである。その生涯は短いものであったのだが、充実したものとしてあった……少なくとも、ドラマではそのように描いていた。

第二に、オリンピックと政治である。

ドラマの冒頭で、田畑政治と高橋是清との会話が印象的であった。スポーツと政治は無縁であるべきなのか、政治はスポーツを利用するべきなのであるか。その答えは、今にいたるまで出ていないといっていいかもしれない。

だが、その後のオリンピックの歴史のなかで、ベルリンの「民族の祭典」は、スポーツを政治のプロパガンダとして利用した典型ということになる。そのなかに、前畑秀子もいたことになる。

以上の二点が、見ていた思ったことなどである。

さらに付け加えるならば、スポーツと政治、参加すること意義、メダル獲得至上主義……これら、オリンピックをめぐる問題について、風刺のきいたドラマになっていると思う。近代におけるスポーツの存在とは何か、問いかけるところがあると感じる。

また、どうでもいいことかもしれないが……シベリアが大河ドラマに登場したのははじめてかもしれない。それをおいしそうにたべる人見絹枝が、印象に残っている。

次回は、いよいよ前畑秀子の本格的な登場ということになるようだ。楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-07-16
この続きは、
やまもも書斎記 2019年7月16日
『いだてん』あれこれ「替り目」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/07/16/9129176

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/07/09/9124847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。