『キャッチャー・イン・ザ・ライ』村上春樹訳2019-07-11

2019年7月11日 當山日出夫(とうやまひでお)

キャッチャー・イン・ザ・ライ

J.D.サリンジャー.村上春樹(訳).『キャッチャー・イン・ザ・ライ』(ペーパーバック・エディション).白水社.2006
https://www.hakusuisha.co.jp/book/b206346.html

続きである。
やまもも書斎記 2019年7月6日
『グレート・ギャツビー』村上春樹訳
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/07/06/9111813

読んだのは、ペーパーバック・エディション版である。白水社のHPを見ると、この訳本の単行本が刊行されたのは、2003年である。そして、2003年の時、また、ペーパーバック・エディション版の出た2006年の時、原著者のサリンジャーは生きていた。(ずいぶんと長生きしたものである。)

ジャパンナレッジで、サリンジャーを見ると、サリンジャーは、1919~2010、とある。(世界大百科事典、世界文学大事典など)。なぜ、このようなことを確認してみたかというと、本の最後に、訳者の解説が、原著者の意向によって、掲載できなかった旨が書いてあるからである。翻訳は許可したものの、それに解説を加えることは許さなかったらしい。

ところで、この本であるが、私の若いころは、『ライ麦畑でつかまえて』のタイトルで知られていた。今も、このタイトルで翻訳が出ている。たしか、手にしたような記憶はあるのだが、今となっては、さっぱり忘れてしまっている。ただ、読んだ本の数をこなすため、ストーリーをおうような読みかたで読んでいった本のなかにあったかと思う。

これを、今になって、新しい村上春樹訳で読んで思うことは、次の二点だろうか。

第一に、「若さ」を描いた作品というのは、若いときに読んだのではその価値がわからない、ということである。少なくとも、私には、その良さがわからなかったといってよい。

この作品が発表されたのは、1951年。単純に計算して、作者(サリンジャー)が32才の時ということになる。若いとはいえ、ギリギリの年齢かもしれない。

第二に、この作品を読んで感じる「メタ」な視点である。主人公は若い「僕」なのであるが、その若い時の自分を回想して見ている、成長した、あるいは、もう若くはない、大人になった、作者の視点というものを、どこかに感じる。おそらく、この作品に、奥行きをもたらしているのは、この「メタ」な視点が、ところどころにあるせいなのだろうと思う。

以上の二点が、この新しい『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を読んで感じるところである。

読みながら思わず付箋をつけた箇所。

「僕は『グレート・ギャツビー』に夢中になってしまった」(p.238)

なるほど、サリンジャーも、また、それを訳している村上春樹も、『グレート・ギャツビー』の影響下にあることになる。『グレート・ギャツビー』についても、村上春樹の翻訳作品を一通り読んだところで、再度、再々度と読み直しておきたいと思う。

次に読もうと思っているのは、チャンドラーにもどって『さよなら、愛しい人』である。

追記 2019-07-13
この続きは、
やまもも書斎記 2019年7月13日
『さよなら、愛しい人』村上春樹訳
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/07/13/9127906

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/07/11/9127150/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。