『夜のくもざる』村上春樹2019-08-10

2019-08-10 當山日出夫(とうやまひでお)

夜のくもざる

村上春樹(文).安西水丸(絵).『村上朝日堂超短篇小説 夜のくもざる』(新潮文庫).新潮社.1998 (平凡社.1995)
https://www.shinchosha.co.jp/harukimurakami/books/100144.html

続きである。
やまもも書斎記 2019年8月5日
『水底の女』村上春樹訳
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/08/05/9137577

村上春樹の長編、短篇と読んで、次に翻訳をいくつか読んで、レイモンド・チャンドラーの村上春樹訳を読んだ。そして、手にしたのが、この本である。「夜のくもざる」という作品は、『世界は村上春樹をどう読むか』のなかで、それをどう外国語に翻訳するか、という課題としてつかってあったので目にした。これを読んで、とても面白いと思ったので、文庫本を買って読むことにした。

やまもも書斎記 2019年7月4日
『世界は村上春樹をどう読むか』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/07/04/9111158

短篇というよりは、掌編、あるいは、ショートショートと言った方がいいかもしれない。短いものだと、二ページほどでおさまってしまう。それも、文庫本としては、大きめの活字で、しかも、行間をあけて組版がしてあるので、普通に組版したら、一ページで収まってしまうほど短いものがある。あとがきを読むと、この作品は、広告につかわれたものを編集して作ったらしい。(あいにく、私は、一般の雑誌というものを、ほとんど読むことがないせいもあって、この広告のことは、まったく知らなかった。)

ともあれ、読んでの印象は、面白い、これにつきる。だが、どこが面白いのかと言われると困ってしまうのだが、とにかく、どの作品も読み始めてすぐに、村上春樹の物語世界……それも掌編という形式における……にはいりこんでしまう。摩訶不思議な物語空間である。そして、たくみな「ことば」の使い手でることが実感できる。

たぶん、この作品を書きながら作者は、楽しんで書いていただろうと感じるところがある。(そして、このことは、あとがきでも、著者自身が述べていることでもある。)

「ことば」によって、虚構の世界を作りあげる類い希なる想像力、創造力、である。まさに村上春樹は、「ことば」の才人であると思う。長編、短篇、それから、翻訳のいくつかと読んできて、この本を読んで村上春樹の小説家、物語の書き手としての才能を見る気がする。

どれも気楽に読める内容のものであるが、村上春樹の文学者としての資質を考えるうえでは、重要な作品であるにちがいない。

次は、『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/08/10/9139334/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。