『村上朝日堂 はいほー!』村上春樹2019-09-26

2019-09-26 當山日出夫(とうやまひでお)


村上朝日堂 はいほー!

村上春樹.『村上朝日堂 はいほー!』(新潮文庫).新潮社.1992 (文化出版局.1989)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100140/

続きである。
やまもも書斎記 2019年9月21日
『最後の瞬間のすごく大きな変化』グレイス・ペイリー/村上春樹訳
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/09/21/9155949

やまもも書斎記 2019年9月20日
『村上朝日堂の逆襲』村上春樹・安西水丸
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/09/20/9155648

ここに収録の文章は、1983年から『ハイファッション』に掲載されたものを中心に、取捨選択し、いくつかの文章を加えたものである。長編作品としては、『羊をめぐる冒険』から『ノルウェイの森』の時期ということになる。

このようなことを思って読むせいでもあろうか、やはり、村上春樹の長編作品の背景にある、いろんなものの考え方、感じ方、というようなものをどことなく感じる。その一方で、ただ、楽しくてこのようなエッセイを書いているのだろうと、感じさせるところもある。

一箇所だけ引用しておく。

(貧乏について語ったところで)「……それはすごく楽しかったのだ。それは昔のことだから楽しいというのではない。それは金とは関係のないことなのだ。それはいわば想像力の問題なのだ。想像力というものがあれば、我々は大抵のものは乗り切っていけるのだ。たとえ金持ちであろうが貧乏であろうが。」(p.201)

村上春樹の文学を理解するうえで、(これは、特に村上春樹に限ったことではないのだが)、「想像力」が重要である。そう思ってよむと、『ノルウェイの森』など、まさに文学的想像力を大胆に喚起する作品であるといえるだろう。

追記 2019-09-28
この続きは、
やまもも書斎記 2019年9月28日
『その日の後刻に』グレイス・ペイリー/村上春樹(訳)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/09/28/9158550

追記 2019-10-03
この続きは、
やまもも書斎記 2019年10月3日
『遠い太鼓』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/03/9160554

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/09/26/9157898/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。