『スカーレット』あれこれ「はじめまして信楽」2019-10-06

2019-10-06 當山日出夫(とうやまひでお)

『スカーレット』第1週「はじめまして信楽」
https://www.nhk.or.jp/scarlet/story/index01_190930.html

信楽は、我が家からそう遠くはない。が、あまり行ったことはない。子どものころに学校の遠足で行ったような記憶がある。それから、近年、一度行っている。MIHOミュージアムに行ってきたので、そのときにたちよった。印象としては、なんだか、タヌキとフクロウばかりが目についたと憶えている。

その信楽を舞台にして、今度の朝ドラがはじまった。見て思うこととしては、BK(大阪)で作ったドラマらしく、朝ドラの王道を行く作りになっているかなと思う。

まず、子役からはじまる。その子どものころの日常生活が、細やかに描かれる。学校、友達、姉妹、それから、しっかりものの母親に、だらしない父親。それから、戦後の闇市。まさに朝ドラの定番である。

そんななかで、印象に残っているのが、草間宗一郎という人物。いったいどんな人間なのか、父親の戦友らしいのだが、詳しい素性は不明である。そのなぞの人物が、ヒロインの喜美子に語りかけるシーンが印象的であった。草間は、喜美子を、一人前の人間としてあつかっている。そして、人間としての生き方をさとしている。

まだ、ドラマははじまったばかりだ。これから喜美子の成長があり、そして、舞台は大阪にうつるはずである。朝ドラが、週に六日の放送は、この『スカーレット』が最後になるらしい。(次の『エール』からは、週に五日の放送になるとのこと。)

このドラマのヒロインの喜美子は、陶芸家をめざすことになる。芸術家と言ってもいいだろう。朝ドラで芸術の世界のことを描くのはめずらしいかもしれない。前作『なつぞら』は、アニメといっても、その芸術的側面には、あまり踏み込むことがなかった。こんどの『スカーレット』は、創作、創造ということをどのように描くことになるのだろうか。このあたりも楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-10-13
この続きは、
やまもも書斎記 2019年10月13日
『スカーレット』あれこれ「意地と誇りの旅立ち」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/13/9164325

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/06/9161640/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。