ヒガンバナ2019-10-09

2019-10-09 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。今日は、ヒガンバナである。

前回は、
やまもも書斎記 2019年10月2日
ニラ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/02/9160214

この花については、昨年も写している。

やまもも書斎記 2018年10月3日
彼岸花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/10/03/8968078

日本国語大辞典、それから、『言海』の引用などは、去年書いたのでくりかえさない。

今年も例年のようにヒガンバナが咲いた。ちょっと遅いかなという印象であったが、ほぼ、秋の彼岸のころになると花を咲かせる。見ていると、花の時期は、わりと短い。一週間もないであろうか。何もなかったところに、地面から茎が伸びてきて、赤い花を咲かせる。葉はない。

色のちがった種類もある。一般には、リコリスと言っているようだ。我が家のちかくでは、普通の赤いヒガンバナしか見ない。ただ、ちょっと自動車で足をのばして、学研都市の記念公園に行くと、黄色っぽいものなど、色がさまざまな花を見ることができる。

が、花の写真を撮るのは、自分の家から歩いて行けるところと、今のところきめているので、その花まで写すことはしていない。

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

Nikon D500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/09/9162816/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。