『スカーレット』あれこれ「ときめきは甘く苦く」2019-11-03

2019-11-03 當山日出夫(とうやまひでお)

『スカーレット』第5週「ときめきは甘く苦く」
https://www.nhk.or.jp/scarlet/story/index05_191028.html

前回は、
やまもも書斎記 2019年10月27日
『スカーレット』あれこれ「一人前になるまでは」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/27/9169515

この週のポイントは、次の三点だろうか。

第一に、圭介とのこと。

下宿人の圭介に恋人ができる。相手は、犬のゴンをつれて散歩にきている、あき子である。そのため、圭介は荒木荘を出ることになるのだが、その時に、喜美子は気付く。自分が、これまで、圭介のことを思っていたことを。この気持ちは、恋なのであろうか。そこまでいかない、ちょっと淡い感情のようなものかもしれない。

第二に、大久保さん。

たしか一日だけのことだったが、大久保さんが、荒木荘にやってくる。そして、喜美子が無事に荒木荘の女中としてやっていることを確認して、帰っていく。その帰っていくときの、玄関を出てからの表情が、なんとも満ち足りたという印象であった。

第三に、草間さん。

喜美子は、草間宗一郎と再会する。草間が探していた妻は、どうやら別の男と暮らしているらしい。そこで、喜美子は、草間と一緒にその店に行く。そして、何事もなかったかのごとく、立ち去ることになる。

以上の三点が、この週のポイントかなと思う。

この週は、喜美子の成長を描いた週だったと思う。圭介と別れることによって、一段、人間的に成長したようである。また、大久保さんにも認めてもらうことができた。さらに、草間さんと再開して、かつて草間さんから学んだ柔道の教えを確認することになった。

喜美子は、美術の学校に通うことになるのだろうか。そう思っていたところに、父からの電話であった。次週は、信楽を舞台にドラマは進行するようだ。楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-11-10
この続きは、
やまもも書斎記 2019年11月10日
『スカーレット』あれこれ「自分で決めた道」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/10/9174882

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/03/9172262/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。