『いだてん』あれこれ「ヘルプ!」2019-11-19

2019-11-19 當山日出夫(とうやまひでお)

『いだてん~東京オリムピック噺~』第43回「ヘルプ!」
https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/043/

前回は、
やまもも書斎記 2019年11月12日
『いだてん』あれこれ「東京流れ者」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/12/9175786

東京オリンピック(一九六四年)のとき、私は小学生だった。オリンピックのことは記憶に残っているのだが、その前に開催されたアジア大会のときのことは、さっぱり憶えていない。

そのアジア大会のときのもろもろの舞台裏を描いていたのが、この週であった。

国際的なスポーツの大会に、政治がからんでくるのはしかたないことなのかもしれない。純粋にスポーツの祭典としてのオリンピック……それは、田畑が目指しているものであり、また、かつて嘉納治五郎が理想としたものであった……これは、現実には無理なのかもしれない。

そういえば、モスクワでのオリンピックのとき、アメリカが参加しないので、それにならって日本も参加しない、ということになった。その前のロサンゼルスのときは、東西両陣営のかけひきが逆であった。

ともあれ、このドラマを見ていると、来年の二〇二〇東京オリンピックが、いったい何のために、誰のために、開催されることになるのか、その根底を問いかけているように思えてしかたがない。真夏の開催といい、それに配慮しての、マラソンと競歩の札幌開催への変更といい、最も考えられるべき選手のことが、一番考えられていないとしか思えない。

ただ、現在の我々は歴史の結果を知っている。一九六四年の東京オリンピックは、成功するのであるということを。だからこそ、その成功のうらにある、種々の生臭いに人間のドラマを、ある意味で安心して見ていることができる。しかし、これを同時代の視点で考えるならば、まさに東京オリンピックは、綱渡りであったことが理解される。

その歴史の結果を知っているからこそ、それにいたる人間のドラマに興味をもつ。次回以降、どのような展開になるのか、楽しみに見ることにしよう。

また、このドラマは、ここに来てスポーツのドラマから、政治のドラマに変わってきてもいる。戦後政治の暗闇の部分をえぐり出すような雰囲気を感じさせる。

さらには、晩年の志ん生が、これからどのようにオリンピックにかかわっていくのか、これも見届けておきたいと思う。

追記 2019-11-26
この続きは、
やまもも書斎記 2019年11月26日
『いだてん』あれこれ「ぼくたちの失敗」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/11/26/9181413