NHK『映像の世紀プレミアム』「運命の恋人たち」2019-12-05

2019-12-5 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK『映像の世紀プレミアム』第14集「運命の恋人たち」
https://www4.nhk.or.jp/P4235/5/

録画しておいて、月曜日に見た。見ていて思ったことなど、思いつくままに書いてみる。

番組のスタートは、アメリカにおける、黒人と白人の結婚からはじまっていた。その裁判のニュースから。それまで、アメリカにおいては、これは法的に禁じられていたことだった。それが、今日では普通のことになっている。

性にかんする意識というのは、時代とともに大きく変わっていく。時代の変化が、性に対する意識を変えることになる。また、時として、時代を変えていく役割をはたす先駆的な人びとがいたりもする。

この番組の終わりが、LGBTのことでおわっていたのは、この意味で、まっとうな姿勢から作ったと考えられる。今日の社会において……まだ、一部に偏見が残っているのだろうが……性的少数者の権利は、確立しつつある、と言っていいだろう。

見ていて思ったことであるが……このような企画の場合、誰、どのようなカップルを登場させるかもあるが、あえて触れないということもあるだろう。ナチスのゲッベルスの妻のマグダは登場していたが、ヒトラーの愛人であったエヴァ・ブラウンは出てこなかった。また、英国のエドワード8世のことはでてきていたが、英国王室のかかわりでは、ダイアナ皇太子妃のことに触れることはなかった。さらに出てこなかった女性としては、アメリカのジャクリーン・ケネディがいる。中国の江青も登場していない。……などなど、登場していない人物のことの方に関心がいってしまうのは、いたしかたのないことかもしれない。

そして、日本のことが出てこなかった。もし、日本から誰かが登場するとなると誰になるだろうか。あえて日本のことに触れなかったというのも、ある意味で、この番組の制作における判断であったのだろう。

一つ思い出を書けば、グレース・ケリーの出た映画「裏窓」を映画館で見たことを思い出す。その時には、すでに死んだ後のことになるだろうか。(しかし、この番組の意図として、グレース・ケリーのことは、そう大きくあつかう必要があったのだろうかとも、見終わってから考えて思う。)

2019-12-02記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/12/05/9185217/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。