マンリョウ2020-02-12

2020-02-12 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は写真の日。今日はマンリョウ「万両」の実である。

前回は、
やまもも書斎記 2020年2月5日
梅の花芽
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/05/9210409

我が家のマンリョウ「万両」の木の実は、もうほとんど鳥が食べてしまってなくなっている。見ていると、センリョウ「千両」の木の実の方が先になくなる。次になくなるのが、マンリョウ「万両」のようである。それから、ナンテン「南天」の実もほとんど残っていない。二月にはいると、庭の木の実はほとんどが鳥のエサである。

掲載の写真は、昨年のうちに写して保存しておいたものである。

この木は、夏に白い花を咲かせる。それが、青い実をつけて、秋から冬になって赤くなる。庭にあるので毎日のように目にしている。この木の様子をみていると、季節の変化を感じる。

今年の冬はあたたかいせいか、梅の花も昨年よりも早く咲きそうな感じである。そろそろ、春の花の写真を撮る季節になってきたかと思う。

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

Nikon D500
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

2020年2月11日記

追記 2020-02-19
この続きは、
やまもも書斎記 2020年2月19日
センリョウ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/19/9215433