『運命のコイン』(上)ジェフリー・アーチャー2020-02-28

2020-02-28 當山日出夫(とうやまひでお)

運命のコイン(上)

ジェフリー・アーチャー.戸田裕之(訳).『運命のコイン』(上)(新潮文庫).新潮社.2019
https://www.shinchosha.co.jp/book/216148/

私が、ジェフリー・アーチャーの作品を読んだのは、『百万ドルをとり返せ!』(新潮文庫)からだったかと記憶する。たしか、学生のころだったか。それから、『ケインとアベル』など読んだものである。それを思うと、古くから活躍している作家、それもベストセラー作家である。

この小説は、一九六八年の旧ソ連のレニングラードからはじまる。そこで起こる事件、国外に亡命を決意するロシア人の母と息子。箱の中にかくれて、密航をくわだてる。その行き先は、イギリスか、それとも、アメリカか……と、ここまでは、普通の小説の展開なのであるが、それから、大きく物語は転変する。

なるほど、このような小説の作りであったのか。さて、この大がかりな仕掛けのある小説は、どこに着地点を求めることになるのだろうか、と思って読むことになる。

だまされることを楽しむ、このような気構えで読む必要がある。この意味では、初めてこの著者の作品を手にするという読者には、あまりお勧めではないかもしれない。

下巻まで読んで思うことなどについては、続けて書くことにしたい。

2020年2月23日記

追記 2020-02-29
この続きは、
やまもも書斎記 2020年2月29日
『運命のコイン』(上)ジェフリー・アーチャー
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/29/9218963

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/28/9218651/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。