オンライン授業あれこれ(その四)2020-05-16

2020-05-16 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2020年5月9日
オンライン授業あれこれ(その三)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/05/09/9244587

今のところ、前期の間は、オンライン授業継続ということになっている。京都や大阪の緊急事態宣言が解除されても、大学の再開ということは一番最後になるだろう。

これまでに、四回、学生には教材などの送信をしてきている。基本は、毎回配っている講義プリント(A4で1~2ページ)に、解説を加えたものである。だいたい4ページぐらいになる。ここまでのことで思うことなど書いておく。二点ほど書いてみる。

第一に、話したいことの要点だけを整理して書くのならば、A4で2ページあれば十分だということである。簡潔にポイントだけ整理するならば、これで十分な情報は伝えられる。この意味では、教材プリント配布方式も、教育的には、ある程度は有効だろうと判断している。(音声データ付きのPowerPointスライドという方式もあるが、これも、要点だけ文字にしてしまえば、同じような分量になるだろうと思う。)

これもいいかえれば、A4で2~4ページほどのことを、毎回90分かけて、何を話しているかということにもなる。考えてみれば、半分は、余談、雑談の類である。あるいは、はなしことばの冗長性といってもいいかもしれない。

実は、これこそが、本当に大切なものであるともいえる。私は、今の時点で第一線の研究者が考えているような問題については、板書もしないし、もちろんプリントにも書かないで、ただ話すだけにしている。大事なことは、黒板には書きません、話すだけにしておきますと言って話しをしている。プリントに書いていることは、その前提として、共有しておくべき基本的知識ということに限定している。(だから、ある意味では、現時点の学問的な知見からすれば、問題がありうることであっても、とりあえず、それを知っておくべきこととして学生にはしめすことにしている。)

ともあれ、最低限これぐらいの知識はもっておいてくれないと、専門書や論文などを読んでも理解できないだろう、その基本知識の部分は、なんとか教えることができるだろうというのが、今のところの判断である。これ以上のことは、まさに学生が自分の勉強として、専門の論文とか研究書を読むことで、考えることになる。(しかし、今、図書館が基本的に閉館になっているのは、いろいろと教育的には問題があると思う。開架書庫の本を見て回るだけでも、勉強になることなのだが、今はそれができない。)

第二に、オンデマンドでの教材配信という方式は、PCスキルや、通信容量の点からは、一番問題が少ない方式ではある。しかし、その一方で、肝心の学生の勉学へのやる気の点からは、ハードルが高いかもしれない。

まず、大学のLMS(Learning Manegement System)に教材をおいておいても、アクセスして読んでくれない。毎週水曜日の授業であるので、毎週水曜日の朝には、LMSにファイルをアップロードしておく。しかし、まったくアクセスしない学生が少なからずいる。

これも、考えてみれば、普通に教室で授業を始めたからといって、出席率が100%ということはない。最初のうち、多く出てきているときでも、7~8割といったところだろうか。例年、5月の連休が終わって、おちついてきたころになると、半分ぐらいになる。そして、試験のときだけは学生が出てくる。しかし、試験といっても、これも100%出てくるということはない。これまでの経験では、これもおよそ7~8割といったところである。履修登録はしても、試験にも出てこない学生がが多い。

オンラインになってからといって、いきなり学生の勉学意欲が向上するというものではないであろう。むしろ、逆に、大学という場があって、そこで、時間割で決まった時間に出席しているという、ある種の強制力、あるいは、習慣のようなものがあって、続いている。それを、オンラインで、しかも、オンデマンド方式でやるとなると、学生自身が自分のやる気を維持しつづけなければならない。これは、ある意味で、ハードルの高いことである。

しかし、反面、これまでの「学校」というシステム、強制的に教室に時間割どおりに出てくる、ということになじめなかった学生が、オンライン授業であるならば、なんとかついて来ることができている、この可能性も考えてみなければならない。

総合的に考えれば、普通の授業を時間割どおりに教室で行うのと、オンデマンドのオンライン方式と、トータルでは同じようなものかもしれないと思う。もちろん、オンライン授業のなかには、リアルタイム双方向通信による(例えば、ZOOMやWebexなどの利用)ものもあってよい。ここは、多様性を考えてみるべきだと思う。

以上の二点が、今のところ考えているところである。

前期の間は、オンライン授業が続くとして、その間、自分なりにいろいろと考えてみたいと思っている。

2020年5月15日記

追記 2020-05-23
この続きは、
やまもも書斎記 2020年5月23日
オンライン授業あれこれ(その五)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/05/23/9249568

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/05/16/9247182/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。