『戦争と平和』(六)トルストイ/岩波文庫(その二)2020-05-22

2020-05-22 當山日出夫(とうやまひでお)

戦争と平和(6)

続きである。
やまもも書斎記 2020年5月21日
『戦争と平和』(六)トルストイ/岩波文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/05/21/9248933

『戦争と平和』の岩波文庫を読みながら、いくつか付箋をつけたところがある。そのうちの一つについて、書いておきたい。

第六冊目の、エピローグの第二編、p.361。ここに、「ギボンからバックルにいたるまで」とある。

このうちギボンは、『ローマ帝国衰亡史』をさして言っているのだと思う。

バックルである。私が、バックルの名前を知っているのは、福澤諭吉『文明論之概略』によってである。いや厳密には、『文明論之概略』のネタ本として知っていると言った方がいいだろうか。

ジャパンナレッジでバックルを見る。世界大百科事典には、『イギリス文明史』(1857-61)の著者として載っている。バックルの生没年は、1821~62である。

ちなみに、トルストイは、1828~1910である。『戦争と平和』が書かれたのは、1865~69。

ちょうど、『戦争と平和』が書かれたときは、バックルの没後まもなくのころであり、『イギリス文明史』の刊行から、それほど時間はたっていない。ほぼ、同時代の著作と言っていいことになろう。

おそらく、トルストイの生きていた時代、同時代のヨーロッパにおける高名な歴史家として、知られていたのかと思う。それを、福澤諭吉も読んだことになる。

なお、『文明論之概略』は、1875(明治8)である。

久々にバックルの名前を目にした。『文明論之概略』、あるいは、『「文明論之概略」を読む』(丸山眞男)を、読んでみたくなった。が、その前に、部屋の本を片づける必要があるのだが。

2020年5月21日記