『渋江抽斎』森鷗外(その二)2020-06-01

2020-06-01 當山日出夫(とうやまひでお)

渋江抽斎

続きである。
やまもも書斎記 『渋江抽斎』森鷗外
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/05/29/9251733

『渋江抽斎』はこれまで何度か読んできている作品である。今回読んで、気付いたことを書いておきたい。それは、時代意識である。

『渋江抽斎』は、大正五年の作品である。その時代において、明治のそのまえ江戸時代の終わりのころが、この作品の主な時代設定である。渋江抽斎は江戸の人である。

一方、鷗外の筆は、渋江抽斎の死でおわっていない。その死後までつづく。渋江抽斎は、安政五年になくなっている。が、その子孫のゆくすえをも、さらに探求することになる。そして、それは、この作品の書かれた同時代にまでおよんでいる。

この間に、明治維新があった。その後、西南戦争もあり、日清戦争もあり、日露戦争もあった。しかし、このような一般的な歴史のできごとは、この作品に登場しない。あたかも江戸の昔から大正にいたるまで、そのまま連続して時代が続いているかのごとくである。

いや、あるいは、この鷗外のような時代感覚の方が正しいのかもしれない。現代の我々は、明治という時代で、歴史を区分しがちである。明治維新の、その前と後で、時代が大きく変わったと思っている。たしかにそのような面もあるにはちがいないが、人びとは、その歴史の激動のなかで日々のいとなみを続けてきたのである。

この作品を読んで感じるのは、歴史の時代の連続性である。大正の時代になってから江戸のことを書いている。しかし、そこにあるのは、作者(鷗外)が、渋江抽斎に対していだいている、同時代人としての感覚である。ここを読みとらなければ、この作品を読んだことにはならないと言っていいかもしれない。

歴史とは何か……たしかに様々な議論のあることではある。そのなかにあって、『渋江抽斎』のような時代感覚もまた一つの歴史感覚であることは、重要なことかもしれない。

2020年5月31日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/01/9252985/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。