『エール』あれこれ「いばらの道」(再放送)2020-07-16

2020-07-16 當山日出夫(とうやまひでお)

前回の週の放送については、
やまもも書斎記 2020年7月10日
『エール』あれこれ「運命のかぐや姫」(再放送)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/07/10/9266503

本放送のときのことは、
やまもも書斎記 2020年4月19日
『エール』あれこれ「いばらの道」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/04/19/9236927

本放送のときに書いたことを読みなおしてみると、この週では、実にいろいろとあった。ハーモニカ倶楽部のこと、作曲のこと、養子のこと、銀行のこと、それから、志津とのこと。

この週の放送をみたところで、思うのは、やはり、最後の志津の「ば~か」である。裕一は、女性にもてるのか、あるいは、実はあんまり興味がないのか……どうも、今一つわからない。そういえば、次週で、音との出会いがあることになるのだが、この二人が恋におちる経緯が、なんとなくそうなってしまった、という感じだったのを覚えている。

それにしても、あの銀行は大丈夫なのだろうか。このドラマはあまり時代的背景、世相というものを描かない方針のようだが、昭和初期の不況のころのはずである。銀行も苦しかったのだろうと思うが、そのあたりはいったいどうなのだろうか。

また、この週の放送で出てきていた養子の件、これからの展開の伏線にもなっている。裕一が最終的に音楽の道に志すことになるのは、音との出会いがあってからのことになるのだが、それまでの裕一は、「家」のために養子として銀行で働いている。

そう思ってみると、このドラマは、「家」の物語という側面もあると感じるところがある。呉服屋の古山の「家」、川俣のおじさんの「家」……このような「家」の束縛から自由になって、音楽活動に専念できるようになるのは、音と一緒になって、東京で、新しい「家」、いや、この場合には、「家」というよりも「家族」「家庭」と言った方がいいかもしれない……それを、選ぶことによってということになる。

このドラマは、「家」から「家族」への物語であると見ることができるかもしれない。

次から、第四週の放送になるはずである。音との出会いを、もう一度見ることにしよう。

2020年7月15日記

追記 2020-07-23
この続きは、
やまもも書斎記 2020年7月23日
『エール』あれこれ「君はるか」(再放送)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/07/23/9270850

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/07/16/9268578/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。