『エール』あれこれ「愛の狂騒曲」(再放送)2020-07-30

2020-07-30 當山日出夫(とうやまひでお)

『エール』第5週「愛の狂騒曲」
https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_05.html

本放送のときのことは、
やまもも書斎記 2020年5月3日
『エール』あれこれ「愛の狂騒曲」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/05/03/9242126

前回は、
やまもも書斎記 2020年7月23日
『エール』あれこれ「君はるか」(再放送)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/07/23/9270850

水曜日は花の写真の日にしているので、掲載が今日になった。

再放送は、副音声の解説がある。この週は、ミュージックティーチャー御手洗だった。聞いていて気付いたことは、タイトルの「狂騒曲」は、「ラプソディー」と読むらしい。これは、ミュージックティーチャーだけではなく、次の週に放送の鉄男の副音声解説でも同様だった。

「愛の狂騒曲(ラプソディー)」で印象深いのは、やはり豊橋の関内の家での、裕一、音、光子、それから、三郎の、コミカルな回である。コメディでありながら、裕一と音との思い、光子の母としての思い、また、三郎の父としての思いが、情感深く描かれていたと感じる。

そして、最後の、海辺のシーンがいい。このドラマでは、これまで何回か海辺のシーンがあったが、どれも心に残るものである。また、再度見ても、祭りの手筒花火のシーンは迫力があった。

再放送で、副音声で解説があるので、それを聞きながら見ている。この解説が面白い。特に、ミュージックティーチャーの週は、まさに役のキャラクターで語っていた。次の週の解説は、鉄男である。これも楽しみに見ることにしよう。

2020年7月27日記

追記 2020-08-02
この続きは、
やまもも書斎記 2020年8月2日
『エール』あれこれ「ふたりの決意」(再放送)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/08/02/9274498

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/07/30/9273258/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。