スイカズラ2020-09-02

2020-09-02 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日はスイカズラである。

前回は、
やまもも書斎記 2020年8月26日
ニワゼキショウ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/08/26/9282263

もう九月なのであるが、あいかわらず暑い。今日も予想最高気温は、35℃ということになっている。ちょっとカメラを持って外に写真を撮りに歩くという気にならないでいる。今日の写真も、以前に撮っておいたもののストックからである。

この花の咲く場所は、我が家の近所に三箇所ほど確認している。今年は、その中で一番近いところにあるものを写してみることにした。ちょうどウツギの花の咲くころに、このスイカズラの花も咲く。初夏を感じさせる花といっていいだろうか。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見てみる。

スイカズラ科の常緑つる性木本。各地の山野や路傍に生える。

とありさらに説明がある。漢名は「忍冬」である。用例は、十巻本和名類聚抄(934頃)からある。古く平安の昔から、この花のことは記載があることになる。

『言海』にもある。見出しは、「忍冬(にんどう)」である。

にんどう 忍冬 名 〔凌冬不凋故名〕 古名、スヒカヅラ。蔓草、山野ニ生ズ、葉ハ對生シ、橢ニシテ尖リテ毛アリ、夏ノ初メ、花ヲ開ク、香氣アリ、一帶ニ二花、一節ニ四花、同日ニ開ク、本ハ筒ニテ、末ハ二瓣トナリ、上瓣ハ四ツニ分レ、下瓣ハ分レズ、蕾ナルトキハ淡紫ニシテ、開ケバ白クシテ黄ヲ帶ビ、後ニ白ニ變ズ、故ニ、一枝ノ中ニ、黄、白、相映ズ、因テ、漢名、金銀花ノ名モアリ、葉ヲ藥用トス。

スイカズラ

スイカズラ

スイカズラ

スイカズラ

Nikon D500
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di MACRO 1:1

2020年9月1日記

追記 2020-09-09
この続きは、
やまもも書斎記 2020年9月9日
ウツギ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/09/09/9293639

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/09/02/9291360/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。