公孫樹2020-12-30

2020-12-30 當山日出夫(とうやまひでお)

年末であるが水曜日なので写真の日。今日は公孫樹である。

前回は、
やまもも書斎記 2020年12月23日
椿のつぼみ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/12/23/9329557

我が家のうちに一本の公孫樹の木がある。毎年、秋になると紅葉して、あたりの地面が黄色くなる。もう今ではすっかり葉が落ちている。掲載の写真は、先月のうちに撮影したものである。

公孫樹の木には、雌雄がある。この我が家の木のものには、銀杏はならない。

公孫樹の木の見頃は、初夏の新緑のころもある。青葉の公孫樹の木もまた写真に撮ってみると、なかなかきれいである。無論、秋の紅葉もいい。特に、公孫樹の木に朝日があたって、黄色く輝いているようなときに出会うと、思わずカメラを向けてしまう。

今年の秋、散歩に出る機会のあるときは、カメラを持ってで、いくつか公孫樹の木を写すことができた。見ていると、その紅葉の見頃は、数日の間のことである。

掲載の写真は、我が家の公孫樹の木で、望遠レンズで撮ってある。公孫樹の葉の造形は、写真に撮ってみると、いろいろと興味深い。

この年も、水曜日は写真の日ということで続けることができた。COVID-19のせいもあって、居職である。毎朝、日が昇ると、あるいは、NHKの朝ドラが終わると、カメラを持って庭に出る。季節ごとに身近な草花を写真に撮ることにしている。毎日同じような写真にはなるが、それでも、草花の生長があり、また、その日による光線の違いがある。写真もまた日々異なってくる。

来年も、同じように身近な草花の写真を撮っていけたらと思っている。

公孫樹

公孫樹

公孫樹

公孫樹

Nikon D500
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

2020年12月29日記

追記 2021-01-06
この続きは、
やまもも書斎記 2021年1月6日
カナメモチ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/01/06/9334765

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/12/30/9331895/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。