『和歌史』渡辺泰明2021-02-05

2021-02-05 當山日出夫(とうやまひでお)

和歌史

渡辺泰明.『和歌史-なぜ千年を超えて続いたか-』(角川選書).KADOKAWA.2020
https://www.kadokawa.co.jp/product/321803000328/

大学は、文学部の国文科というところで学んだのだが、どうも短詩型文学……和歌とか俳句とか……が苦手である。ひととおり、勉強したつもりではいるが、この方面からとおいところを専門にすることになってしまった。

だが、日本文学を論じるときに、和歌というのが重要な位置をしめる、ということはきちんと認識しているつもりでいる。その和歌について、古く万葉集から、近世の和歌にいたるまでを、概観した内容になっている。

基本的に作者別になっている。
額田王
柿本人麻呂
山上憶良
大伴家持
在原業平
紀貫之
曾禰好忠
源氏物語の和歌
和泉式部
源俊頼
西行
藤原俊成・定家
京極為兼と前期京極派
頓阿
正徹
三条西実隆
細川幽斎
後水尾院
香川景樹

いずれも、日本の和歌史を論ずるうえでは、欠かすことのできない歌人ばかりである。これらを時代順にとりあげて、代表作をしめし論じてある。和歌史の研究書という面もあるが、全体としては、日本の和歌についての、総合的な概論といったところだろうか。

この年になって……とうに還暦をすぎた高齢者である……このような本を読むと、ある意味で感慨深い。もし、若いときに、このような本があって読んでいたら、どうだったろうかと思う。国語学の分野で、文字や表記といった方面のことではなく、和歌を勉強しようと思ったかもしれない。

それにしても、今の若いひとはめぐまれていると思う。新編国歌大観はデジタル版がある。また、国語研のコーパスもある。さらに、新日本古典文学大系で、万葉集から八代集、それに、その後の主な和歌については、注釈つきで読むことができる。それから、和歌文学大系もある。和歌の勉強をしようと思ったとき、すぐれたテクストと注釈、それにデジタルのツールが、容易に手にすることができるようになっている。

今更、和歌の勉強をしなおそうとは思わないのだが、これぐらいの本なら買って読もうかという気持ちは残っている。また、近世までの和歌と、近代になってから短歌については、これはこれとして、いろいろと興味深いことだとも思う。

ただ、この本の特徴といっていいと思うことは、古代から近世にかけての和歌の歴史を、コンテンポラリーな文学として読む視点を持っていることだろう。近年の和歌の研究というと、受容史、あるいは、その時代にどのような意味があったのか、という観点から研究されることが多いように思う。その流れにあって、あくまでも現代の我々が読んで何を感じ取ることがあるのか、という観点が、この本の底流にある。このように、昔の文学作品……「古典」といっていいだろうが……を、コンテンポラリーな視点から味わうということは、現代において貴重な意味があると感じる。

2021年2月3日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/02/05/9344207/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。