『おかえりモネ』あれこれ「勉強はじめました」2021-06-20

2021-06-20 當山日出夫(とうやまひでお)

『おかえりモネ』第5週「勉強はじめました」
https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_05.html

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月13日
『おかえりモネ』あれこれ「みーちゃんとカキ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/13/9387386

百音は、気象予報士の勉強をはじめることになった。

この週で印象にのこるのは、次の二点だろうか。

第一に、気象予報士の勉強のこと。

診療所の医師の菅波に、百音は、勉強を教わることになる。だが、その勉強は、楽しくもあり、また、難しくもあるようだ。どうして雲ができて雨が降るのか、百音は理解できない。そこをなんとか、太陽によって地面があたためられて空気があたたかくなる……このあたりのことから説明することになる。百音に、菅波は、中学の理科のテキストから勉強するようにと勧める。百音は、中学は無事に卒業しているだろうが、どうも理科の知識はきちんと身についてはいなかったようだ。

第二に、学童机のこと。

森林組合の仕事として、市の小学校の学校の机を受注することになった。使い道に困っていた広葉樹をつかうことになる。予算と納期は厳しいものがあったが、そこをどうにか、百音のアイデアと、みんなの協力で乗りきることができた。

以上の二点が、この週で描いていて印象に残ることだろうか。

それにしても、この週の最初でバスの中で、菅波と百音が会ったとき、菅波のもっていたサメのぬいぐるみは、その後、どうなったのだろうか。

次週、百音の周囲の人びとのことをめぐって物語は展開するようだ。楽しみに見ることにしよう。

2021年6月19日記

追記 2021年6月27日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年6月27日
『おかえりモネ』あれこれ「大人たちの青春」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/27/9391945

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/20/9389704/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。