『『失われた時を求めて』への招待』吉川一義2021-07-05

2021-07-05 當山日出夫(とうやまひでお)

『失われた時を求めて』への招待

吉川一義.『『失われた時を求めて』への招待』(岩波新書).岩波書店.2021
https://www.iwanami.co.jp/book/b583370.html

『失われた時を求めて』の訳本については、過去に読んでいる。吉川一義訳、鈴木道彦訳、それから、高遠弘美訳である。

やまもも書斎記 2018年11月1日
『失われた時を求めて』岩波文庫(1)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/11/01/8986844

やまもも書斎記 2020年8月15日
『失われた時を求めて』(1)第一篇「スワン家のほうへⅠ」プルースト/高遠弘美訳
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/08/15/9278710

筆者(吉川一義)は、岩波文庫版で、『失われた時を求めて』を訳した人ということになる。今では、すでに全巻完結している。三年前、私が読んだときには、途中までしか刊行されていなくて、残りの二冊を、集英社文庫版の鈴木道彦訳で読んだのだった。

全部を訳しおえて、ふりかえって、『失われた時を求めて』の読書案内、プルースト案内として書かれたものという位置づけになる。さっそく買って読んでみた。作品論、作家論として、よく書けている本だと思う。

第一章 プルーストの生涯と作品
第二章 作中の「私」とプルースト
第三章 精神を描くプルースト
第四章 スワンと「私」の恋愛心理
第五章 無数の自我、記憶、時間
第六章 「私」が遍歴する社交界
第七章 「私」とドレフェス事件および第一次大戦
第八章 「私」とユダヤ・同性愛
第九章 サドマゾヒズムから文学創造へ
第一〇章 「私」の文学創造への道

プルーストについての概略をふまえたうえで、その時代背景、社会的背景、風俗的背景、さらには、「私」をめぐる考察に及んでいる。

私が読んで面白かったのは、この作品中に出てくる「私」をめぐるいくつかの論考。『失われた時を求めて』は、単純な小説ではない。作者(プルースト)がいて、小説を書いている。その小説のなかに「私」が登場してくる。この「私」は、いったい何者なのか。何をしているのか。何をしようとしているのか。ある意味では、曖昧模糊としている。ここのところにするどく分析をこころみているあたりが、読みどころかと思って読んだ。

無論、『失われた時を求めて』に出てくる、同性愛や、ユダヤ人の問題、芸術論の問題など、題材とされているいくつかのことがらについての解説は、どれも興味深い。

私が、読んだ印象として思っていることは、『失われた時を求めて』は、単なる心理小説ではない。心理を描写する「私」の視点を、さらにメタな立場から見ている「作者」の目がある。このあたりが、この作品の難解さでもあり、面白さということになるのかとも思う。

また、一九世紀から、二〇世紀初頭にかけての、フランスの風俗的な事情ということも、この作品を、分かりにくくしている要因かもしれない。「ココット」……吉川一義訳では「粋筋の女」であり、高遠弘美の訳では「高級娼婦」であるのだが……これが、いまひとつよくわからない。

同性愛の問題とか、サドマゾヒズムの問題、ユダヤ人のことなど、まさに、現代の社会のかかえる問題につながるところもある。

さて、もう一度『失われた時を求めて』を読みかえしてみようかという気にはなる。岩波文庫版では、すでに吉川一義訳で全巻揃う。(買って持っている)。高遠弘美訳の既刊分は読んだが、これが完結するまで待っていることもできないと感じる。

ちょっと身の周りの本の整理をして、再度、こんどはよりじっくりと、『失われた時を求めて』を読んでみたいと思っている。

2021年7月2日記