『おかえりモネ』あれこれ「風を切って進め」2021-08-15

2021-08-15 當山日出夫(とうやまひでお)

『あかえりモネ』第13週「風を切って進め」
https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_13.html

前回は、
やまもも書斎記 2021年8月8日
『おかえりモネ』あれこれ「あなたのおかげで」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/08/08/9406311

百音はスポーツ気象にかかわることになった。

この週の見どころは、次の二点ぐらだったろうか。

第一には、車椅子マラソン。

選手の鮫島の依頼で、百音の会社は、車椅子マラソンにかかわることになる。鮫島としては、選考会の当日の気象条件にあわせてレース展開を考えている。ここのところの心づもりが、最初のうちは、どうもうまくかみ合っていなかったようだ。

しかし、選考会の日、風が吹いた。用意していたプランBで勝負にのぞむ。結果、鮫島は、目指すタイム内でゴールすることができた。

このあたりの、百音と鮫島とのやりとりが、少々もどかしい感じはするものの、最終的に、お互いの気持ちを理解し合えることができて、よかったことになる。

第二には、菅波とのこと。

やはり菅波には、過去があった。医師になりたての新人のころのことである。治療の方針をめぐって、自分の意見を通してしまったばかりに、ある意味で失敗をおかしてしまう。それが、菅沼には、こころの重荷になっていたようだ。

その話を百音は聞くことになる。そして、やさしく背中をさすってあげる。このあたりに、百音の心情のやさしさが表現されていたかと思う。

以上の二点が、この週のポイントかと思って見ていた。

ところで、お風呂屋さんの宇田川さん。なかなかの達筆である。まだ姿を見せないのだが、ドラマのなかでは、確固たる存在感を感じるようになってきた。

次週、百音の父親が東京に出てくることになるようだ。百音も、テレビ局の仕事で変化があるらしい。楽しみに見ることにしよう。

2021年8月14日記

追記 2021年8月22日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年8月22日
『おかえりモネ』あれこれ「離れられないもの」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/08/22/9413743

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/08/15/9410166/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。