『天国でまた会おう』ピエール・ルメートル/平岡敦(訳)2021-08-21

2021-08-21 當山日出夫(とうやまひでお)

天国でまた会おう

天国でまた会おう

ピエール・ルメートル.平岡敦(訳).『天国でまた会おう』(上・下)(ハヤカワ文庫).早川書房.2015
https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013044/
https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013050/

出たときに買って、積んであった本である。取り出してきて読んでおくことにした。というのは、この続編『炎の色』(上・下)につづいて、『我らが痛みの鏡』(上・下)が、今年になって刊行になったことがある。三部作の完結ということらしい。これは読んでおきたいと思って読んでみることにした。

作者のピエール・ルメートルは、多くの日本の読者がそうであるかと思うが、『その女アレックス』で名前を知った。その作風、あるいは、作家としての実力はわかっているつもりである。

この『天国でまた会おう』を読んで、思うことを記すならば、次の二点ぐらいになるだろうか。

第一には、第一次世界大戦とその後のフランスの物語であること。

日本にいて、日本の小説など読んでいると、第一次世界大戦というとどうもなじみがない。が、西欧においては、世界史的な大事件である。『失われた時を求めて』でも、第一世界大戦のことは大きくあつかわれている。

この小説を読んで、ヨーロッパでは、二〇世紀の初めに、第一次世界大戦があり、フランスはドイツと戦争をしていたのだ……という歴史では知っている知識を、鮮やかにイメージすることになる。

私が、この小説を読んで思ったのは、NHKの「映像の世紀」のいくつかのシーンである。第一次世界大戦は、映像資料が多く残されている、近代になってからの戦争である。そして、それが、欧米の人びと、社会に与えた影響は、計り知れないものがある。

第二には、一級の犯罪小説であること。

『天国でまた会おう』は、いくつかの犯罪をあつかっている。兵士の墓地にかかわることであったり、また、兵士の顕彰記念碑の建立であったり……まさに、戦争ということがあったからこそ、おこりえたかもしれない、犯罪……それも詐欺……の物語である。

ここは、ミステリ作家(といっていいだろう)ピエール・ルメートルならではの、ストーリーの巧みさがある。ミステリ、あるいは、冒険小説として読んでも、十分に堪能できるだけの作品になっている。

以上の二つのことを思ってみる。

この小説、続編として、さらにフランスを舞台にして、歴史大河小説のように続いていくようだ。つづけて楽しみに読むことにしようと思う。

2021年8月18日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/08/21/9413497/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。