『楡家の人びと 第三部』北杜夫2021-10-04

2021-10-04 當山日出夫(とうやまひでお)

楡家の人びと(三)

北杜夫.『楡家の人びと 第三部』(新潮文庫).新潮社.2011(新潮社.1964)
https://www.shinchosha.co.jp/book/113159/

続きである。
やまもも書斎記 2021年9月27日
『楡家の人びと 第二部』北杜夫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/09/27/9427366

第三部まで読んだ。ここでは、主に戦時中(太平洋戦争)が舞台になる。この作品を、数年ぶりに再読してみて思うこととしては、次の二点ぐらいだろうか。

第一には、死である。

以前に『楡家の人びと』を読んだときには、さほど感じなかったのだが、この小説は、「老い」と「死」の小説でもある。たしかに、何人かの登場人物は、作中で亡くなる。また、時の経過とともに年老いていく。そこで、それぞれの「老い」の姿がしみじみと描かれることになる。

また、太平洋戦争の戦争や空襲の場面では、日常的に「死」と隣り合わせにある。

そして、「死」と「老い」の視点から描写される、季節の風物のなんと抒情的なことかと感じることになる。

第二には、時代である。

第一部では大正時代、第二部では昭和の初期、第三部では太平洋戦争と、それぞれの時代が描かれる。この小説を読んで、まさに近代の日本の歴史の流れを描いていると、強く共感するところがある。いや、あるいは逆かもしれない。このような小説があることによって、近代の日本の時代のイメージが、文学的に読者のなかに形成されていくことになるのだろう。

ともあれ、日本の近代ということを考えるうえで、最も重要な位置にある小説の一つであるとはいっていいだろう。

以上の二点ぐらいのことを、思って見る。

が、何よりも、この小説は面白い。これにつきるかもしれない。市井の人びと……といっても、その多くはちょっと変わっているのだが……を登場人物として、大正から昭和戦前までの時代を主な背景として、まさに日本のある時代を描いている。そして、ユーモア、ヒューマニズム、叙情性、これらがないまざって、一つの小説世界を構築している。

もし可能ならば、時間をおいて、さらに読みかえしてみたい作品の一つである。また、北杜夫の作品のいくつかは、いまでも文庫本などで読めるものがある。これらについても、読んでおきたい……多くは若いときに読んでいるので再読ということになるが……年をとってから、どのように感じるか、読みなおしてみたいと思っている。

2021年9月8日記