『愛する人達』川端康成/新潮文庫2022-03-12

2022年3月12日 當山日出夫(とうやまひでお)

愛する人達

川端康成.『愛する人達』(新潮文庫).新潮社.1951(2004.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100104/

川端康成の作品を、新潮文庫で読んでいっている。これは、短篇集である。一九五一(昭和二六)年に文庫本で出ているから、かなり以前の作品集ということになる。解説を書いているのは高見順である。

収録するのは、次の作品。

母の初恋
女の夢
黒子の手紙
夜のさいころ
燕の童女
夫唱婦和
子供一人
ゆくひと
年の暮

読んで感じるところは、川場康成はたくみな短編作家であるということである。どの作品もいい。戦後の川場康成の作品として、女の哀愁とでもいうようなものを感じさせる。

なかで気に入ったのは、「夜のさいころ」。旅芸人の物語である。読むと、「伊豆の踊子」とか「温泉宿」とかを書いた作家の目を感じるところがある。さいころの音が、たくみに描写されている。

この本を読むと、川場康成は、やはり巧みな短編小説作家なのであるということについて、認識を新たにする。

2022年3月6日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/03/12/9471761/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。