『八犬伝』(上)山田風太郎/河出文庫2022-07-08

2022年7月8日 當山日出夫

八犬伝(上)


山田風太郎.『八犬伝-山田風太郎傑作選 江戸編ー』(上)(河出文庫).河出書房新社.2021
https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309417943/

去年は、山田風太郎の明治小説を読んだ。『警視庁草紙』からはじまって、一連の作品で、筑摩書房から刊行になったもの全部を読んだことになる。ほとんどの作品は、再読、再々読になる。また、『戦中派不戦日記』も読んだ。これも、再読になる。山田風太郎を読んだのは、主に若いときのことであった。機会を作って読みなおしてみたいと思っていたのが、『八犬伝』である。これも、若いときに読んでいる。文庫本で読んだのを憶えているので、たぶん朝日文庫であったのかと思う。

『八犬伝』は、河出文庫版に記載の書誌によると、一九八三年に朝日新聞に連載された。そのころ、私は、朝日新聞をとっていたはずだが、連載小説としてこの作品を読んだという記憶がない。(まあ、新聞連載小説を毎日読むということ自体が、ほとんどないといってしまえば、それまでであるが。)

久しぶりに読みかえして思うことはいくつかある。二つばかり書いてみる。

第一に、大衆小説史について。

山田風太郎の明治小説でもそうなのだが、時々、作者(山田風太郎)が作品中で顔を出すことがある。この『八犬伝』も、時々、作者の一言がある。そのなかで興味深かったこととして、例えば、天守閣での決闘シーン……これは、馬琴の『南総里見八犬伝』にはじまるとある。言われてみれば、そうかなと思う。

今でも、時代劇などで、天守閣での決闘シーンなどは、普通にあることだろう。では、このような設定を誰が考え出したのか、ということまでは、思っていなかった。ここは、山田風太郎の指摘があって、なるほどそうなのか、と思った次第である。

山田風太郎の作品の文学的価値ということもあるが、その一方で、山田風太郎は大衆小説家である。その作品の多くは、エンタテインメントとして書かれた。このことに、山田風太郎は自覚的である。自分の作品が、大衆小説の歴史のなかでどのように位置づけられるものなのか、はっきりと自覚して書いていたと思う。

第二、馬琴。

近現代の小説で、馬琴が登場する作品というと、『戯作三昧』(芥川龍之介)が思い浮かぶ。また、『手鎖心中』(井上ひさし)も思い出される。

馬琴という存在、その生き方それ自体が、小説的であり、また、小説に描きたくなるようなところがあるのだろう。近世において、「作者」として生計をたてた人物ということでもあり、虚構の世界を構築したということでもある。

私は、近世文学史にはうといので、馬琴の事跡について、そう知っているということではない。だが、近代になってからの小説家が、小説という架空の物語を書いて、それで生計をいとなむというときに、先駆者の一人として思い出されるのが馬琴であろうことは、理解できる。そして、馬琴に託して、自分の創作に対する思いを述べることもできる。

以上の二点のことを思ってみる。

文庫本で上下二巻。虚の部分として「八犬伝」の現代風リライト、実の部分として江戸での馬琴の作者としての生活、これが交互に語られる。二つの部分が総合されて、全体として一つの伝奇小説になっている。このあたりの趣向は、さすが山田風太郎の作品であると感じるところがある。

続けて下巻を読むことにしたい。

2022年6月8日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/07/08/9507040/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。