『街道をゆく 郡上・白川街道、堺・紀州街道 ほか』司馬遼太郎/朝日文庫2023-08-08

2023年8月8日 當山日出夫

郡上・白川街道

司馬遼太郎.『街道をゆく 郡上・白川街道、堺・紀州街道 ほか』(朝日文庫).朝日新聞出版.2008

もとは、一九七二年から七三年、「週刊朝日」連載。

「街道をゆく」を読んでいる。始めは気の向いたところから読んでいたのだが、このごろは、最初の方から順番に読んでいこうかという気になっている。シリーズの四冊目になる。

収録するのは、

洛北街道
郡上・白川街道と越中街道
丹波篠山街道
堺・紀州街道
北国街道とその脇街道

一九七二年というと、高校生のころになる。高度経済成長、さらには、日本列島改造論の時代、戦後、日本の社会が大きく変わろうとしていたころとして、思い出される。どれも、紀行文として読んで面白い。

司馬遼太郎は、「観光」ということを忌避している。歴史上の著名な土地をめぐることはあっても、観光地としてではない。また、旅の予定を立てるときでも、新聞社のつてをたどって旅程を決めるということは、基本的にしていない。そこに行ってみたいと、地図を広げて考える、そんな旅である。

著者が旅先で感じとろうとしているのは、戦後になって大きく変わろうとしている、あるいは、変わってしまった日本の、古い光景と情趣と言っていいだろうか。そこに、司馬遼太郎ならではの、歴史講釈がふんだんに展開されることになる。

ただ、その歴史についての知識、歴史観というものも、今となってはちょっと古めかしい印象がある。このあたり、歴史学を専門にしている人が読めば、かなり不満に思うところがかなりあるかと思う。

しかし、紀行文としてはどれもいい。この本で、特に印象に残るのは、北国街道のあたり。街の蕎麦屋のシーンがいい。また、白川郷が現代のように観光地として整備される以前の様子をつづった文章もいい。どれも今となっては、貴重な歴史的な意味のある文学であると言えるだろう。

2023年7月11日記

”寄贈天外”ミュージアム2023-08-08

2023年8月8日 當山日出夫

レギュラー番組への道 ”寄贈天外”ミュージアム

録画しておいたものである。どんな番組かと思って見ることになった。

世の中には、いろんな寄贈品があるものである。大きく扱っていたのは、岡山のガンダムと、福岡の救急車。どちらも興味深かった。

ガンダムを作った人は、どうやって生計をたてていたのだろうかというあたりが気になるところではある。しかし、そこには深入りしないのもまた方針だと思う。だが、このガンダムを作る情熱はいったいどこからわいてくるのだろうか。

福岡の救急車のことはいい話しである。このような事例がもっと増えればいいと思う。おそらく、死んで遺産の使い道をどうしようか、ひょっとすると国庫に行くことになるかもしれない、というようなことなら、極めて有意義な使い方だと思う。

こういう仕事を手助けするようなNPOがあってもいいのかもしれない。あるいは、もうすでにあるのかもしれないが。この番組をきっかけに、このような取り組みが広がっていくといいと思う。

寄贈品に、その人の思いを探っていくという発想は面白い。この番組の続きがあるのなら、見てみたいと思う。

2023年8月7日記

サイエンスZERO「潜入!科学警察研究所“科学捜査”で事件を解決せよ」2023-08-09

2023年8月9日 當山日出夫

サイエンスZERO 潜入!科学警察研究所“科学捜査”で事件を解決せよ

たまたま気づいたので録画しておいて見た。これは面白かった。

科学捜査ということは、よく目にすることではあるが、実際にどのようなことがどのように行われているのかは、知らないでいる。

指紋の鑑定技術など、こういうことも分かるのかと思う。ガラスの屈折率は、理屈のうえでは分かることなのだが、実際にどのようにして判断しているのか、とても興味深かった。

監視カメラ画像による人物の特定、これは、問題がある技術かもしれない。現代では世界中で、監視カメラによる監視社会になってきている。もうすでに、顔の特徴だけではなく、その全身の姿、動作、歩き方というものから、細かく人物特定は可能なのかとも思う。ただ、番組ではそこまでのことは語ってはいなかった。

技術というのは、それをどう使うか、かなり政治的な側面をふくんでいる。科学捜査の技術は、あくまでも政治からは中立で、人びとの生活のために役立つものであってほしいと思う。

2023年8月7日記

100分de名著「司馬遼太郎“覇王の家” (1)「三河かたぎ」が生んだ能力」2023-08-09

2023年8月9日 當山日出夫

100分de名著 司馬遼太郎“覇王の家” (1)「三河かたぎ」が生んだ能力

この100分de名著でこれまで司馬遼太郎を取りあげてきていないというのも、改めて驚きと言っていいだろうか。が、その作品のなかから何を選ぶかとなると難しいだろう。この意味では、今年、大河ドラマで『どうする家康』をやっているにあわせて『覇王の家』を持って来るというのは、いいアイデアだと思う。

私は、『覇王の家』は読んでいない。司馬遼太郎の主な歴史小説は読んだつもりでいるが、これは未読である。『坂の上の雲』『翔ぶが如く』は二回読んだ。司馬遼太郎の作品は、新聞連載が多い。そのため、細切れに読んでもなんとかついていける。若いときは、出かけて電車の中で読む本と決めて司馬遼太郎を呼んでいた。『坂の上の雲』もほとんど電車の中で読んだと憶えている。

人間史観という。言われてみればなるほどそうである。司馬遼太郎に限らずであるが、歴史小説は、あくまでも人間を描くものだと思っている。この観点からするならば、唯物史観とは相容れない。そして、司馬遼太郎が歴史小説家として活躍していたころは、まさに歴史学において、唯物史観が全盛期であったともいえようか。

それについていけない、あるいは、不満を持つような多くの読者にとって、司馬遼太郎は、歓迎される作家であったことになる。また、その歴史小説のなかでなされる、文明論的な講釈が、また人を引きつけることになった。(現代では、むしろ、その余計な部分がある意味では煩わしいと感じるところもあるかもしれない。)

この回で語られていたことのキーワードとしては、三河ということと、中世的情念、ということになるだろうか。えてして司馬遼太郎は、登場人物を類型化してあつかう。この類型化の小説作法になじむ読者にとっては、非常に面白く読めるということでもある。

歴史を語ることと、文学を語ることのあいだに、歴史小説を読む楽しみがあるというべきだろうか。

2023年8月8日記

「いのち眠る海 〜最新調査で明かす太平洋戦争〜」2023-08-10

2023年8月9日 當山日出夫

NHKスペシャル いのち眠る海 〜最新調査で明かす太平洋戦争〜

見ていて思うところはいろいろとある。

あまり本筋とは関係ないことなのだが、マリアナ沖、トラック諸島、これらの戦闘の記録が、カラーフィルムで残っていることである。アメリカ軍が撮影したものなのだろう。こういう記録フィルムを見ると、勝てる戦いではなかったことが実感される。

最新のデジタル技術で、海に沈んだ戦闘機や船舶の姿を復元してみせること、これ自身が、技術の可能性の問題として興味深い。

ただ、そうまでして遺骨収集というのはやらなければならないことなのだろうか、という思いもある。ある種の考え方かもしれないが、このまま海のなかで自然に分解していくにまかせるという考え方もあっていいだろう。

だが、観光のためにダイビングして写真を撮ってSNSにあげて楽しむというのは、はっきり言って品位に欠ける行為であるとは思う。まずは、政府が、このような行為に対しては、きちんと対応すべきなのであろう。

ナレーションは、伊藤沙莉。おさえた語りが非常によかった。

2023年8月8日記

「原子爆弾・秘録 〜謎の商人とウラン争奪戦〜」2023-08-10

2023年8月10日 當山日出夫

NHKスペシャル 原子爆弾・秘録 〜謎の商人とウラン争奪戦〜

これまでマンハッタン計画については、さまざまに報じられてきている。だが、その原料となるウランの調達にどのような背景があったのかは、知らないでいた。この意味で、貴重なテーマであったと思う。

興味深いのは、ウラン鉱脈が発見されたとき、その時代においては、まだ価値が認識されていなかったことである。その価値に気づいたのは、アメリカ、イギリスであった。

少なくとも、番組を見る限りでは、ごく普通のビジネスと思える。ただ、そのあつかった商品が、世界にどのような影響を及ぼすことになるか、予見はできなかったろう。また、今の時代の価値観から、それを断罪することもどうかと思う。その時代の流れのなかにあって、たまたまウラン鉱山のビジネスにたずさわったという経緯があったことになる。これは、事実として認識しておくべきことである。

ところで、今の世界でウランというのは、どのように調達されているのであろうか。このあたりのことが気になる。

そして重要なことは、記録を残すことである。ウランの取引の記録がアーカイブされて残っていることは、重要である。なかには、当時の機密文書もある。記録を残し保存しておくこと、このことの重要性をあらためて考えることにもなった。

2023年8月9日記

ザ・バックヤード「京都国際マンガミュージアム」2023-08-11

2023年8月11日 當山日出夫

ザ・バックヤード 京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムには、一回だが行ったことがある。学会のときだったので、その収蔵庫の一端も見た。

捨てられるものをどうやって集めていくか、これが一番難しいところである。

気になったことを書いておくと、貸本漫画をコレクションするのはたしかに意義のあることである。だが、この時代の出版文化を考えるならば、他に貸本小説などもあったはずである。そもそも貸本屋というのが、どういう存在であったのか、日本の出版文化史のなかにきちんと位置づけることが急務であろう。マンガに限らず、サブカルチャーの底流にあった、貸本屋のことについて、研究が勧められるべきだろうと思う。

個人的には、まだ私の年代(一九五五年生まれ)だと、かろうじて貸本屋というのが記憶のうちにある。

貸本漫画に限らず、赤本など、捨てられてしまうものをコレクションしていくことの重要性は、どんなに強調してもいいだろう。

またこれからのことを考えるならば、コミケ同人誌などは、どうなっているのだろうかと思う。さらには、オンライン上のマンガもどうやって集めて保存していくかが課題となるだろう。(あるいは、役割分担としては、これは明治大学の方が担うことになるのだろうか。)

2023年8月10日記

歴史探偵「消えた原爆ニュース」2023-08-11

2023年8月11日 當山日出夫

歴史探偵 消えた原爆ニュース

見ていて思うところは多くある。

まずは、GHQの占領政策、特にそのなかでも言論統制、検閲ということについてである。これは一般的には知られていることだと思うが、実際にどのように行われていたのか、その実態はあまり広く知られているとはいいがたい。この当時、普通の郵便物などでもGHQによる検閲がおこなわれていた。このあたりのことは、川端康成の小説にも出てきたのを憶えている。

それから、原爆の実態を報じようと思っても、被爆者自身が語りたがらなかったということも、歴史的には重要なことである。番組のなかでも一言だけ言及があった、被爆者に対する差別というのもあった。これらをふくめて、原爆がどのように語られてきたのか、検証の必要があるだろう。

ちょっと気になったのは、京都大学の文書館。原爆展の資料が残っているのはいいとしても、段ボール箱にはいっていた。これは、しかるべく処置して中性紙の紙の箱に保存すべきものだろう。大学の研究環境も厳しいこともわかるが、資料を後世に残すことも大学の役割の一つだろう。なんとなならないものかと思う。

2023年8月10日記

「発見 昭和天皇御進講メモ〜戦時下 知られざる外交戦〜」2023-08-12

2023年8月12日 當山日出夫

NHKスペシャル 発見 昭和天皇御進講メモ〜戦時下 知られざる外交戦〜

松田道一という人物のことは、この番組で知った。

思うことを書いてみるならば、次の二点になるだろうか。

第一には、インテリジェンスで負けた戦争であったということ。戦争は外交である。インテリジェンスが何よりも重要になる。その当時の国際情勢の判断を見誤ったといわざるをえない。

ドイツが勝つだろうという希望的観測。中立国を介しての和平交渉への望み。これらは、ことごとく失敗していたことになる。

第二には、だが、もし昭和天皇のもとに正確な情報が届けられていたら、と考えることもできる。その場合、太平洋戦争は起こらなかっただろうか。あるいは、もっと早くに戦争を終結へとみちびくことも可能だったろうか。

この場合、天皇がどこまで国策に関与できるものなのか、制度的な面において問題があるかもしれない。独裁的権力があっての戦争回避というのは、現実的なものの考え方ではないだろう。昭和天皇自身がどう考えているかは重要であるが、それがどのようにして政策に反映されるべきかは、また別の問題である。

以上の二つのことを思ってみる。

今回の史料の発見によって、昭和天皇が、その当時どのような国際情勢についての認識を持っていたか、そのかなりの部分があきらかになることだろう。

この史料は、今後、どのように保存され、あるいは、研究に利用されることになるだろうか。

2023年8月11日記

『らんまん』あれこれ「ヤッコソウ」2023-08-13

2023年8月13日 當山日出夫

『らんまん』第19週「ヤッコソウ」

田邊教授のもとを離れざるをえなくなった万太郎は、土佐に行って植物採集の旅行をする。そこで、新種のヤッコソウを発見することになる。

峰屋をたたんだ綾と竹雄が東京にやってくる。そして、峰屋がつぶれたことを報告する。つまりは、万太郎は、これから峰屋に金銭的に頼ることができなくなる、ということである。(史実としては、牧野富太郎は、多額の借金をかかえることになるのだが。)

ところで、この週を見ていて思うこととしては、田邊教授の描き方がある。帝国大学の教授としての田邊と、万太郎では、生きる世界がちがっている。これはいいとして、田邊が、そこまで万太郎を敵視する理由はいったい何なのだろうか。このあたりが、今一つ、理解できないでいる。

私の感覚としては、田邊は悪い人とは思えない。

ただ単なる学者同士のライバル心、あるいは、嫉妬とでもしてしまえばいいというものではないように思えるのだが、どうだろうか。これからのこのドラマにおいては、田邊をどのような人物として描くかが重要になってくる。

次週、万太郎と田邊との関係がどうなるのか。楽しみに見ることにしよう。

2023年8月12日記