『虎に翼』「女賢しくて牛売り損なう?」2024-04-07

2024年4月7日 當山日出夫

『虎に翼』第1週「女賢しくて牛売り損なう?」

「頭のいい女が確実に幸せになるためには、頭の悪い女のふりをするしかないの。」

歴代の朝ドラでいろいろと名台詞があったと思うが、そのなかでこの母のことばは残るものになるにちがいない。

これまで朝ドラでは、いろんな女性を描いてきた。時代のなかで突出した生き方をするような女性もあった。また、その一方で、普通に生活して結婚してという生き方を選ぶ女性も描いてきた。

たまたま、同時に再放送がはじまった『ちゅらさん』などは、ごく普通に生きようとした女性であるといえよう。(この朝ドラは、以前の再放送のときほとんどを見ている。脚本は岡田惠和。『おひさま』も『ひよっこ』もごく普通に生きようとした女性の物語であった。)

前作の『ブギウギ』は、時代の流れのなかで自分の生きたいように生き、才能を開花させた女性の物語であった。

その前の『らんまん』とか、以前の『ゲゲゲの女房』とかは、内助の功の物語といっていいだろう。

『虎に翼』は、法曹の世界で、ガラスの天井を打ち破った女性……ということになるのだが、特に女性の権利を主張するということではないらしい。自分の思ったこと、言いたいことを言える場所を探すと、たまたま法曹の世界がそこにあった、ということのようである。こういうタイプの女性像というのは、朝ドラの歴史のなかでは珍しいと思うが、どうだろうか。

このドラマのいいところだと思うのは、寅子(さすがのATOKでも、「ともこ」からは変換してくれなかった)の生き方、価値観を、その時代に生きたその他の人物と併行して描いていることだと思う。すでに指摘されていることだが、このドラマのちょっとした場面にそれを感じる。女学校の近くの橋の上を行き交う人びと、神田の路上で風呂敷包みを抱えてたたずむ少女。おだんご屋さんのお客さんたち。それから、女学校の先生。それぞれに、生きることの苦労をかかえていることを感じさせる。その多くの人びとのなかで、このドラマとして、寅子にスポットをあてている。だが、その背景には、同時代を生きた多くの人びとのいろんな生き方があった、ということを感じさせる。

通常は、通行人などは主人公が際立つように目立たない存在として映すのだが、このドラマの演出は違っている。

同級生の親友の花江は、女学校在学中に結婚することを実現する。このような生き方もあった時代である。(女学校の場面で、女学校の生徒が窓からバケツの水を捨ててはいけないと思うけれど。)

画面の作り方が丁寧だと感じる。さりげないシーンだったのだが、母のはるが昔を回想するシーン。丸亀の旅館のなかの一場面が映っていた。本を読む少女の姿があったが、それが母の若いときの姿だったのかもしれない。女学校に行きたかったが、行かせてもらえなかったと、母は語っていた。このようなところは、語りだけで済ませることもできるが、数秒の映像をいれることによって、ぐっと説得力が増す。

女学校の先生もどんな人生を歩んできたのだろうかと、想像することになる。たぶん、東京女子高等師範学校の附属の高等女学校だと思うのだが、そこの教師をしているということは、その当時にあっては、ハイレベルの教育を受けた女性の一人と言っていい。そのような経歴があって、自分の教え子が、法律を学ぶために進学したいと言い出したときに、ちょっと待ちなさいと言うことになる。素直に進学を勧めることをためらわせるものがあったにちがいない。

寅子は、神田駿河台の大学に進学することになる。モデルは明治大学である。神田界隈が学校の街であった経緯については、鹿島茂の『神田神保町書肆街考』に詳しい。

時代設定は、昭和六年。満州事変の年なのだが、このドラマでは世相にかんすることは出てきていなかった。これから、時代背景をどのように描くことになるかも楽しみである。

ところで、週の最後のところで、桂場はお団子を食べることができたのだろうか。これがちょっと気になるところであった。

尾野真千子の語りがとてもいい。

次週、いよいよ法律の勉強ということになるらしい。楽しみに見ることにしよう。

2024年4月6日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2024/04/07/9673847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。