『光る君へ』「忘れえぬ人」2024-06-17

2024年6月17日 當山日出夫

『光る君へ』「忘れえぬ人」

この当時の日本と宋との間の交易については、歴史学において研究の進んでいる分野だろうから、おそらくはそれをふまえて作ってあるのだろう。宋の国は、日本を対等の国として貿易しようというのではなく、朝貢を求めている、というあたりが常識的なところかと思う。まあ、このような態度は、現在の中国にいたるまで同じであると言うことができるかと思うが。

番組では具体的に何を商品として取引しようとしているのか、ほとんど出てきていなかった。このあたり、もうちょっと具体的に描いてあるとドラマとしての説得力が増すと感じる。唐物としていったいどのようなものが日本に入ってきていたのか、また、それは一般庶民の生活とかかわるものであったのかどうか。(さらには民衆レベルでの東アジアの交易はどのようであったか、ということも問題になるかもしれない。)

一条天皇は、実際にはどれほどの権力があったのだろうか。

外交で問題が起こったとき、とりあえず時をかせぐというのは、今も昔も変わらないといえようか。

まひろに対して、宣孝は言っていた。自分の思う自分だけが自分ではない、と。このところは、おそらく将来まひろが紫式部として『源氏物語』を書くことになる伏線と受け取っていいのかもしれない。まひろは幼いころから嘘つきであった。作り話をするのが好きであった。その自分が、物語の創作ということに興味を持つようになるのは、どのような経緯があってのことなのか、それが『光る君へ』の一つのテーマであるにちがいない。

それにしても一条天皇は定子のことが忘れられない。二人の逢瀬のシーンは美しく描いてあった。「職御曹司」ということばは、昔、『枕草子』を読んでいて憶えた。

このドラマ、脇役であるが、安倍晴明と藤原実資が登場すると面白い。

2024年6月16日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2024/06/17/9693665/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。