京都国立近代美術館「ユージン・スミス」2018-07-06

2018-07-06 當山日出夫(とうやまひでお)

京都国立近代美術館でやっている「横山大観展」を見てきたのは、先週のことである。このとき、四階では、コレクション・ギャラリーの展示があった。その中に、ユージン・スミスの写真も展示されていた。

平成30年度 第2回コレクション展
http://www.momak.go.jp/Japanese/collectionGalleryArchive/2018/collectionGallery2018No02.html

ユージン・スミスの名前は知っている。日本で有名になっているのは、水俣の取材写真においてであるかもしれない。このユージン・スミスの作品を、京都国立近代美術館では、かなり収集しているとのことである。

今回、展示されていたのは、そのコレクションから、『ライフ』などで活躍していた時代の作品をあつめたもの。「カントリー・ドクター」「スペインの村」などの写真群が展示されていた。

見て感じたことを書いておけば次の二点になるだろうか。

第一に、その絵画的作風とでもいうべきものである。

明暗の対比、構図のとりかた、いかにも絵画的である。極端なたとえになるかもしれないが、レンブラントなどを彷彿とさせる、光の描写が印象的である。これは、モノクロ写真ならではの効果といえるかもしれない。また、構図の視点から見ても、これも、いかにも絵画的という印象をうけるものが多くあった。

第二に、にもかかわらず、写真としてのリアリズムである。

『ライフ』などで活躍した写真家として、写真のリアリズムから離れることがない。いや、リアリズムを追求するなかに、上述の絵画的な作風が枠組みとしてある、というべきだろうか。

以上の二点が、ユージン・スミスの作品を見ながら感じていたことであった。

絵画的な構図とか、リアリズムとか、現代の写真が、むしろ、忘れてしまったことかもしれない。写真が芸術であるとして、その原点がどこにあるかを強く印象づける作品群であった。横山大観を見た後であったので、より強くこのことが印象に残っているということなのかもしれない。

京都国立近代美術館「横山大観展」を見てきた2018-06-29

2018-06-29 當山日出夫(とうやまひでお)

横山大観展

京都国立近代美術館で開催の「横山大観展」に行ってきた。

梅雨というのに暑い日だった。地下鉄の東山から美術館まで歩くだけで、汗みずくになってしまった。眼鏡に汗がついてしまった。午前中に行ったのだが、かなりの人であった。このごろ、どの展覧会に行っても、人が多い。これはこれで、美術館の運営上しかたないことなのかもしれない。が、横山大観は、ゆっくりと見たい気がする。

横山大観は日本画家である。そのなかで、新しい技法、テーマを追求していった様子が、年代順に展示されていた。見ていって感じたことは、確かに、大観は、新たな画題を追求していったと思うのだが、それを見て、我々のものを見る感覚が影響されて変わってくる、という気はあまりしなかった。むしろ、伝統的な、画題、見方、描き方を尊重していたように感じたのであった。(そのなかにあっても、斬新な工夫を見ることはできるのだが。)

まったく個人的な思いを記せば、ある絵画が、ものを見る感覚、風景の見方を変える……このことについて、私が、一番つよく感じているのは、岸田劉生の作品においてである。その代表作の一つ、「道路と土手と塀(切通之写生)」である。これは、WEBで見ることができるようになっている。

東京国立近代美術館
岸田劉生 道路と土手と塀(切通之写生)
http://kanshokyoiku.jp/keymap/momat03.html

そうはいいながら、やはり横山大観の畢生の作である「生々流転」には、感動を覚える。長大な巻物のなかに、風景が流れていく。それを見ていくと、自分が、その流れる風景の中に溶け込んでいくような感じなる。

「生々流転」は、たしか東京国立近代美術館に展示されていたのを、若いとき……東京に住んでいたとき……何度か、眼にしたかと覚えている。この作品をみて、横に長い、巻子本という形式を採用することによって、季節と自然の流れを表現することができていると感じる。ここには、独自の自然観とでもいうべきものがある。このような自然の見方があったのか、表現の方法があったのかと、気づかせてくれる。

美術、芸術とは、それまで目にしてきたこと、体験してきたことを、新たな視点、感覚で、再発見をうながすものであると思う。無論、その作品によってはじめて体験する感動というものもある。その一方で、これまで目にしてきた風景や自然について、新たな面目を提示してくれる、新たな目で「風景」を見る自分を再発見させてくれるものでもあろう。芸術による風景の発見といってもよいだろうか。この意味で、特に「生々流転」は、近代日本において、一つの「風景」を示してくれている作品であると思う。

総合して考えることは、やはり横山大観という画家は、日本の近代を生きたということが実感できる展覧会であった。

東京国立博物館「帝室博物館総長森鷗外の筆跡」を見てきた2018-06-23

2018-06-23 當山日出夫(とうやまひでお)

2018年6月9日の語彙・辞書研究会の次の日、帰るまえに寄ってきたのが、東京国立博物館である。ちょうど、「帝室博物館総長森鷗外の筆跡」の展示をやっているので、それを見てきた。

一室だけのこぢんまりとした展示である。また、展示されているものも、博物館の業務上の記録書類のようなもので派手さはない。きわめて地味な印象の展示である。だが、博物館の歴史、また、そこにいた森鴎外という人物のことを考えるには、きわめて興味深い展示であった。

東京国立博物館
就任100年 帝室博物館総長森鷗外の筆跡
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1916

面白いと思ったのは、鴎外の花押である。閲覧した書類、書跡などに、鴎外は花押を記している。いや、逆に、花押のある書類などを探してきて、展示してあったというべきだろうか。見ていくと、鴎外は、博物館の収蔵品のあり方について、いろいろ思いをめぐらしていたことが見てとれる。

そして、この帝室博物館の時代は、晩年の鴎外の、いわゆる史伝ものが書かれた時代でもある。鴎外の史伝……その代表作は『渋江抽斎』『伊沢蘭軒』『北条霞亭』などであろうが……が、どのような生活、仕事を背景として生まれたのか、このような観点から見ると、非常に興味深いものがあった。

鴎外の史伝などは、本は持っている。読んだのもある。「全集」「選集」もそろえてある(岩波版)。これからは、おちついてじっくりと史伝を読んで時間をすごしたいものである。

東京から帰って、『渋江抽斎』(岩波文庫版)を読みかえしたみた。『伊沢蘭軒』『北条霞亭』など、読んでおきたい。

「釈宗演と近代日本」を見てきた2018-06-21

2018-06-21 當山日出夫(とうやまひでお)

先日、東京に行ったのは、語彙・辞書研究会(53回、2018年6月9日)で発表するためである。そのついでというわけではないが、発表なので前日から行って、慶應義塾大学で今やっている「釈宗演と近代日本」の展示を見てきた。

釈宗演と近代日本-若き禅僧、世界を駆ける-
http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/shaku2018/
https://www.keio.ac.jp/ja/news/2018/6/18/27-44913/index.html

釈宗演という名前は知っていた。漱石関係のものを読めば名前が出てくる。特に、『門』で描かれた鎌倉での参禅の様子など、自身の体験をもとにしたことであるらしい。その時に、漱石研究として名前の出てくるのが、釈宗演である。

その釈宗演は、安政6年(1859)、福井に生まれた。三井寺で倶舎論を学び、その後、円覚寺で、洪川宗温に参禅。印可をうける。明治18年(1886)、慶應義塾に入学(無論、この当時は、福澤諭吉の時代である)。その後、セイロンに行く。円覚寺の管長に就任。明治26年(1893)、アメリカのシカゴ万博にあわせて開催された万国宗教者会議に日本代表として参加。

世界に、「禅」(ZEN)をはじめて紹介した人物ということになる。

展覧会は、その生いたち、修行の時期のことから、慶應義塾在学の時の資料、また、その後の、世界での活躍の様子など、様々な方面にわたる資料の展示であった。

私もとおりいっぺんの知識は持っていたが、展覧会を見て、これほどまでに多彩な活動をしたのかと、認識を新たにした。

見て思ったことのいささかでも書いておくならば……日本近代の宗教、なかんずく仏教の近代化とは何であったのか、そこのところが今ひとつ分からなかったというのが正直なところ。それは、釈宗演の次の世代の仕事ということになるのであろうか。たとえば、禅であれば、鈴木大拙など。

また、今回の展覧会で大きく扱われていたことに、日露戦争での従軍がある。従軍布教師として、大陸にわたっている。このことを、現代の価値観から批判することはたやすいかもしれない。が、それよりも、慶應義塾で学び、その当時の世界を見ていた釈宗演にとって、日露戦争は近代の日本において、避けてとおることのできな大きな出来事であったことを理解しておくべきだろう。

どうでもいいことかもしれないが、参禅者の名簿があって、夏目漱石の名前があった。それには、北海道平民と書いてあったのに眼がとまった。漱石は、本籍を北海道に移していたのであった。

個人的な思いを書けば、慶應義塾の出身者の中に、釈宗演という人物がいたことは、もっと知られていいことだと思うし、また、仏教、禅の近代ということについても、さらに研究が進むことを願っている。

なお、カタログを売っている方の会場には、僧侶の方がいた。話しをちょっと聞いてみると、円覚寺から派遣されてきているとのことだった。

奈良国立博物館『春日大社のすべて』に行ってきた2018-05-19

2018-05-19 當山日出夫(とうやまひでお)

春日大社のすべて

ちょっとついでもあったので、奈良国立博物館に行ってきた。『春日大社のすべて』の展示を見るためである。創建1250年記念特別展、である。

春日大社の博物館での展示といえば、すこし前に、東京国立博物館でもあった。これも、たまたま東京に行く用事のあった時だったので、行ってきた。その時のことを思い出してみるのだが、それぞれに特徴のある展覧会になっていると思う。

言うまでもないことかもしれないが、奈良国立博物館は、春日大社のすぐ近くにある。今回の展示でも、春日大社の宝物のいくつかが展示されていた。ただ、私は、文字が書いてあるもの……典籍、古文書などになるが……にしか、基本的に興味がない。というよりも、見て分からない。

そうはいっても、今回の奈良国立博物館で興味深かった点をあげると、次の三点ぐらいだろうか。

第一に、春日大社それ自身で持っている、伝来してきている宝物の多いことである。これと比べてみるのは、伊勢神宮なのだが、伊勢神宮に行っても、古代・中世から伝来してきているという宝物を見ることは、ほとんど無いようだ。これは、持っていても見せないだけのことなのか、あるいは、そんなに数多くのものが伝来してきていないのか、どうなのだろう。

かなり以前に、神宮徴古館に行ったことはあるのだが、はて、どうだったであろうか。近年では、せんぐう館にも行った。こちらは、宝物というよりも、式年遷宮にまつわる品々の展示である。

第二に、今の春日大社の地に神社が造営される以前、その土地において行われていた祭祀の遺跡・遺物などの展示があったこと。これは、面白いと思った。春日大社は、今年で、創建1250年になる。が、その創建の前から、何かしら霊的な土地として、人びとの信仰の場所であったのであろう。

第三に、やはり中世以降の神仏習合にまつわる文化財の数々。春日大社の信仰も、興福寺をふくめて、仏教とのかかわりを考えることになる。いや、神仏習合の状態だったからこそ、多くの宝物が伝来してきており、現代にいたるまで信仰の流れがある、と見るべきなのであろう。

以上の三点が、展示を見て感じたことなどである。

総合して感じるところは、以前に見た東京国立博物館での展覧会の時よりも、今回の奈良国立博物館の展覧会の方が、規模こそ小さいかもしれないが、古代から中世にかけての春日大社の信仰のひろがり、淵源、とでもいうべきものを、よく示していたのではないだろうか。

なお、展示品の中で特に興味深かったのは、弓。『伊勢物語』に出てくる歌。「梓弓 ま弓つき弓 年を経て わがせしがごと うるはしみせよ」。この歌に歌われている「あづさ弓」「つき弓」の実物があった。この歌について、というよりも、この歌をふくむ『伊勢物語』第二十四段については、毎年の日本語史の講義で触れることにしている。文字社会の成立という話題のときに、この段について話す。(何故、女性は最後に歌を血で書き付けて死んだのだろうか。)

「至宝をうつす」京都文化博物館2017-12-28

2017-12-28 當山日出夫(とうやまひでお)

ようやく冬休みで一息つけるかという感じになってきたので、半日、京都まで行ってきた。京都文化博物館の「至宝をうつす」の展覧会を見るためである。

コロタイプ、それもカラーのコロタイプ印刷・複製という技術をもっているのは、今世界で、京都の便利堂だけになってしまっているとのこと。その便利堂の技術とはどんなものか、それによって文化財、特に古典籍・古文書・絵画などの複製の作成は、どのような意義があるのか、という展覧会であった。

今では消失してしまった文化財、それが、写真がとってあって、カラーで複製をつくることができる。この事例として展示してあったのは、法隆寺の壁画、それから、高松塚古墳。これらのもとの姿を見ようとおもうと、今では、カラー複製にたよることになる。

展覧会を見ての印象としては、学術的な利用などで読むための資料としては、冊子体の複製本の方が便利である。だが、現物がどんなであるか、それを感じ取ろうと思うならば、不便ではあるが、巻子本の複製の存在意義がある。また、上述の法隆寺の壁画、高松塚古墳などは、その実際の絵画の大きさというものも、重要な要素である。

法隆寺の壁画は、思いのほかに大きいという印象。逆に、高松塚古墳は、小さいと感じた。このようなことを直に感じるためには、実物大のカラー複製の存在意義というものがある。

そして、このような複製の基本になっているのが、文化財の写真撮影。法隆寺の壁画のガラス乾板は、重文指定になっている。だが、高松塚古墳を写したカラーフィルムは、文化財指定になっていないようだ。これは、今後、文化財としてしかるべく保存する必要があるのではないかと思われる。

ところで、コロタイプ印刷の複製は、私が学生のころからよく勉強に利用したものである。だが、そのとき、先生からの注意事項として、コロタイプは、その印刷の版をつくるときに人為的に手を加えることがあるので、あまり信用してはいけない、ということを教わっている。

ともあれ、今回の展覧会のカラーコロタイプ、それから、今の主流である高精細のオフセット印刷、さらには、デジタルでのアーカイブ、これら、各種の技術をつかって、文化財の研究、保存、教育ということがなされていくことになる。おそらく、これからの時代、高精細のデジタル撮影、あるいは、スキャンということが、技術の核になっていくことだろうと予想している。

ただ、コロタイプだけに限って考えるのではなくて、これから使えるようになるであろう各種のデジタル技術によって、文化財の研究や教育がどのようになっていくか、総合的に考えることがもとめられるだろう。この観点からは、コロタイプは、限りなく、実物に近いところにある技術である。これから、この技術と、最新のデジタル技術の組み合わせによる、文化財の研究・教育が課題であると思った次第である。

京都大学総合博物館「日本の表装-紙と絹の文化を支える-」2017-01-25

2017-01-25 當山日出夫

京都大学総合博物館 平成28年度特別展 日本の表装-紙と絹の文化を支える
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0060.html

後期の授業が一段落したところで、京都に行ってきた。「日本の表装」の京都大学総合博物館の展示、それから、京都文化博物館の展示「日本の表装-掛軸の歴史と装い-」の後半の展示を見るためである。

京都文化博物館
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_shibun_post/soukou2016/

この前半の展示については、
やまもも書斎記 2016年12月25日
京都文化博物館「日本の表装」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/12/25/8290655

同じ時期に協力して開催した展覧会になる。両方を見てみると、その立場、考え方の違いがわかって興味深い。

京都大学総合博物館の方の展示では、掛け軸などの文化財が、表装という技法・技術によって伝承されてきたものであり、それは、決して長持ちするものではなく、定期的に時期がくれば、やりなおさないといけないもの。つまり、表装を繰りかえすことによって、その文書などは伝承されてゆく。そのとき、いったい、何を残して、どこをどう変えるのかという判断がつきまとう。文化遺産の伝承とはどのような意味であるのか、ここのところから表装という技術のもつ意味を考えるものとなっている。

一方、今日と文化博物館の方は、各時代によって、表装とはどのような文化的、社会的、歴史的な文脈のなかにおかれて、行われてきたのか、それを現存している文書を見ることによってたどろうとしている。

表装された文書があったとして、その文書そのものは、古代や中世のものかもしれないが、表装は新しいかもしれない。あるいは、場合によっては、古い表装を残したものかもしれない。表装が新しくなることによって、何かそこに変更が加えられてしまっている可能性もある。しかし、そのようにしなければ、文書の伝承とはできないものなのである。

二つの展覧会の概要をまとめると、以上のようになるであろうか。

ともあれ、今回の二つの展覧会は、表装という文化財にとって身近な存在でありながら、えてして見逃してしまいがちな部分に着目したものとして、非常に興味深く、また、勉強になるものであった。日本のみならず東洋の古典籍をあつかうような研究分野の人にとっては、必見の展覧会である。

奈良国立博物館、園城寺、金光明文句2016-12-26

2016-12-26 當山日出夫

京都の文化博物館で表装の展覧会を見た後、地下鉄から近鉄にのりかえて、そのまま奈良まで行った。奈良国立博物館の展示を見るためである。目的は、

金光明文句(下巻)、園城寺蔵

である。唐の将来写本。9世紀。国宝の指定である。

珠玉の仏教美術 【書跡】 として、展示されている。
2016年12月10日~2017年1月9日。

この本については、この前の訓点語学会の時に発表した。中国(唐)で、円珍が写した本であり、その地における、校合の跡が、白点で残っている。

これは、通常の光線の状態では見えない。部屋のライトを消して暗くして、LEDライトを、角度や距離を調整しながら見て、ようやく確認がとれるというもの。今まで、この本については、将来写経としては知られていたが、白点があることは分かっていなかった。それを、学会発表したメンバーで、確認して、報告したことになる。

第115回訓点語学会研究発表会 2016年11月13日(東京大学山上会館)
園城寺蔵『金光明文句』下巻の白書について
當山日出夫・山本佐和子・中川仁喜・石井行雄
http://www.kuntengo.com/syuryo.html

私が見ておきたかったのは、やはり、通常の光源……それも、博物館の展示のようにフラットな光線があたっている状態では、とても視認できるものではない、ということを、再確認しておきたかったのである。

なお同時に展示されていた本で、これは見てよかったと思ったのは、日本書紀(巻十)残巻。国宝。現存する、最古の日本書紀の写本である。応神天皇の箇所が出ていた。

これは、奈良国立博物館の所蔵品であるので、収蔵品データベースとして公開されている。

http://www.narahaku.go.jp/collection/1190-0.html

それから、この時、ある部屋で、新たに修理が終わった文化財が、特別に展示されていた。見ると、掛軸のものが多い。説明を読むと、表装を解体して修理した、とある。ちょうど、京都文化博物館で表装の展覧会を見た後だっただけに、興味深く見ることができた。掛軸などは、バラバラに解体して、再度組み立てることができる。その時、裏打ちなどを新しくして、きれいにする。そのきれいになった直後の文化財を見ることができた。このようにして、絵画や書跡は受け継がれていくのである、と実感した次第である。

京都文化博物館「日本の表装」2016-12-25

2016-12-25 當山日出夫

今年の授業がようやくおわったので、仕事ではなく、京都に行ってきた。京都文化博物館で開催中の「日本の表装-掛軸の歴史と装い-」を見るためである。

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_shibun_post/soukou2016/

これは非情に珍しい展覧会である。私の知るかぎりでも、一部の人にとっては、かなり話題になっているようだ。

一般に、日本の絵画とか書跡とかは、掛け軸であったり、あるいは、巻子本で見ることが多い。この展覧会は、その「表装」そのものの歴史を追ったもの。

この展覧会、京都文化博物館では、前期と後期がある。
前期 2016年12月17日~2017年1月15日
後期 2017年1月17日~2017年2月19日

そして、これと同時開催で、京都大学総合博物館でも展覧会がある。

日本の表装-紙と絹の文化を支える-
2017年1月11日~2017年2月12日
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0060.html

興味深いというか、ありがたいことに、これら二つの展覧会の図録が、一つにまとまっている。縦書きで右に開くと京都文化博物館、横書きで左に開くと京都大学総合博物館、というようになっている。

文化博物館の方を見てみると、実際に展示されているよりもずっと丁寧に解説が書いてあり、図版・写真が掲載になっている。値段は1800円(+税)。この図録を買うためだけにでも、出かける価値はありそうである。

ともあれ、日本の古典籍をあつかう研究領域の一部(訓点語)というようなとところで、研究生活をおくってきた身としては、まさにありがたい、そして、非情に勉強になる展示であり、図録である。

この冬休みは、図録を読んで、それから来年になったら、文化博物館の後半の展示と、京大総合博物館の展示を見に行ってくるつもりでいる。

追記
後半の展示と京大の展示については、
やまもも書斎記 2017年1月25日
京都大学総合博物館「日本の表装-紙と絹の文化を支える-」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/25/8332968

『世界の文字の物語』2016-08-25

2016-08-25 當山日出夫

夏の忙しい時期がようやく終わったので、行ってきた。我が家からだと、自動車で、一時間ほどで行ける。

『世界の文字の物語-ユーラシアの文字のかたち-』
大阪府立弥生文化博物館
2016年7月9日~9月4日

あまり大規模な展示ではなかったが、タイトルのとおり、ユーラシア大陸の各地で発生した文字と、その伝播が手際よく展示されていた。

文字についてはあたりまえというべきことかもしれないが、この展示でよくわかったことをあげておきたい。二点ある、

第一には、文字は、多言語表記が可能なものであるということ。展覧会をざっと見た印象としてであるが、ある特定の言語だけを表記する文字というものは、少数といっていいのではないだろうか。まだ、未解読の文字があるので、この点については、なんともいえないが。

ある文字が発明されると、近隣の言語の表記に流用されている事例が非常に多い。これは、今日、仮名といえば日本語、ハングルといえば朝鮮語、ときめてかかってしまうことへの反省として、考えてみなければならないことかもしれない。いや逆に、文字の歴史からすれば、日本語専用の仮名、朝鮮語専用のハングルという認識は、近年に特殊な地域で発達した文字についてのものと見るべきかもしれない。

第二には、文字は他の文字から影響をうける、あるいは、それによって変化していくものであること。隣接する諸言語との交流、あるは、支配・被支配というような関係のもと、文字は、他の言語に対応するために、いやおうなく変化していくものである。字喃(ベトナム)なども、漢字から派生した文字と考えるべきだろう。

この意味では、日本での真仮名の存在は、漢字という文字の使用法のひとつの変化した形と見なすことができるのかもしれない。仮名としてではなく、漢字の用法のひとつとして、とらえることもできよう。

ざっと以上の二点が、この展覧会を総合して残った印象である。他にも、文字とメディアの問題とか、文字の使用目的の問題とか、多言語地域としての敦煌の問題とか、そもそも文字を持たない無文字言語の問題とか、いろいろ考えるべき点、勉強すべきと感じる点が多々あった。

この展覧会を見て、考えを再整理して、今日のコンピュータ文字における仮名の問題を考えるきっかけとしてみたいと思っている。