ウツギ2018-06-20

2018-06-20 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日はウツギ。

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月13日
ハコネウツギ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/13/8893099

初夏に我が家の近辺の雑木林に花をつける。去年から、花の写真など撮り始めて、ウツギと見定めるようになった。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見ると、

(茎が中空であるところから名づけられたという)ユキノシタ科の落葉低木。各地の山野にふつうに生える。

とある。

用例は、本草和名(918頃)から見える。古く平安の昔から、「うつぎ」の語があったことが知られる。また、古辞書のところをみると、「字鏡・和名・色葉・名義」など、平安の古辞書から掲載されている語である。「うつぎ」という木、花は、平安時代からなじみのある語であったことになる。

言海にもあるよし。言海を見てみると、

灌木ノ名、高サ六七尺、幹中、空(ウツロ)ニシテ堅シ、木管、木釘、トス、枝、葉、対生シテ、葉ハ細ク狭ク緑ニシテ、鋸歯アリ、夏ノ始ニ、五弁ノ白花、五六寸ノ穂ヲナシテ開クうのはなトイフ

ウツギのことを「うのはな」と言っていることは、『言海』を見ても確認できる。ここに掲載の写真は、先月のうちに写しておいたものである。

ウツギ

ウツギ

ウツギ

ウツギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

ハコネウツギ2018-06-13

2018-06-13 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は、ハコネウツギである。

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月6日
ソヨゴ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/06/8879823

我が家に一本のハコネウツギの木がある。去年、花の写真など撮り始めて、ハコネウツギと認識することになった。

初夏に花を咲かせる。最初は白い花。それが、徐々に色が変わっていって赤くなる。咲いている状態を写すとなると、まだ白い花と、もう赤くなってしまった花の両方を同時に写すことになる。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見ると、

スイカズラ科の落葉低木。各地の海岸付近にはえ、観賞用に庭園に栽植される。

とある。また、

箱根の名があるが、箱根には自生していない。

ともある。漢名では、「錦帯花」と書くらしい。用例の古いものは、俳諧・毛吹草(1338)から見える。近世からこの名前で呼ばれていたらしい。

『言海』にもあるとのことなので、『言海』を見ると、「箱根ニ多シ」とある。これは誤りということになるのだろう。

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-06-20
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月20日
ウツギ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/20/8898569

ソヨゴ2018-06-06

2018-06-06 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は、ソヨゴである。

前回は、
やまもも書斎記 2018年5月30日
カナメモチ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/30/8862238

我が家から少し歩いたところに咲く。去年から身近な草花の写真を撮り始めて、散歩道に赤い実のなっているのを見つけた。秋のことである。調べてみると、ソヨゴ「冬青」らしい。実をつけるということは、花が咲く。気をつけて見ていたら、先月、花を付けているのを見つけた。確認してみると、どうやらソヨゴであっているらしい。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を検索してみる。

ソヨゴでは、

モチノキ科の常緑低木または小高木。本州の関東以西、四国、九州の山地に生える。

とある。それから、雌雄異株ともある。花の咲いている木は、二箇所確認したのだが、片方は、去年の秋に実を見なかったように記憶している。

この木は、毎日の散歩コースにある木である。秋になって実をつけるころには、またそれを写真に撮ってみたいと思っている。

なお、ソヨゴの用例は、物品識名(1809)から見える。新しいことばのようである。

ただ、「冬青」(とうせい)で検索してみると、

モチノキ、ソヨゴなどモチノキ科の植物の漢名。

とある。『言海』にも収録されているとのこと。ねんのため、『言海』を確認してみると、

とうせい 名 冬青 モチノキ

とある。

ソヨゴ

ソヨゴ

ソヨゴ

ソヨゴ

ソヨゴ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月13日
ハコネウツギ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/13/8893099

カナメモチ2018-05-30

2018-05-30 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は、カナメモチ。

前回は、
やまもも書斎記 2018年5月23日
紫蘭
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/23/8857796

我が家の駐車場の入り口のところにある。植えた木というよりも、自然に、そこに生えているという感じである。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見てみる。

バラ科の常緑小高木。本州中部以南の暖地に生え、また、生け垣や庭木とされる。

とある。漢字では「要黐」と書く。用例は、日本植物名彙(1884)から載っている。「カナメモチ、カナメガシ」とあるよしである。それから、辞書には、『言海』にあるとのこと。5月ごろに、白い5花弁の花を房状につける。秋になると赤い実をつける。ただ、それもすぐに鳥が食べてしまうようで、赤い実の実った状態をそんなに目にすることはない。

この木の花、もう散ってしまっている。写真は、以前に写しておいたものである。

カナメモチ

カナメモチ

カナメモチ

カナメモチ

カナメモチ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-06-06
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月6日
ソヨゴ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/06/8879823

紫蘭2018-05-23

2018-05-23 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は紫蘭(シラン)である。

前回は、
やまもも書斎記 2018年5月16日
ニシキギの花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/16/8852006

我が家の池の畔に咲いている。この花は、比較的時期が長いようである。ただ、花がてんでかってにいろんな方向を向いて咲くので、写真に撮るには、ちょっと難しい。

ジャパンナレッジ(日本国語大辞典)で「紫蘭」を見てみる。

ラン科の多年草。関東以西の各地の山野にまれに生え、観賞用に庭園・花壇で栽培される。

とある。我が家のものは、園芸用に植えられたものであろう。用例を見ると、古いもので、俳諧・毛吹草(1638)から見える。また、古辞書では、日葡にあるよし。

また、「ふじばかま」(藤袴)の異名でもある。こちらの方の用例は、もっと古い。本朝文粋、山家集からある。

紫蘭

紫蘭

紫蘭

紫蘭

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-05-30
この続きは、
やまもも書斎記 2018年5月30日
カナメモチ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/30/8862238

ニシキギの花2018-05-16

続きである。
やまもも書斎記 2018年5月9日
クロバイ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/09/8847429

水曜日は花の写真の日。今日は、ニシキギの花である。

ニシキギについては、以前に書いたことがある。
やまもも書斎記 2017年11月15日
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/15/8727789

我が家の中庭にある。去年から、身の周りの草花など写真にとるようになって、調べてみたりして、名前を知った。ニシキギ(錦木)である。この木は、その名前があらわしているように、秋になって紅葉する時期、実をつける時期を愛でるもののようだ。が、これも、観察してみると花が咲いているのを目にした。

花の咲いている時期、花の終わってからのもの、いくつか写真に撮ってみた。三日見ぬ間の桜……というが、桜に限らず、身近に咲く草花でも、その時期はわずかである。日々、その姿を変えていくことに気付く。この錦木の花の咲いている状態も、三日とは続いていなかったのではないか。

これから、この花の後、実がどのように変わっていくか、季節を追って観察していきたいと思っている。

ニシキギ

ニシキギ

ニシキギ

ニシキギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-05-23
この続きは、
やまもも書斎記 2018年5月23日
紫蘭
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/23/8857796

クロバイ2018-05-09

2018-05-09 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は、クロバイである。

前回は、
やまもも書斎記 2018年5月2日
藤の花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/02/8839973

我が家から少し歩いたところに咲いていた。ほぼ毎日散歩で歩くところにある。木に白い花の咲いているのが目について、写真にとって、WEBで聞いてみた。クロバイとのことである。調べてみると、どうやらクロバイであっているらしい。

ハイノキ科の常緑高木。

いつものように、日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見てみる。「クロバイ」の語は、大和本草批正(1810頃)から見える。

一方、「ハイノキ」の方を見てみると、こちらは古くからある。新撰字鏡、伊呂波字類抄、から見える。

この木の花、観察してみると、その盛りの時期は意外と短い。ほぼ満開になったかなと思ったところで、雨が降って散ってしまった。季節の花の写真をとりはじめて、ほぼ一年近くになる。去年見た花が今年も見られるかどうか、気になっている。年々歳々……とはいうが、花もまた、年によって微妙に異なる。その咲いている時期を写そうと思うと、シャッターチャンスは、ほんのわずかの時期しかない。

これからどれだけの花・樹木を確認できるかわからない。相変わらずの毎日を過ごしているようでいて、花を見ていると季節の移り変わりが、確実に、そして、早いことが実感できる。

クロバイ

クロバイ

クロバイ

クロバイ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-05-16
この続きは、
やまもも書斎記 2018年5月16日
ニシキギの花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/16/8852006

藤の花2018-05-02

2018-05-02 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真の日。今日は藤である。

前回は、
やまもも書斎記 2018年4月25日
シャガの花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/04/25/8832794

今年は、桜も早かったが、藤も早い。去年撮った写真の日付など確認してみると、五月の連休ぐらいで満開という状態である。今年は、終わりかけにちかい。

藤棚が半分に分けてあって、早く咲くのと、少し遅れて咲くのとになっている。早く咲く方の藤は、もう終わってしまっている。散ってしまったあとである。写真に写したのは、遅く咲いている方。それでも、すでに盛りを少しすぎているぐらいだろうか。

『日本国語大辞典』(ジャパンナレッジ)を検索してみる。「藤」は、万葉集から用例がある。また、重ねの色目としての用法も、枕草子からある。藤という花、そして、その色合いは、古くから親しまれてきたことが理解される。

Facebookでは、四月の後半は主に藤の花を掲載していた。他には、山吹やすみれなど。朝起きて、一通りの用事をすませて(ブログのアップロードなど)、カメラと三脚を持って外に出る。藤の花を一枚写して、それを掲載する。これも、先月で終わりである。五月になって、次は何の花にしようかと思っている。とりあえず、紫蘭が咲き始めたので、それを写してみた。このブログも、来週は紫蘭になるかもしれない。あるいは、先月のうちに写しておいたものから選ぶことになるかもしれない。花の写真を撮るようになって、季節の変化の早さというのを感じるようになってきている。

フジ

フジ

フジ

フジ

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

追記 2018-05-09
この続きは、
やまもも書斎記 2018年5月9日
クロバイ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/09/8847429

シャガの花2018-04-25

2018-04-25 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日はシャガである。

前回は、
やまもも書斎記 2018年4月18日
山吹の花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/04/18/8828916

この花は、春の終わりごろの花という印象である。花の時期は長い。見ていると、もう三週間ほどは咲いているだろうか。掲載の写真は、先週のうちに撮影しておいたものである。

ジャパンナレッジで『日本国語大辞典』をひいてみる。「シャガ」の項目では、アヤメ科の多年草とある。用例で古いものは、文明本節用集に「者我」とあるらしい。また、『日本国語大辞典』の説明によると、「和名は、ヒオウギの漢名「射干」による」とある。

ただ、現在では、「ヒオウギ」は別の植物のことを指す名称となっている。ちなみに「ヒオウギ」の古い用例は、訓蒙図彙(1666)に「射干(やかん) からすあふぎ ひあふぎ」とあるとのことである。

シャガ

シャガ

シャガ

シャガ

シャガ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-05-02
この続きは、
やまもも書斎記 2018年5月2日
藤の花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/02/8839973

山吹の花2018-04-18

2018-04-18 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は、ヤマブキである。

前回は、
やまもも書斎記 2018年4月11日
散る桜
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/04/11/8823456

我が家に山吹の木がある。それが、ちょうど見頃を迎えている。八重咲きである。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)をひくと、古くは万葉集から用例がある。その後、宇津保物語、後拾遺集などにあるので、奈良時代から平安時代にかけて、古代よりこの名前で呼ばれていたことがわかる。

「山吹」といえば、思い出すのが、太田道灌のエピソード。その歌「七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞかなしき」。この歌、後拾遺和歌集の兼明親王の歌である。

「山吹」の花は五花弁とある。八重咲きはその変種である。だが、後拾遺集の例からすると、平安時代にすでに八重咲きの「山吹」が普通にあったようだ。また、種類によっては白い色のものもあるらしい。

それから興味深いのが、「山吹」でその植物・花以外のものを指す語としてもちいる用法のあること。たとえば、「山吹色」の意味でもちいる(源氏物語)。また、重ねの色目の名称でもある。

そのほか見ていくと、女房詞では、いろんなものを指す。日本国語大辞典では、「鮒」「白酒」「干大根と嫁菜を煮たもの」などのことも、「山吹」と言っている。

「山吹」といって連想するのが、テレビの時代劇などでつかわれる隠語としての役割。小判の意味で、悪徳商人がお代官様に話しをするときなどに使っている。それかどうかは別にして、「山吹」で小判の意味を表すのが、江戸時代の俳諧(犬子集、1633)から見られる。現代のテレビ時代劇などの用法は、江戸時代からの用法を受け継いでいることになるらしい。

掲載の写真は、先週のうちに撮影しておいたもの。天気予報で雨になるとのことだったので、雨にぬれる前の姿をと思って、写しておいた。

ヤマブキ

ヤマブキ

ヤマブキ

ヤマブキ

ヤマブキ

ヤマブキ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-04-25
この続きは、
やまもも書斎記 2018年4月25日
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/04/25/8832794