もみじ2017-12-13

2017-12-13 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は、花ではなく紅葉である。

「紅葉」と書いて「もみじ」と読む。用法には基本的に二つある。

第一には、秋になって木々の葉っぱが色づくことの一般である。
第二には、カエデのことをさす。

これは知っていたことだが、例によって、日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見てみる。すると、紅葉一般を指す用法は、古く万葉集からある。これは、納得できる。ところが、カエデのことを「もみじ」というようになったのは、ごく最近のようだ。

2として、「楓(かえで)、または楓の葉をいう。」の用例であがっているのは、

小学読本(1874)と、浮雲(1887〜89)である。明治7年と、明治20~22年、ということになる。近代になってからの用法であることがわかる。意外と、このカエデの意味で「もみじ」というのは、新しい使い方である。

写真にとってみたのは、我が家の近所のカエデ。カエデといっても、いろいろ種類がある。その詳しいことまでは不案内である。早いものは、10月下旬ごろに色づく。おそいものは、12月になっても、まだ葉が残っている。

カエデの種類まで、図鑑で調べるのはちょっと大変かなと思うが、来年は、もう少しこまめに観察して、いろいろと見ていって、写真に撮ってみようかと思っている。

モミジ

モミジ

モミジ

モミジ

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

メタセコイア2017-12-06

2017-12-06 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真の日。今日は、花ではなく樹木。メタセコイアである。

この木は、我が家の近辺にかなり数ある。紅葉し、落葉する、針葉樹である。

例によって、ジャパンナレッジ(日本国語大辞典)を見る。

スギ科メタセコイア属の学名とある。「生きた化石」といわれる由来について、説明がある。しかし、その「ことば」としての用例はのっていない。

他に世界大百科事典などの項目を見てみると、この木の発見、再発見、さらには、日本への渡来など、実にドラマチックな出来事があった。(詳細は、省略することにする。)

ともあれ、そのようなドラマチックな来歴のある木が、身近にあることに気付くことになったというのも、身の周りの植物など、写真に撮り始めて、辞典や図鑑などで確認するようになってからのことである。

WEBなど見ると、この木は今では全国にひろがっているようだ。著名な並木もある。普段、何気なく目にしていた木に、このような歴史とドラマがあったことは、今まで知らなかった。見慣れた樹木の光景であるが、半世紀前までは無かったものである。そう思ってみると、いろいろ感慨深いものがある。

これからも、花や木の写真を撮っていきたいと思っている。

メタセコイア

メタセコイア

メタセコイア


メタセコイア

メタセコイア

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm F/2.8-4E ED VR

山茶花2017-11-29

2017-11-29 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日は、山茶花(サザンカ)である。

家の駐車場の横に木がある。一ヶ月ほどまえから、つぼみがふくらんで花を咲かせ始めている。

例によって、日本国語大事典(ジャパンナレッジ)を見てみる。

「さざんか」で見ると、ツバキ科の常緑小高木、とあり、「ツバキの漢名、山茶に由来する「さんさか」の変化した語」とある。

「さざんか」の語形では、俳諧・冬の日(1685)、大和本草(1709)に用例がある。近世になってから、「さざんか」の語になったようである。

語誌として注記があり、「「山茶花」の表記は中世後期に見られるが、当初は「さんざか」と読まれていた。」とある。

で、「さんざか」の語形でさらに検索しなおしてみることにする。

すると、「さんさか」ともとあり、用例としては、尺素往来(1439~64)、日葡辞書(1603~04)あたりが古い例になる。日葡辞書の例は、「Sanzaqua」とあるよし。この語形の新しいのを見ると、書言字考節用集(1717)である。

とすると、古くは「さんざか/さんさか」であり、江戸時代に「さざんか」の語になり、両方が用いられていた。それが、現代になると、「さざんか」に統一して使用されているということになるようだ。

例年、この花は、冬になると駐車場の横で咲いている。隣り合わせにもう一本の木があるのだが、こちらはツバキのようである。これも、この前見たら一輪すでに花がひらいていた。

サザンカ

サザンカ

サザンカ

サザンカ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

秋の木々2017-11-22

2017-11-22 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真の日。が、今日は、花ではなく樹木。秋の木々の様子である。

秋になって紅葉のシーズンである。我が家でも、ちょうどモミジ、イチョウななどが色づいて葉っぱが地面に散るころになっている。しかし、秋になって色のかわる木は、モミジだけではない。いろんな木が、秋になると様子を変える。

近所に散歩にでるとき、カメラをもってでる。その時に、ふと目にとまった秋の景色を写したものである。特に紅葉がきれいだというのではない。晩秋の山、里の、秋の風景である。どうということもない風景であるが、このような景色にしみじみとしたものを感じるようになってきた。

みわたせば はなももみぢも なかりけり うらのとまやの あきのゆふぐれ

むかし、高校生のころに読んで憶えた歌である。唐木順三の本で知っただろうか。この歌で歌われているように、ただの秋の風景に、ふと心がひかれるように感じる。これも、私が、年をとってきたせいかもしれない。紅葉の名所というのではない、どこにでもありそうな雑木林の秋の景色に心なごむのである。

秋の木々

秋の木々

秋の木々


秋の木々

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

ニシキギ2017-11-15

2017-11-15 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日は、ニシキギ。

家の中庭で花のさいている木を目にした。とりあえず、写真には撮ってみた。名前がわからないので、WEBで質問してみた。ニシキギか、あるいは、コマユミらしい。小さい板状のものが枝から出ていれば、ニシキギとのこと。手元の図鑑などでも、確認してみるとそのように書いてある。

改めて再度見てみると、枝から小さい板状の突起がでているのが確認できる。ニシキギである。

例によって、ジャパンナレッジで日本国語大辞典を検索してみる。ニシキギの項目では、多識編(1631)から用例がある。近世になってから、この名称で残っているようである。

ただ、「にしきぎ」ということば自体は、古く、拾遺和歌集からある。ただ、樹木の名称としてではない。「にしきぎ(錦木)」という語は、なんとなく雅びである。語としては、かなり古くから使われてきたようである。

ニシキギ

ニシキギ

ニシキギ

ニシキギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

センリョウの実2017-11-08

2017-11-08 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花(植物)の写真の日。庭のセンリョウの木が、実をつけはじめている。この木の花については、以前に、このブログに掲載したことがある。

やまもも書斎記 2017年7月12日
センリョウの花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/07/12/8618755

見てみると、この時に写した木が、すべて実をつけているとはかぎらないようだ。まったく実をつけていない木もある。これは、どうしたことなのかと思うのだが、もうちょっとよく観察しておけばよかったかと今になって思う。

庭にいくつかあるのだが、概ね、赤い実をつけるようである。

これから冬になって、花の乏しくなる時期、庭で、このセンリョウの実の色が鮮やかに目につくようになる。寒くなった頃、また写してみようかと思っている。

センリョウ

センリョウ


センリョウ


センリョウ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR f/3.5 85mmG ED VR

ヤツデ2017-11-01

2017-11-01 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日はヤツデである。地味な白い花をさかせる。

我が家の近辺にいくつか植わっている。見ていると白い花のようなものがある。花が咲いているようである。調べてみると、ヤツデは秋に花をつけるとある。

ジャパンナレッジで、日本国語大辞典を検索してみる。

ウコギ科の常緑低木。用例の初出例は、俳諧・毛吹草(1638)に、「八手の花」としてあるのが最初である。江戸時代の初めから確認のとれることばのようである。

これまで、ヤツデの葉を見ることはあっても、花をしげしげと見ることはなかった。身近な植物など写真に撮り始めて、気付いた花のひとつである。そろそろ紅葉のはじまろうかというころに咲く、清楚な感じのする花である。季語としては、「やつでの花」として、冬になるとのこと。

ヤツデ

ヤツデ


ヤツデ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

アレチヌスビトハギ2017-10-25

2017-10-25 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。アレチヌスビトハギである。

先月から、今月にかけて、折りを見て撮影したもの。庭のあちこちに咲いている。花だけを、クローズアップで撮ってみると、それなりに風情のある花である。

ところで、この花が秋になって実をつけると、いわゆる「ひっつきむし」になる。

ジャパンナレッジで「ひっつきむし」を検索してみる。日本国語大辞典で、「ひっつきむし」はヒットするのだが、この植物については出てこない。出てくるのは、(2)として、「藪虱(やぶじらみ)の実。」としてある。大阪の方言としてである。

私のつかうことばでいうと、草の実で衣服につく性質のあるものを総称して「ひっつきむし」と言っている。そのなかで、アレチヌスビトハギは、その代表の一つでもある。

Googleで「ひっつきむし」を検索してみると、いくつかの植物が出てくる。その一つに、アレチヌスビトハギもある。

「ひっつきむし」の語誌については、さらに研究の余地が残っているようだ。

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

ホトトギス2017-10-18

2017-10-18 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。

我が家のホトトギスの花が咲き始めている。図鑑など見ると、厳密にはタイワンホトトギスという種類らしい。園芸種として、一般の庭などに咲く種類である。

ジャパンナレッジで、日本国語大辞典を検索してみる。「ほととぎす」の項目の二番目に、「杜鵑草・油点草」としてあがっている。

用例は、古いものが、花壇地錦抄(1695)である。近世になってから、この名前で呼ばれるようになったらしい。鳥のホトトギスに姿、色合いが似ているからこの名前になったとのこと。

鳥のホトトギスが鳴くのは、初夏である。我が家の近辺でも、初夏の季節にはホトトギスの鳴き声が聞こえてくる。

花の方のホトトギスは、秋に咲く。季語としては、秋になる。

そのつぼみのときから、徐々に花が咲くまでの様子を写真にとってみた。今が、ちょうど花のシーズンである。

ホトトギス

ホトトギス

ホトトギス

ホトトギス

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

エノコログサ2017-10-11

2017-10-11 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日は花ではなく草。エノコログサである。

家のまわりあちこちに見ることできる。ごく普通に生えている草である。ネコジャラシともいう。

ジャパンナレッジで「エノコログサ」を検索してみる。日本国語大辞典では、撮壌集(1454)に「狗尾草 ヱノコロクサ」とあるのが最古例。撮壌集とは、中世の古辞書のひとつである。「えのころぐさ」の名称が、中世からつかわれていたことになるのだろう。

ところで、「ねこじゃらし」の方であるが、これを検索してみると、植物名としてしては、日本国語大辞典に見出しの掲載がない。「えのころぐさ」の項目には、「ねこじゃらし」も書いてあるのだが、用例はない。

今、普通につかっている「ねこじゃらし」の語は、いったいいつごろから使われ始めたものなのだろうか。ちょっと気になっている。

エノコログサ

エノコログサ

エノコログサ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR