「文字情報データベースの保存と継承」に参加してきた2018-07-23

2018-07-23 當山日出夫(とうやまひでお)

2018年7月21日は、京都大学人文科学研究所で、

シンポジウム「文字情報データベースの保存と継承」

があったの参加してきた。記録の意味で、プログラムを転記しておく。

漢字字体規範史データセット
http://hng-data.org/index.ja.html

保存会設立記念シンポジウム「文字情報データベースの保存と継承」
http://hng-data.org/events/2018-07-21.ja.html

===============================

第1部 研究集会「文字情報データベースの保存と継承」

13:00-13:05
趣旨説明:守岡 知彦
13:05-13:35
報告1:高田 智和(国立国語研究所) 「『石塚漢字字体資料』と『漢字字体規範史データベース』」
13:35-14:05
報告2:守岡 知彦(京都大学) 「漢字字体規範史データセットの構築・共有計画について」
14:05-14:15
休憩
14:15-14:45
報告3:永崎 研宣(人文情報学研究所) 「文字情報データベースにおける IIIF 活用の可能性と課題」
14:45-15:15
報告4:安岡 孝一(京都大学) 「文字列検索可能な画像データベース」
15:15-15:25
休憩
15:25-16:25
基調講演:石塚 晴通(北海道大学名誉教授) 「漢字の書体と字体 —承前—」
16:25-16:35
休憩
16:35-17:15
総合討論

第2部

17:25-17:45
漢字字体規範史データセット保存会設立総会

===============================

これに参加して思うことは多々あるのだが、基本的なことだけを確認しておきたい。

HNG(漢字字体規範史データベース)は、研究成果として出たものである。漢字の字体の標準・規範というものは、時代と地域によって異なる、このことを実証的に示すために、HNGが作られて公開になった。

その後、このHNGを使って、いろんな論文を書くようになった。私のやってみた「白氏文集」の旧鈔本の字体の研究など、そのうちにはいるものである。研究成果の結果として作ったデータベースが、次第に、研究者間でインフラとして利用されるようになってきた、という経緯がある。

だが、そのために必要な措置……主にサーバの管理にかんすることであるが……については、ほとんど手つかずのままに来てしまったことになる。そして、(どのような事情があったかかは知らないが)HNGの停止ということになった。

ここで考えておかなければならないことは、データベースを作って公開するということの継続性の問題である。研究者、特に人文学系の研究者においては、一〇年二〇年という時間など、わずかの時間にすぎない。しかし、その一〇年二〇年の間に、コンピュータ技術はどんどん進歩していくし、サーバも定期的にリプレイスしていかなければならない。

とにかく、一度作って公開したデータベースは、どのような使われ方をするか、予想の出来ないところがある。そのためには、何よりも継続ということを考えなければならない。そして、その継続ということのためには、いったい研究者として何をすべきか、その課題が、今回の件によって、ようやく、研究者自らの課題として見えてきたということになるだろうか。

結果としては、今回、新たに、「漢字字体規範史データセット保存会」というものをたちあげて、HNGの初期の64文献につい、そのデータセットを再現して保存することになった。このために、科研費を得ることができている。この期間の間に、元のデータ(紙カード、台帳など)を、デジタル化して、公開するということになる。

もし可能なら、検索システムの再構築ということになるかもしれないが、これは、できたら、ということになりそうである。

人文系のデータベースというのは、長い時間の中で考える必要がある。今のユーザの動向も大事であるが、それを残しておいて、次世代の研究者にも使えるようにしておく必要がある。このことの重要性について、再確認することになった会であった。




語彙・辞書研究会(53回)に行ってきた2018-06-15

2018-06-15 當山日出夫(とうやまひでお)

語彙・辞書研究会

2018年6月9日、東京で語彙・辞書研究会があったので、行って発表してきた。

当日のプログラムは以下のとおり(発表者名と発表タイトル)

1. 菊池そのみ・菅野倫匡 「勅撰和歌集における品詞の構成比率について」
2. 中澤光平 「方言辞典に求められるもの―与那国方言辞典作成の現場から―」
3. 大久保克彦 「『大漢和辞典』専用 OCR とフォントの開発」
4. 當山日出夫 「変体仮名と国語辞典とワープロ」
[講演]
野村雅昭 「落語辞典の穴」

最初の発表(菊池さん、菅野さん)は、この前の国語語彙史研究会の続きといった感じ。今回の方がより整理されていたと感じた。

中澤さんの発表は、絶滅の危惧にある方言を辞書として記述するときのいろんな苦労。この発表、使用する仮名の問題において、私の話したことと少し関係がある。

大久保さんの発表は、大漢和を全部スキャンして、漢字の字形をデジタル処理してみたというもの。何を目指すか明確なところはまだ無いようであるが、今後の発展に期待したい。

野村先生の発表は、落語の話し。落語を国語資料としてつかうときの資料論の話しに踏み込んだものであった。

で、私の話したことであるが……これまで、表記研究会や、東洋学へのコンピュータ利用(京都大学)などで、話してきたことを、辞書という観点から再整理してみたもの。特に新規に話したことではないが、これからの国語辞典が仮名・変体仮名というものをどう記述すべきか、ということについて、少しは問題提起になったかと思う。

終わって、会場のあった新宿NSビルの上の方の階で懇親会。かなり人は集まったほうだろうか。この懇親会は、椅子に座ってテーブルで食事しながら。そんなに多くの人と話すことはできないが、落ち着いていろいろ話せる。体もこの方が楽でもある。(このごろ、立食の懇親会でずっと立っているのが、つらくなりはじめてきた。)

この語彙・辞書研究会は、以前にも発表したことがある。三省堂の中に事務局があり、現代の辞書についての研究発表をするには、一番適した研究会かもしれない。

今回の発表では、ちょっとトラブルがあった。持って行ったパソコン(レッツノート)が、プロジェクタが認識してくれなくて、画面が映らなかった。しばらく待って、どうにか回復したのだが、急ぎ足でスライドを見せて説明ということになってしまった。こんなことは始めてである。研究発表などで、これまで、VAIOとか、レッツノートとか、使ってきている。ケーブルを繋いで、まったく認識してくれなかったということは、これまでの経験ではない。

後で思い返せば、すばやく頭を切り替えて、人のパソコンを借りることにすればよかったかと思う。そのために、USBメモリにもデータを入れて持って行っておいたのであった。あるいは、こんなこともあることにそなえて、レジュメを読み上げるだけで発表にできるように工夫しておくべきだったのかもしれない。世の中、いったい何が起こるかわからない。私も、これから先、どれだけ研究発表などすることになるか分からないが、万が一、今回のようなことが再び起こっても対応できるように準備しておくべきだと感じた次第でもある。

訓点語学会(118回)に行ってきた2018-05-17

2018-05-17 當山日出夫(とうやまひでお)

2018年5月13日は、訓点語学会(118回)が京都大学であったので行ってきた。

午前中の始めから行くとなると、朝の8時前には家をでなければならない。雨が降っていた。京都大学につくと……立て看板がなくなっていた。ちょっと寂しい気がする。それから、キャンパスの中を歩いて、ふと木に咲いている花などの目がとまるようになった。花の写真を写すことを日常のこととするようになったからだろう。白い花が咲いているのが目についたが、ウツギだったろうか。

会場は文学部。訓点語学会とは言っているが、実質的には、主に古代語(主に室町期以前の言語の意味で)を中心とした国語史学会と言ってよい。

古辞書をあつかった研究発表で、ちょっと気になったことがあったので、質問の時に言っておいた。問題とした文字が、その辞書(名義抄)のその箇所だけにしかないのか、これは、まず、手続き上確認しておくべきことにちがいない。

今回の研究発表会、総じて感想を述べれば……若い人が多かった、女性が多かった、それから、留学生・外国の人が多かった、という印象。これは、これで、学会のこれからを考えるならば、いい方向なのではないかと考える。

学会が終わって懇親会に例のように出る。終わって、これは去年と同じメンバーになったが、顔見知りの四人ほどで、四条あたりまで行って、軽く二次会ということになった。久々に、先斗町に足を踏み入れてみたのだが……う~ん、日本語よりも外国語の方が多いのではないかという感じ。店の看板は日本語であるが、店頭に出してあるメニューを見ると、外国語のものが多い。日本語のメニューを探す方が難しい。

私が、この街を昔あるいたのは、高校生のころ。京都の丸善に行くときによく通った。京阪の四条でおりて、先斗町を歩く。途中の公園のあるところで、西に折れて河原町通りまでいくと、ちょうどそこが丸善であった。この時の丸善は、今は、もう無い。今から、四十年以上も前の昔話である。

例年、同じようなメンバーで、懇親会の後の二次会に行っているように思い出す。かなり年配の面々なので、ひょっとすると私が一番若いのかもしれない。

ひとしきり、放談、漫談の後、早い目にひきあげることにした。解散したのが九時半ごろだったが、それでも、家に帰ったら、十一時をすぎていた。

さて、次の仕事は、来月の「語彙・辞書研究会」での発表原稿を準備しないといけない。

国語語彙史研究会(第118回)に行ってきた2018-04-30

2018-04-30 當山日出夫(とうやまひでお)

2018年4月28日は、国語語彙史研究会(第118回)があった。大阪大学まで行ってきた。

朝の10時ごろに家をでた。近鉄に乗って鶴橋からJR。大阪(梅田)から、阪急。石橋の駅でおりて、とりあえず昼食。ちょっと時間があったので、喫茶店を探してコーヒーを飲んでから、歩いてキャンパスまで。前回、大阪大学に行ったときは、ちょっと道に迷ったこともあったのだが、今回は、特に迷うことなく、すんなりと行けた。

発表は三つ。いろいろと問題点のある発表もあり、感心させられる話しもありで、これは面白かった。もう、還暦を過ぎて、そろそろ隠居して自分の好きな本を読んですごしたいと思っている。自分自身で、これから新規な研究テーマに手を出そうという気はまったくなくなっている。

とはいえ、たまに研究会・学会などに出て、研究発表を聞くのが、かなりの刺激になっている。

終わって懇親会。二時間ほどの時間だが、立ったままでいるのがつらくなってきた。普段、家にいて自分の部屋で本を読んだりする。そのほか、散歩に出るような生活である。朝から外に出て夜まで靴をはいているのが、それだけでつらいと感じるようになってきた。年をとってきたということである。

終わって、例によって、若い人たち、それから、同年配の人たち数人で一緒に二次会。石橋の駅のすぐそばの居酒屋で、軽くビールなど飲んで、いろいろ話しなど。先日の、日本漢字学会が京大であったときとだいたい同じようなメンバーだった。このような会、特に若い人たちにとっては、学会の裏事情などに接する機会になるのかもしれない。研究発表や質疑応答の場面では見られない、いろんな話しなど。

家にかえったら、11時ちかくになっていた。

さて、懇親会の時にも話したことだが……6月9日、語彙・辞書研究会で話しをする。JIS仮名、ユニコード仮名の話しをする予定。漢字とちがって、全部で数百ほど(今回新たにきまった変体仮名をふくめて)の、小さなな文字集合であるが、その実態、文字の定義、運用、ということについては、種々の問題点が残っている。これは、問題提起だけはしておきたい。後は、これからの若い人たちの仕事で、続きをやってもらいたいと思っている。

日本漢字学会に行ってきた2018-03-31

2018-03-31 當山日出夫(とうやまひでお)

2018年3月29日は、日本漢字学会の設立、記念シンポジウム。京都大学まで行ってきた。

かなり人はあつまっていた感じだし、懇親会も人が多かった。だからといって、この分野の研究の中心になるかというと、ちょっと微妙かなという気がしないでもない。

シンポジウムは、面白かった。それぞれの専門分野の研究成果を、わりとわかりやすい……強いていえば、啓蒙的な立場から……一般向けに話しがあった。このようなシンポジウムで話しをする側の人たち(研究者)はいいとしても、その後の、フロアからの一般の質問が…………ちょっと「と」という気がするのがあった。

まあ、確かに漢字というものは、ある意味で自明なものである。漢字については、あれこれと定義する必要はないかもしれない。また、日本語のなかに普通に存在している文字でもある。だから、漢字については、誰でもなにがしかのことを語ることはできる。

だが、そのことと、文字というものを学問的方法論できちんと考えるということは、別次元のことがらになる。

たぶん、今年の12月には、学会としての研究会があるのだろう。その時、どのような発表があつまるか、また、どのような質疑応答がなされるか、期待半分、不安半分といったところだろうか。

学会の懇親会は盛況であった。終わって、知り合いの若い人たちと……奈良女子大学、東北大学、京都大学など……百万遍近辺のお店に行って、いろいろ話して帰った。これからの若い人たちが、この漢字学会でどんどん発表してくれればと思う。

家に帰ったら、10時半ぐらいになっていた。留守の間にとどいていた本、『嵯峨野明月記』(中公文庫)があった。『背教者ユリアヌス』を読む(再読)まえに、こちらの本の方をまず再読しておきたくなったので買った。

私も、この年になって、昔、高校生のころに読んだ本を、もう一度、じっくりと読み直したくなってきている。辻邦生を読み直したい。それから、福永武彦なども。

ところで、京都大学のキャンパスの桜は、ちょうど満開だった。シンポジウムは、時計台であったのだが、その舞台の背後のスクリーンを上げると、ガラスになっていて、庭の桜がきれいにみえた。桜の花を背景にしての学会というのも、雰囲気のいいものであった。

追記 2018-04-02
日本漢字学会のホームページができている。
https://jsccc.org/

第29回「東洋学へのコンピュータ利用」に行ってきた2018-03-12

2018-03-12 當山日出夫(とうやまひでお)

第29回「東洋学へのコンピュータ利用」

2018年3月9日は、第29回「東洋学へのコンピュータ利用」である。

http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/seminars/oricom/2018.html

例年よりも発表が多かった。朝、長女が仕事に出るのとおなじに駅まで行く。去年までは、それでもかなり早めについたと憶えているのだが、今年は、開始ギリギリの時間になってしまっていた。会場の部屋はすでにほとんど一杯だった。

同日、デジタルアーカイブ学会が東京でやっていたのだが、それでも、多くの発表があり、また、多くの人をあつめている。

例によって、文字についての発表がほとんどであった。個々の発表については特に言わないことにして、総合して印象を述べれば……すでに、コンピュータの文字は、ユニコードの世界になっている、ということである。もはや、JISコードのことを問題にはしてない。

これも、まったく問題にならなくなったというわけではない。私の発表した変体仮名の問題は、コンピュータと仮名というテーマで言うならば、JISコードとユニコードで、その微妙な差異に大きな問題をはらんでいる。(ただ、見た目の問題としては、ユニコードでは、JISの仮名を表示できないかのごとくである。これは、JISコードとユニコードの関係を把握していないと、全体がわからない。)

とはいえ、なかで興味深い発表をひとつだけあげておくならば、次の発表だろう。

安岡孝一
ISO/IEC 10646:2017にない日本の漢和辞典の漢字

最新の版でも、現代の日本の漢字辞典……大漢和辞典、新大字典、新潮日本語漢字辞典、新字源……(それぞれ最新版)などの漢字で、ふくまれていないものがある。その多くは、異体字であったり、国字であったりである。これらの漢字が、これから、どのようなるのか、ここは注目しておかなければならないことである。

この論文は、すでにオンラインで公開されている。

http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~yasuoka/publications/2018-03-09.pdf

研究会がおわって、例年のように懇親会。家にかえったら、10時半ごろになっていた。来年は、2019年3月8日の予定である。それまでに、自分の勉強が少しでも進んだら、また発表しようかと思っている。(だが、それよりも、本を読む生活をおくりたいのであるが。)

関西大学の東西学術研究所に行ってきた2018-02-12

2018-02-12 當山日出夫(とうやまひでお)

2018年2月10日。関西大学で研究会があった。2017年度の関西大学東西学術研究所の研究例会。

いろいろ興味深い発表があった。まず、金水敏さん(大阪大学)の「村上春樹小説のキャラクター分析と翻訳」。それから、岡島昭浩さん(大阪大学)の「近代方言意識史を目指して-西郷隆盛はどう語らせられてきたか」。

これらは、国語学、日本語学の近年の用語でいえば、役割語とか方言コスプレなどの概念で論じられることのあるテーマである。

金水さんの役割語の発表、著書でその考え方を知ってはいたが、直接、口頭発表でこの話しを聞くのは初めてである。役割語と物語論の分析の融合をめざしていることは理解できるのだが、村上春樹以外の作品でどうなるのか、今後のこの研究の展開に期待したいと思う。

岡島さんの発表は、ちょうどNHK『西郷どん』の放送もあるので、タイムリーな発表であった。西郷隆盛という人物を論じるにあたって、鹿児島方言とのかかわりが、かなり以前からあったことが実証されていたように思う。(ただ、実際に西郷隆盛がどんなことばを話していたのか、このことについて、もうちょっとつっこんだ話しがあると面白かったのだが。)

それから、内田慶市さん(関西大学)の発表。関西大学の、KU-ORCASについて。関西大学も、これからの日本において、東洋学研究を中心にして、拠点として名乗りをあげることになる。その意義を語ったものであった。他にも、日本では、拠点となるべき研究機関、大学などあるが、これから、これらが相互に連携して、デジタル技術をつかって、新たな自分学知の構築ということになるのであろう。

上阪彩香さん(大阪大学)の発表は、私はこれまで何度か聞いてきた、浮世草子の計量分析の話し。このような話し、純然たる人文学系の研究者を相手にして、どのように説得力のある話しをすればいいのか、これは、これからの課題かもしれない。これから、いわゆる文理融合、文理連携の研究領域がひらかれていくなかで、このような研究が重要になってくるにちがいない。

沈国威さん(関西大学)の発表、近代語研究とコーパスの話し。日中の対照言語学の観点から見て、中国語、日本語ともに、近代語の形態素解析とコーパスの構築の重要性を認識させるものであった。

私の話したのは、JIS仮名とUnicode仮名について。これまで、表記研究会、東洋学へのコンピュータ利用セミナー(京大)などで、話してきたものを、整理して、加筆して発表。これは、来月の東洋学へのコンピュータ利用セミナーでも話しをする予定である。特に、秋萩帖の仮名についてこれから考えなければならないと思っている。

仮名という一見すると、自明で当たり前のことのように思える文字であっても、コンピュータで使う文字として仮名・変体仮名がどのように決まっているのか、どう運用することが求められるのか、この方面のことになると、研究はこれからである。

終わって、発表者を中心に懇親会。大学近くのイタリアンのお店。久々に家のそとで楽しくワインなど飲んで、充実した時間だった。

国語語彙史研究会(117回)に行ってきた2017-12-11

2017-12-11 當山日出夫(とうやまひでお)

土曜日(12月9日)は、第117回の国語語彙史研究会。近畿大学(東大阪)であったので、行ってきた。

たまたま子供が仕事が休みで、遊びに行くので、そのついでに駅まで一緒。ちょっと時間が早めになったが家を出る。我が家からだと、八戸ノ里から行くことになる。各停しか止まらないのが、ちょっと不便であるが。

早い目について、大学の近所のファミレスで昼食。コーヒーを飲んでから、大学へ。行ってみると実にきれいなキャンパスである。(これと比べると、京都の国立の大学など、スラムのように見えてくる・・・)

発表は、いつものように三件。今回も、ある程度、研究発表の経歴をつんだ人の発表だったので、それぞれに勉強になった。

漠然とした印象を書いておくならば……いい発表というのは、いい「問い」の立て方をしている発表である。「答え」として、鮮やかにきれいな結果を出す、ということもあるが、それよりも、この文献、このことば、この資料に、こんな見方があったのか、と気付かせてくれるような発表がいい。

終わって懇親会。新しく建物をつくっているキャンパスである。できたばかりの話題の図書館の中であった。ホテルのラウンジかと思うような会場。そのせいか、(それから、参加者が予定より少なかったせいか)、会費がいつもよりも高かった。

帰りも八戸ノ里まで歩いた。たまに外に出て、コンクリートやアスファルトの上を歩くと、つかれる。が、翌日は、いつものとおに起きて、子供を仕事に駅まで送っていく。

次回は、来年の4月、大阪大学でとのこと。

訓点語学会に行ってきた2017-10-26

2017-10-26 當山日出夫(とうやまひでお)

10月22日は、第117回の訓点語学会。東京大学で開催。ちょうど台風がきていて、どうなるか心配ではあったのだが、宿も予約してあることだしと思って、行ってきた。

午前中に聞いておきたい発表……『白氏文集』の漢字音についての発表……があったので、前日から行く。『白氏文集』の漢字音、特に、神田本の声点については、私が、その索引(漢字索引、訓読文索引)をつくったことの延長として、調べて学会発表して、論文に書いたことである。私の初めての訓点語学会での発表である。

頑張って調べたという発表ではあるが、やはり、『白氏文集』をあつかう上では、その本文の系統が、旧鈔本系か、版本系か、ということは、おさえておいた方がいいだろうと思った。(このことについては、質疑の時に発言しておいた。)

それから、神田本白氏文集の声点は、均一にはつけられていない。かなり意図的に、文字を選んでつけてある。このことは、「訓点語と訓点資料」に論文として書いたことである。(このことも、質疑で言っておいた。)

午後から、韓国の口訣学会からの招待研究発表。これは、面白かった。韓国に残っている訓点資料、口訣資料について、どのような資料が残っていて、どのような方法で研究するのか、その実際の研究者の発表を聞くことができたのは、非常に勉強になった。しかも、発表が、日本語で話をしてくれて、レジュメも日本語で書いてあったので、わかりやすかった。

日本の訓点語学会と、韓国の口訣学会は、これを出発点として、これからも、相互に国際交流をつづけていくことになるらしい。これはこれとして、きわめて喜ばしいことである。日本から、これからの若い人が韓国に行って発表することになる。また、韓国の研究者の発表を日本にいて接することもできる。これは、この分野の研究にとって、重要な意味のあることだと思う。

折悪しく台風がきていたので、懇親会(山上会館)もちょっと早めに切り上げることになった。また、二次会も行くには行ったが、店が早くしめてしまうということなので、そう長くいることはできなかった。かるくハイボールなど飲みながら、ちょっと話をして宿に帰った。

水道橋に宿をとってあったので、雨が降っていたが、歩いて帰った。電車に乗ったりするより、その方が早い。

翌日は、台風の影響で新幹線が少し乱れていたが、とにかく、午前中に東京を出て、昼を京都ですませて、家にかえった。我が家は、台風の影響で木の葉が散ったりしてはいたが、そう被害がなくてよかった。

国語語彙史研究会に行ってきた2017-09-18

2017-09-18 當山日出夫(とうやまひでお)

16日は、関西大学で、国語語彙史研究会。台風の影響で雨が降っていたが、行ってきた。

総じて感想をのべれば、レベルの高い研究会であると思う。まあ、発表した人たちは、それなりに研究者としてのキャリアのある人であるから、それも当然であるが。

ともあれ、私として関心を持ってきいていたのは……ことばを学問的にあつかう方法論について。いろんな研究分野、研究対象、また、それに応じて研究方法がある。だが、どのような研究をするにしても、基本的に守らなければならない、ふまえておかねばならない、基本的手続きというものがある。

今回の発表(三件)は、部分的には問題がないわけではないだろうが、おおむね基本的な方法論にしたがっていたと思う。私としては、結果としてその発表で何が言われているかもあるが、それよりも、そのことをいうために、どのような学問的な手続きをふまえているか、ということが勉強になったと思っている。

懇親会に出て、だいたい毎回同じようなメンバーとすごす。で、時間が早かったので……それから、翌日(17日)の表記研究会が中止ということだったので……二次会に。

大学の近くの、ちょっとおしゃれな感じのお店。関大の先生の知っている店とのことで、悪くはなかった。(このあたりも、お店の栄枯盛衰ははげしいらしい。行った店も、新しく出来たところとのこと。)

いろいろ雑談して、帰った。帰って、メールを確認してみると、17日の表記研究会は中止にする旨の連絡がはいっていた。賢明な判断だったと思う。大阪に暴風警報がでているような状態になったから、開催は無理ということになったであろう。

私の専門としては、あまり語彙には関係ないのであるけれども、主に、文献資料をつかって、ことば(日本語)を歴史的に研究するということで、この研究会は、いろいろ勉強になるところがある。次回は、12月である。たぶん、これも出席することになるかと思っている。