『ねじまき鳥クロニクル』(第3部)村上春樹2019-04-25

2019-04-25 當山日出夫(とうやまひでお)

ねじまき鳥クロニクル(3)

村上春樹.『ねじまき鳥クロニクル』(第3部 鳥刺し男編)(新潮文庫).新潮社.1997(2010.改版) (新潮社.19954)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100143/

続きである。
やまもも書斎記 2019年4月20日
『ねじまき鳥クロニクル』(第2部)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/20/9061932

第三部まで読んで思うことは次の二点だろうか。

第一に、やはりこの第三部になっても登場することになる井戸。井戸は、この世とあの世、この世界と別の世界、異界との境界である。であると同時に、また、胎内のイメージもある。この井戸の中に入ることが、この第三部でも、重要なモチーフになっている。

この今自分のいる世界とは別の世界が、日常のすぐ傍らにある、このことの文学的イメージを象徴しているのが井戸ということになるのだろう。

第二に、この世界が解体していくような不思議な感覚である。この小説は、あまり脈絡のないようないくつかの物語からなっている。それらの物語の相互の関係がどうなのか、最後まで不明のままである。これはこれでいいのだと思う。そうではなく、この世界というものが、実は、様々な物語に解体できてしまうものであること、このことの文学的表現として理解すべきであろう。

以上の二点が、『ねじまき鳥クロニクル』を読んで思うことである。

前にも書いたが、村上春樹という小説家は、現代において、芸術としての文学を書ける希有な作家であると思う。『ねじまき鳥クロニクル』全編をとおして、ひとつの芸術的世界を構築している。それは、現実と思われているこの世界を、分解して解体していく、バラバラにしていく、そして、それぞれの世界から再度、この世界をプリズムを通すようににして見る視線。それは、ある場合には、時空が歪んでいるかのごとくであるが、それは、村上春樹の書いた物語のプリズムを通して見ているからである。

次は、『ノルウェイの森』を読むことにしよう。

追記 2019-04-26
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月26日
『ノルウェイの森』(上)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/26/9064561

『ねじまき鳥クロニクル』(第2部)村上春樹2019-04-20

2019-04-20 當山日出夫(とうやまひでお)

ねじまき鳥クロニクル(2)

村上春樹.『ねじまき鳥クロニクル』(第2部 予言する鳥編)(新潮文庫).新潮社.1997(2010.改版) (新潮社.1994)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100142/

続きである。
やまもも書斎記 2019-04-19
『ねじまき鳥クロニクル』(第1部)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061574

この巻も、不可解な物語であるが、読みながらふと思わずにその物語世界のなかに没入していることに気付く。

思うことを書けば、次の二点になるだろうか。

第一は、井戸。

この第二部でも、第一部の終わりに出てきたように、井戸が出てくる。主人公の家の裏の路地を行ったところの家にある。その井戸の中に主人公は入り込む。そして時間をすごす。夢を見る。

もともと「井戸」というものが、ある意味では異界との境界、あるいは、異界そもものであるとも解釈できる。しかも、その異界に身をおいて、夢を見る。これは、何を意味しているのだろうか。

この世界と、別の世界が、井戸のなかで反転し、融合する。

第二に、自己の浮遊。

この世界において、自分として認識している自分は何であるのか。それは、別の世界にいる別の自分の影のようなものかもしれない。自分自身が、この世界と別の世界に分離していくような感覚におちいる。浮遊する自己とでもいえばいいだろうか。

以上の二点が、この『ねじまき鳥クロニクル』の第二部「予言する鳥編」を読んで感じるところである。

おそらく、村上春樹は、二〇世紀の終わりから、二一世紀にかけて……それは、日本の年号でいえば、平成という時代になる……において、文学的想像力で何が可能か、その極限を追求した作家であるといえるだろうか。ここには、もはや一九世紀的なリアリズムの感覚は通用しない。文学的感性とともに、この世界と異世界の間をただようだけの意識の感覚とでもいうべきものである。

次は、第三部になる。これも続けて読むことにしよう。

追記 2019-04-25
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月25日
『ねじまき鳥クロニクル』(第3部)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/25/9064115

『ねじまき鳥クロニクル』(第1部)村上春樹2019-04-19

2019-04-19 當山日出夫(とうやまひでお)

ねじまき鳥クロニクル(1)

村上春樹.『ねじまき鳥クロニクル』(第1部 泥棒かささぎ編)(新潮文庫).新潮社.1997(2010.改版) (新潮社.1994)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100141/

『国境の南、太陽の西』につづけて読んだ。

やまもも書斎記 2019年4月18日
『国境の南、太陽の西』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/18/9061185

不思議な小説だなあ、というのが第一部を読んでの感想。

特に、最後の方に出てくるノモンハンでのできごと。なかんずく、井戸に落ちること。これは何を意味しているのだろうか。常識的に考えれば、井戸はこの世とあの世の通り道。境界である。あるいは、井戸におちるということで、一度、死の体験を擬似的に経るとでも解釈できるだろう。

そういえば、主人公の家の裏の路地。これも、どうやら異界への入り口のようにも解釈できる。

村上春樹の作品を読んでいると、この世界が、ふとしたことで別の世界に反転してしまうような感覚になることがある。

ともあれ、村上春樹の作品をさかのぼって読んでいるのだが、この『ねじまき鳥クロニクル』においても、村上春樹ワールドとでもいうべき感覚の中にひたることになる。1994年、平成になってからの作品である。平成という時代、それまでのリアリズムの発想ではとらえることのできない、奇妙な異次元の世界を描いているとでも言ったらいいのだろうか。その異次元の世界も、どこか特別なところにあるというのではなく、ごく普通の日常生活の裏側にある、そんな感覚である。

次の第二部を読むことにしたい。

追記 2019-04-20
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月20日
『ねじまき鳥クロニクル』(第2部)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/20/9061932

『国境の南、太陽の西』村上春樹2019-04-18

2019-04-18 當山日出夫(とうやまひでお)

国境の南、太陽の西

村上春樹.『国境の南、太陽の西』(講談社文庫).講談社.1995 (講談社.1992)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000197175

『スプートニクの恋人』につづけて読んだ。

やまもも書斎記 2019年4月15日
『スプートニクの恋人』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/15/9059902

読後感をひとことで言えば……雨とジャズの似合う小説、とでもなるだろうか。そして、雨とジャズには、孤独がよりそっている。

特に波瀾万丈のストーリーがあるというのではない。ごく普通の人生をおくっている主人公。その子どものときのころから、成長して、何人かの女性とめぐりあい、やがて、ジャズ・クラブを経営するようになる。そこにあらわれる、幼なじみの女性。再会と別離。

この小説を読みながら感じるのは、他の村上春樹作品と同様に、日常生活が反転したところにある逆像の深淵とでもいうべき感覚だろうか。いま生きている日常は、ひょっとすると架空のものなのかもしれないという不安がよぎる。ふと別の世界に反転してしまったのではないかというような、奇妙な感覚。

これまで、『1Q84』から、概ねさかのぼるかたちで村上春樹作品の長編を読んできて、この作品には、特に「孤独」を感じる。現代的で、どことなく抒情的であり、また、乾いた感じのする「孤独」である。

この作品が書かれたのは、1992年。東西冷戦の終わりのころである。そのころの世相はどんなだったろうか、と思い起こしてみる。作中、70年安保のことがすこしだけでてくる。それも、主人公の関心をひかなかった、当時の時代の一コマとしてである。この小説は、きわめて非政治的である。

読みながら、ふと主人公の気持ちに共感して、作品世界の中にはいっていく感じがする。日常の生活の裏側にある、ふとした不安のようなもの、それは、主人公の「孤独」な感情と言っていいだろうか。また、再会することになった相手の女性も、なにがしかの「孤独」をかかえて生きているように読める。

現代社会の孤独感を、雨とジャズを背景に、抒情的に描いた作品であると読んだのであるが、どうであろうか。

追記 2019-04-19
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月19日
『ねじまき鳥クロニクル』(第1部)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061574

『スプートニクの恋人』村上春樹2019-04-15

2019-04-15 當山日出夫(とうやまひでお)

スプートニクの恋人

村上春樹.『スプートニクの恋人』(講談社文庫).講談社.2001 (講談社.1999)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000202189

『アフターダーク』の次に読んだ。だんだん、さかのぼって読んでいる。

やまもも書斎記 2019年4月13日
『アフターダーク』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/13/9059054

これまでいくつかの村上春樹の作品(長編)を読んで来て、その特徴というべきものがつかめてきたような気がする。

第一には、散文詩、とでもいえばいいだろうか。あるシーンに、あるいは、全編にただよっている詩情である。

この『スプートニクの恋人』は、主に三人の登場人物である。ぼく、すみれ、ミュウ、この三人である。この三人をめぐる奇妙な恋の物語。そして、すみれの失踪。全体にわたってストーリーの展開の面白さがあるという作品ではない。主な三人の登場人物の不思議な関係がじっくりと描かれる。そして、場面はギリシャに移る。そのギリシャでの事件も謎に満ちているというよりも、ただ不可思議な事件が起こる……謎の失踪。

消えたすみれはどこにいったのか……向こう側の世界にである。

第二には、こちらの世界と向こうの世界、二つの世界が鏡像のように交錯する、奇妙な作品世界、とでもいおうか。といって、怪奇とかいうのではない。ただ、こちらの日常の世界が反転して、向こうの世界に、ふとはいりこんでしまう、そんな感じである。

この世界が反転する感覚、これこそ村上春樹文学の本質につながるものだろう。そして、この世界と向こうの世界をつなぐ回路になっているのが、夢である。村上春樹の文学は、夢の文学であるともいえるだろうか。

この次に読もうとおもっているのは、『国境の南、太陽の西』である。

追記 2019-04-18
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月18日
『国境の南、太陽の西』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/18/9061185

『アフターダーク』村上春樹2019-04-13

2019-04-13 當山日出夫(とうやまひでお)

アフターダーク

村上春樹.『アフターダーク』(講談社文庫).講談社.2006 (講談社.2004)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000204238

『海辺のカフカ』につづけて読んだ。

やまもも書斎記 2019年4月11日
『海辺のカフカ』(上)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/11/9058266

やまもも書斎記 2019年4月12日
「海辺のカフカ」(下)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/12/9058693

この小説は、浮遊する視点の物語である。

深夜のファミレスからスタートする。そして、その夜明けまでの各種のできごとが、さまざまな視点から語られる。その視点に一貫性は無いように感じられる。これを、私は、視点が浮遊していると感じて読んだ。

普通、一般に小説というのは、物語る視点は固定されているものである。時に、それが、いくつか入れ替わることはあっても、基本的に揺れることはない。

だが、この小説の視点は、あたかも鏡に映った像のように、時として、視点が交錯する。そして、一箇所にとどまることがない。この世界を宙空にただよって、あるいは近づき、あるいは遠のきしながら、複数の登場人物の間をゆれうごく。

それから、この作品でも出てくるのが「眠り」。人が眠っている時間とは、その人にとって何であるのだろうか。村上春樹の作品には、これまで読んだものにおいても、「眠り」と「夢」が出てきている。おそらく、村上春樹作品を読み解くキーになるのが、「眠り」であり「夢」であることは理解される。

村上春樹の作品を、ほぼ年代をさかのぼって、長編を読んでいっている。次に読もうとおもっているのは、『スプートニクの恋人』。

追記 2019-04-15
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月15日
『スプートニクの恋人』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/15/9059902

『海辺のカフカ』(下)村上春樹2019-04-12

2019-04-12 當山日出夫(とうやまひでお)

海辺のカフカ(下)

村上春樹.『海辺のカフカ』(下)(新潮文庫).新潮社.2005 (新潮社.2002)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100155/

続きである。
やまもも書斎記 2019年4月11日
『海辺のカフカ』(上)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/11/9058266

『海辺のカフカ』を下巻まで読み通して、深い文学的感銘をおぼえる。

だが、ストーリーは、ある意味では荒唐無稽である。しかし、これは、時空のゆがんだ村上春樹の物語世界である。この物語世界は、村上春樹のプリズムをとおして、ゆがめられて、この世の文章として定着してある。しかし、そのもとをたどっていけば、ある究極の一点、それは、世界の始原とでもいうべき一点に収斂していく。

『海辺のカフカ』を読んだ印象をのべれば、上記のようになる。

ただ、リアルな小説として読んだのでは、この作品はつまらない。ありえないようなストーリーの展開なのだが、それを読むなかで、思わずに物語世界の中に没入して読みふけるような感覚がある。この感覚を感じない人にとっては、ただわけのわからない小説ということになるのかもしれない。

なるほど、村上春樹がノーベル文学賞の候補になるだけのことはある、そう感じさせる作品である。この作品は、ある種の世界性、普遍性がある。一見すると不整合に見えるこの世界のできごとは、視点を変えることで、ネガがポジになるように反転して見える。いや、それ以上に、キュビズムの絵画のように、いくつかの視点が交錯しめくるめく反転する物語が、全体として、一つの究極の姿をその背後に描き出す。それは何か……それは、もはやことばでは表現できないものであるとしかいいようがないのかもしれない。しかし、そのことばにはならないものに、あくまでもことばで構築する物語として、その始原にせまっていく。

おそらく、文学というものが芸術であるとするならば、村上春樹は、芸術としての文学の書ける希有な作家であることはまちがいない。

追記 2019-04-13
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月13日
『アフターダーク』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/13/9059054

『海辺のカフカ』(上)村上春樹2019-04-11

2019-04-11 當山日出夫(とうやまひでお)

海辺のカフカ(上)

村上春樹.『海辺のカフカ』(上)(新潮文庫).新潮社.2005 (新潮社.2002)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100154/

『1Q84』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』につづけて読んだ。だいたい、年をさかのぼって読んでいることになる。

やまもも書斎記 2019年4月9日
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/09/9057420

この作品、上巻を読んだかぎりの印象をひとことでいえば……芸術的感銘、としかいいようがない。作品のストーリーは、ある意味で荒唐無稽とさえいえる。旅に出たひとりの少年、戦争中におこった山中での不可解な事件、何故か猫のことばがわかる人間……ありえないようなこれらのストーリーを追っていくなかで、ふと作品世界の中に没入して読みふけっている自分に気付く。そこにあるのは、文学的な何かでしかない。

おそらく、現代において、村上春樹は、芸術としての文学が書ける数少ない作家の一人であることを確信する。その作品は、芸術である。

だから、その作品がわかるためには、文学的感性、芸術的想像力とでもいうべきものが必要になる。でなければ、この作品は、ただの空想の話しにすぎない。

そして、村上春樹の人間理解は深い。ある意味で希有なヒューマニストと言ってもいいのかもしれない。

ふと思って村上春樹の作品を読んでいるのだが、ここにきて、彼が、ノーベル文学賞候補になっている理由が理解できたような気がする。芸術としての文学的普遍性が、その作品にはある。

次は、下巻である。どのような村上春樹の世界が展開することになるか、楽しみに読むことにしよう。

追記 2019-04-12
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月12日
『海辺のカフカ』(下)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/12/9058693

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹2019-04-09

2019-04-09 當山日出夫(とうやまひでお)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上春樹.『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文春文庫).文藝春秋.2015(文藝春秋.2013)
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167905033

『1Q84』につづけて読んだ。

やまもも書斎記 2019-04-06
『1Q84』BOOK3(後編)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/06/9056096

私は、これまであまり村上春樹の書いたものを読んでこなかった。若い時にそのいくつかの作品を手にしたことはあるのだが、その後、読者になることすぎてしまった。だから、村上春樹の世評が高いことは知ってはいるが、その評価の内実ということにはとんとうとい。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読んで感じること、それは、主人公のつくるが、駅を作っていることへの関心である。駅……それは、現代において、〈境界〉を意味する空間かもしれない。かつて、古代から中世において、河原や橋や峠などが、この世とあの世、この世界と別の世界、その分岐点であり、それらをつなぐ存在であったように。このようなことは、民俗学、あるいは、民族学において、常識的な見解だろう。

駅をとおって、人は旅に出る。移動する。別の空間に向かう。この現代の〈境界〉とでもいうべき駅をつくる主人公が設定されているのは、どういう理由によるのだろうか。別にこの小説の主人公の仕事が駅を作ることでなくても、たとえば銀行員などであっても、十分にこの小説はなりたつのかもしれない。しかし、読後感としては、やはり、駅でなければならない何かがあるように感じさせる。

村上春樹の文章を読んで思うことは、読み進むにしたがって、この世界から、ひとつベールを隔てた別の世界に迷い込むような感覚である。あるいは、街をあるいていて、角をまがるごとに、別の風景が展開するとででもいうべきだろうか。

この小説において、主人公のつくるは、ある謎を追っていく。そして、旅に出る。旧友と再会する。だが、その結果は、何も得られていないようである。謎の真相があきらかになるということはない。謎は謎のままである。だが、そこに不満は感じない。読んで感じるのは、主人公の旅の充足感である。

あるいは、その先の世界を感知するギリギリのところに位置しながら、立ち止まっている、何かしら奇妙な感覚とでもいうべきだろうか。その向こうの世界への漠とした予感のようなもの。それを感じながら、そこで立ち止まっている、何かしら不思議な感覚。

駅にはさまざまな人のながれがある。その生活がある。旅がある。その〈境界〉の場所である駅に、主人公は魅了されている。多くの人びとの結節点であり、分岐点である駅。その駅にたたずむことが、主人公の位置する場所ということになる。

この小説は、現代において人びとをひきつけるだけの魅力をもっている。

追記 2019-04-11
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月11日
『海辺のカフカ』(上)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/11/9058266

『1Q84』BOOK3(後編)村上春樹2019-04-06

2019-04-06 當山日出夫(とうやまひでお)

1Q84(6)

村上春樹.『1Q84』BOOK3(後編)(新潮文庫).新潮社.2012(新潮社.2010)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100164/

続きである、
やまもも書斎記 2019年4月5日
『1Q84』BOOK3(前編)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/05/9055671

読み終わった。先に書いたように、村上春樹の小説は、若いころにいくつか手にした記憶があるのだが、それほど熱心な読者になるということもなく、今まで来てしまった。平成が終わるときにあたって、村上春樹を読んでおきたくなって読んだ。

『1Q84』の全編を読んで感じることは、次の二点だろうか。

第一には、やはりこれは、パラレルワールドの話しであったということ。読みながら、何となくそんな予感があったのだが、結末のところにいたって、別の世界に移動することになる。そして、その世界の入り口は、例の首都高である。

第二には、この作品にどことなくただよっている詩情である。ストーリーの展開は、ある意味でどうでもいい。この作品が、ふとしたところで描いてみせる、きわめて抒情的なシーン。

『1Q84』は、『猫町』(萩原朔太郎)を意識していると感じさせる。ふとした瞬間に、この世界が反転してネガがポジになるような、あるいは、上下がひっくり返って別の世界にほうりこまれるような、そんな場面が、いくつかある。

この意味……強いていえば、散文詩的要素とでもいえようか……この作品のストーリーの展開は、どうでもいいことのように思える。荒唐無稽であっても、それで十分なのである。リアリズムの作品として読んではいけない。詩情を感じながら読むべき作品である。

以上の二点が、この『1Q84』を読んで感じるところである。

たぶん、これは、平成という時代を代表するにふさわしい作品である。もはやリアリズムの手法では描くことのできない、この世界というもの。まさに、失われた時代というべき平成にふさわしいと感じる。

平成の次の時代、村上春樹はどんな作品を書いていくことになるのだろうか。その前に、これまでの村上春樹作品、まずはその長編を読んでおきたいと思う。次は、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』である。

追記 2019-04-09
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月9日
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/09/9057420