秋の木々2017-11-22

2017-11-22 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真の日。が、今日は、花ではなく樹木。秋の木々の様子である。

秋になって紅葉のシーズンである。我が家でも、ちょうどモミジ、イチョウななどが色づいて葉っぱが地面に散るころになっている。しかし、秋になって色のかわる木は、モミジだけではない。いろんな木が、秋になると様子を変える。

近所に散歩にでるとき、カメラをもってでる。その時に、ふと目にとまった秋の景色を写したものである。特に紅葉がきれいだというのではない。晩秋の山、里の、秋の風景である。どうということもない風景であるが、このような景色にしみじみとしたものを感じるようになってきた。

みわたせば はなももみぢも なかりけり うらのとまやの あきのゆふぐれ

むかし、高校生のころに読んで憶えた歌である。唐木順三の本で知っただろうか。この歌で歌われているように、ただの秋の風景に、ふと心がひかれるように感じる。これも、私が、年をとってきたせいかもしれない。紅葉の名所というのではない、どこにでもありそうな雑木林の秋の景色に心なごむのである。

秋の木々

秋の木々

秋の木々


秋の木々

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

ニシキギ2017-11-15

2017-11-15 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日は、ニシキギ。

家の中庭で花のさいている木を目にした。とりあえず、写真には撮ってみた。名前がわからないので、WEBで質問してみた。ニシキギか、あるいは、コマユミらしい。小さい板状のものが枝から出ていれば、ニシキギとのこと。手元の図鑑などでも、確認してみるとそのように書いてある。

改めて再度見てみると、枝から小さい板状の突起がでているのが確認できる。ニシキギである。

例によって、ジャパンナレッジで日本国語大辞典を検索してみる。ニシキギの項目では、多識編(1631)から用例がある。近世になってから、この名称で残っているようである。

ただ、「にしきぎ」ということば自体は、古く、拾遺和歌集からある。ただ、樹木の名称としてではない。「にしきぎ(錦木)」という語は、なんとなく雅びである。語としては、かなり古くから使われてきたようである。

ニシキギ

ニシキギ

ニシキギ

ニシキギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

センリョウの実2017-11-08

2017-11-08 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花(植物)の写真の日。庭のセンリョウの木が、実をつけはじめている。この木の花については、以前に、このブログに掲載したことがある。

やまもも書斎記 2017年7月12日
センリョウの花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/07/12/8618755

見てみると、この時に写した木が、すべて実をつけているとはかぎらないようだ。まったく実をつけていない木もある。これは、どうしたことなのかと思うのだが、もうちょっとよく観察しておけばよかったかと今になって思う。

庭にいくつかあるのだが、概ね、赤い実をつけるようである。

これから冬になって、花の乏しくなる時期、庭で、このセンリョウの実の色が鮮やかに目につくようになる。寒くなった頃、また写してみようかと思っている。

センリョウ

センリョウ


センリョウ


センリョウ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR f/3.5 85mmG ED VR

ヤツデ2017-11-01

2017-11-01 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日はヤツデである。地味な白い花をさかせる。

我が家の近辺にいくつか植わっている。見ていると白い花のようなものがある。花が咲いているようである。調べてみると、ヤツデは秋に花をつけるとある。

ジャパンナレッジで、日本国語大辞典を検索してみる。

ウコギ科の常緑低木。用例の初出例は、俳諧・毛吹草(1638)に、「八手の花」としてあるのが最初である。江戸時代の初めから確認のとれることばのようである。

これまで、ヤツデの葉を見ることはあっても、花をしげしげと見ることはなかった。身近な植物など写真に撮り始めて、気付いた花のひとつである。そろそろ紅葉のはじまろうかというころに咲く、清楚な感じのする花である。季語としては、「やつでの花」として、冬になるとのこと。

ヤツデ

ヤツデ


ヤツデ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

アレチヌスビトハギ2017-10-25

2017-10-25 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。アレチヌスビトハギである。

先月から、今月にかけて、折りを見て撮影したもの。庭のあちこちに咲いている。花だけを、クローズアップで撮ってみると、それなりに風情のある花である。

ところで、この花が秋になって実をつけると、いわゆる「ひっつきむし」になる。

ジャパンナレッジで「ひっつきむし」を検索してみる。日本国語大辞典で、「ひっつきむし」はヒットするのだが、この植物については出てこない。出てくるのは、(2)として、「藪虱(やぶじらみ)の実。」としてある。大阪の方言としてである。

私のつかうことばでいうと、草の実で衣服につく性質のあるものを総称して「ひっつきむし」と言っている。そのなかで、アレチヌスビトハギは、その代表の一つでもある。

Googleで「ひっつきむし」を検索してみると、いくつかの植物が出てくる。その一つに、アレチヌスビトハギもある。

「ひっつきむし」の語誌については、さらに研究の余地が残っているようだ。

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

ホトトギス2017-10-18

2017-10-18 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。

我が家のホトトギスの花が咲き始めている。図鑑など見ると、厳密にはタイワンホトトギスという種類らしい。園芸種として、一般の庭などに咲く種類である。

ジャパンナレッジで、日本国語大辞典を検索してみる。「ほととぎす」の項目の二番目に、「杜鵑草・油点草」としてあがっている。

用例は、古いものが、花壇地錦抄(1695)である。近世になってから、この名前で呼ばれるようになったらしい。鳥のホトトギスに姿、色合いが似ているからこの名前になったとのこと。

鳥のホトトギスが鳴くのは、初夏である。我が家の近辺でも、初夏の季節にはホトトギスの鳴き声が聞こえてくる。

花の方のホトトギスは、秋に咲く。季語としては、秋になる。

そのつぼみのときから、徐々に花が咲くまでの様子を写真にとってみた。今が、ちょうど花のシーズンである。

ホトトギス

ホトトギス

ホトトギス

ホトトギス

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

エノコログサ2017-10-11

2017-10-11 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日は花ではなく草。エノコログサである。

家のまわりあちこちに見ることできる。ごく普通に生えている草である。ネコジャラシともいう。

ジャパンナレッジで「エノコログサ」を検索してみる。日本国語大辞典では、撮壌集(1454)に「狗尾草 ヱノコロクサ」とあるのが最古例。撮壌集とは、中世の古辞書のひとつである。「えのころぐさ」の名称が、中世からつかわれていたことになるのだろう。

ところで、「ねこじゃらし」の方であるが、これを検索してみると、植物名としてしては、日本国語大辞典に見出しの掲載がない。「えのころぐさ」の項目には、「ねこじゃらし」も書いてあるのだが、用例はない。

今、普通につかっている「ねこじゃらし」の語は、いったいいつごろから使われ始めたものなのだろうか。ちょっと気になっている。

エノコログサ

エノコログサ

エノコログサ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

2017-10-04

2017-10-04 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。今日は、萩。

萩は、秋の七草のひとつである。日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見ると、古くは、播磨風土記に用例がある。それから、万葉集にもある。漢字の「萩」が当てられているものとしては、和名抄(十巻本)が、古いようだ。

我が家の近辺にもいくつか萩の花が咲く。赤いものと、白いものである。彼岸花同様、これも、秋の季節を感じる花の一つといっていいであろう。

花の一つを、接写してみると、これはこれでまた違ったイメージがある。

今月にはいって雨の日が多い。ここの写真は、先月、折りを見て写してみたものである。

萩

萩

萩

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

彼岸花2017-09-27

2017-09-27 當山日出夫(とうやまひでお)

新学期がはじまったが、水曜日は花の写真にする。

彼岸花の季節である。曼珠沙華ともいう。我が家の近辺でも、ところどころで彼岸花の咲いているのを見ることができる。そのいくつかについて、写真を撮ってみた。

自動車を運転していても、道ばたに彼岸花が咲いているのが目につく。といって、自動車をとめて、あるいは、わざわざ自動車を運転して、写真を撮ろうとまでは思っていない。

彼岸花自体がフォトジェニックであるといえるかもしれない。だが、特に背景を選ぶ、あるいは、背景をぼかすようにしなければ、いい写真にはならない。が、まあ、そんなことはいいとしておく。一年を通じて、身近な草花を写真に撮っていく、そのような生活をおくりたいのである。

よく言われることとしては、彼岸花には毒がある。だから食べてはいけない。しかし、その毒を除いてしまえれば、食用になる。昔は、飢饉のときなどの非常用の食料になった……本当に毒があるかどうか試してみようとは思わない。現代の人間としては、ちょうど秋の彼岸のころに咲く花、季節が秋になったことを知らせてくれる花として、愛でていればいいのだと思う。


ヒガンバナ

ヒガンバナ


ヒガンバナ

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

雨の光景2017-09-20

2017-09-20 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。といっても、今回は、葉っぱと雨のしずくである。

夏が終わって、秋雨のシーズンである。雨が降った日は、外に出て写真を撮ることはない。が、雨のやんだ後とか、やみまをみて、庭の木々を見てみる。

雨の日には、雨の日ならではの光景がみられる。庭の木の葉っぱや実についた水滴など、接写で撮ってみると、普段とはちがった印象がある。雨の日には、雨の日なりの写真の楽しみがあるとすべきなのであろう。

カエデ


ジンチョウゲ


マンリョウ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR