『西郷どん』あれこれ「寺田屋騒動」2018-06-19

2018-06-19 當山日出夫(とうやまひでお)

『西郷どん』2018年6月17日、第23回「寺田屋騒動」
https://www.nhk.or.jp/segodon/story/23/

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月12日
『西郷どん』あれこれ「偉大な兄 地ごろな弟」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/12/8892549

今回は、寺田屋騒動の一件。NHKの大河ドラマで、寺田屋騒動は、何度か描かれてきていると思う、そして、そのいくつかを見たと思う。今回の描き方は、薩摩のパトリオティズム(愛郷心)を軸に描いた寺田屋騒動ということになるのだろう。

今回の登場人物のほとんどは、薩摩の人間。まあ、幕末を薩摩の視点で描いているのだから、そうなるといえばそうなのだが。薩摩、それも、鹿児島の郷中の小さな人間関係におさまる人物がメインであった。鹿児島の郷中で、幕末から明治維新をなしとげ、そのときにあった、ある悲劇としての寺田屋騒動であった。川でウナギを捕るシーンに象徴されている郷中の仲間どうしで、殺し合わねばならない理不尽としての寺田屋騒動として描かれていたと思う。

ところで、よくわからないのが、時代の流れと西郷の関係。これまでのところ、幕末の重要な局面で、西郷は、その場面にいない。桜田門外の変の時には、奄美大島に流されていた。そして、今回の寺田屋騒動のときも、薩摩に幽閉されていた。江戸にいたときは、斉彬のお庭方であり、西郷が中心人物として、歴史の中にあるということはなかった。だが、そのような西郷を中心にして、これからの薩摩藩は、倒幕の中心になっていくことになる。江戸城の開城もある。明治維新後は、西郷、それから、大久保とで、日本の近代の礎を作ることになる。

その西郷が、ともかく、「西郷」という人格でしかないように思える。その「西郷」という人格の形成に、故・島津斉彬の薫陶あってのことであることは分かるのだが、しかし、その具体的人物像がいかにして成り立っているのかとなると、茫漠としている。が、だからこそ「西郷」という人格に、明治維新の立役者としての存在感があるということなのかもしれないが。

また、なぜ、尊皇攘夷なのか、これもよくわからない。時代の空気としかいいようがないものかもしれない。たぶん、これから明治になってからの近代も、よくわからないままでいきそうな気がしてならない。尊皇攘夷とか、倒幕とか、近代とか、時代の流れのなかにあって、屹立した一つの人格としての「西郷」を、これからこのドラマは描いていくのだろうと思っている。

映像の世紀プレミアム「独裁者3人の“狂気”」2018-06-18

2018-06-18 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK 映像の世紀プレミアム 第9集「独裁者 3人の“狂気”」
http://www4.nhk.or.jp/P4235/x/2018-06-16/10/32594/2899067/

土曜日の放送を録画しておいて、日曜日に見た。見て思うことはいろいろあるが、印象的だったことを二点に絞ってみたい。あつかわれていた「独裁者」は、ムッソリーニ、ヒットラー、スターリンである。

第一に、ヒットラーに対するスターリンの評価である。ベルリンの最後が近づいてきたときにも、内部からの崩壊ということはなかった。スターリンは、ヒットラーを高く評価していた。ドイツを、あそこまで一つにまとめ上げることができたのは、ただの狂人にできることではない、と。

第二に、そのスターリン再評価の動きである。確かに多大な犠牲を出したかもしれないが、スターリンのもとでソ連は飛躍的な発展をとげた。何よりも、ヒットラーに勝つことができた。これは、功績とすべきではないか、ということ。

他にも感じるところはかなりあるが、特に印象に残っているのは、上記の二点になるだろうか。

今後、ヒットラーが再評価されることはないだろう。しかし、その統治の手法とでもいうべきものは、今後、一層研究されることになるかもしれない。

ところで、番組(録画)を見ながら感じたことは、NHKでも、スターリン批判をここまで放送するようになったか、という感慨めいたものである。1955年生まれの私としては、スターリン批判を直接に記憶しているわけではない。だが、社会主義の正義を体現した国としてのソ連という国があった時代、そのように人びとに思われていた時代、冷戦時代を記憶している。その時代にあって、スターリンもまた、ある一定の評価はなされていたように思う。今日のようなスターリン批判が可能になったのは、東西冷戦終結を受けてという印象を持つ。だが、それは、同時に、今日のロシアにおける、スターリン再評価にもつながっていることになる。

また、番組は、ルーマニアのチャウシェスク大統領の最期の時の映像からスタートしていた。これも、印象的である。例えば、旧ユーゴスラビアなど東欧諸国は、ある時期の日本においては、ある種の理想として語られていたという記憶がある。ソ連でもない、中共(もうこんな言い方しないだろうが)でもない、あるべき姿としての東欧のユーロコミュニズムが、理想とともに語られていた。旧ユーゴスラビアのチトー大統領は、理想化されていたように記憶している。その理想も、今では、無かったかのごとくである。

スターリン批判の検証も必要と思うが、東欧ユーロコミュニズム礼賛もきちんと今日の眼から検証しておくべきだと感じている。

『半分、青い。』あれこれ「デビューしたい!」2018-06-17

2018-06-17 當山日出夫(とうやまひでお)

『半分、青い。』第11週「デビューしたい!」
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/story/week_11.html

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月11日
『半分、青い。』あれこれ「息がしたい!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/11/8891893

漫画作品についての秋風羽織の思いは、このドラマの脚本、北川悦吏子の思いにも通じるものがあるのかもしれない。

この週は、前半から後半にかけて大きく話しが動いた。印象に残るのは、次の二点。

第一に、律との別れである。

鈴愛は、正人に振られている。そして、律とも別れることになった。これはいいとして、いったいいつから鈴愛と律は、お互いを恋人と意識してきたのだろうか。そこのところが曖昧である。だが、結果的に二人は別れることになった。

これは、恋人になろうとしてなれなかった幼なじみ、ということなのかもしれない。お互いを恋の相手と認識する前に、清(さや)が割り込んできたことで、お互いのことに気付く。だが、その気付いたときは、時はすでに遅い。恋人を意識することが、即座に、別れにつながってしまっている。

第二に、鈴愛の漫画家デビューである。

このドラマ、始まるまでの予告では、片耳が聞こえないというハンディを背負ったヒロインが、明るく生きていく姿を描く……であったように覚えている。漫画家として、ということは言われていなかったはずである。

が、ドラマの進行とともに、鈴愛は、秋風を師匠として、漫画の世界に生きていくことになる。二年が経過した。

その漫画家を目指す鈴愛に対して、秋風は厳しい。ネタをパクったボクテを破門にするのはいいとしても、鈴愛に対しても、厳しく対応している。自分のネタをひとに渡すようでは、プロ意識として失格であると。

ここまで厳しい言葉を秋風から言われた鈴愛は、今後、漫画家の道を選ぶか、それとも、漫画家を断念するか、どちらかしかないのだろう。(予告では、漫画家の道を選ぶようであるが。)

以上の二点が、この週で印象に残っているところである。

特に、創作者としての漫画家がどうあるべきかという秋風の姿は、このドラマの作者である北川悦吏子自身の姿に重なるところを感じる。この意味では、この作品、北川悦吏子にとって渾身の作と言っていいのだろう。(無論、これ以外の作品もそうであるにちがいないのだろうが。)

そして、律がどのように再登場することになるのか、期待して見ることにしよう。

『西郷どん』あれこれ「偉大な兄 地ごろな弟」2018-06-12

2018-06-12 當山日出夫(とうやまひでお)

『西郷どん』2018年6月10日、第22回「偉大な兄 地ごろな弟」
https://www.nhk.or.jp/segodon/story/22/

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月5日
『西郷どん』あれこれ「別れの唄」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/05/8874400

今回は、兄弟のものがたりだった。

第一には、島津斉彬(故人)と、その弟(久光)のこと。江戸で斉彬のお庭方として仕事をしていた西郷には、斉彬の人物の大きさが見える。それにくらべれば、久光はいまひとつという感じである。

第二には、西郷とその弟(信吾)である。藩命をうけて京で仕事をしているはずの信吾の自堕落に西郷は腹をたてる。ここでも、兄(西郷吉之助)と、弟(信吾)の対立であった。

このわかりやすい構図のなかで、幕末の薩摩藩、諸藩の動きが描かれていた。西郷が、奄美大島に流されていた間に、幕府の威信は地のおち、倒幕の機運がみなぎっているという。このあたり、ドラマでは、説明不足かなという気がしている。尊皇攘夷思想から、桜田門外の変を経て、倒幕にいたるまでの人心の動きというものが無かった。まあ、その間、西郷は、島にいて、のんびりと暮らしていたということなのであるが。

ところで、気になっていることは、西郷は、倒幕はまだ早いと言う。幕府を倒した後で、どのような日本を考えるのか、その構想があるのかと、有馬新七に問いかけている。これはたぶんそうなのだろうが、では、西郷に、未来の日本……それが、「近代」と呼ばれる時代であることを、後世の我々は知っている……の姿をどう考えていたのだろうか。ここがよくわからないところであった。

西郷は、「西郷隆盛」という一つの「人格」であると同時に、幕末から明治維新にかけて、倒幕の先頭にたって働いた人物として認識している。(実際はどうであったかは別にしても)江戸城開城においては、西郷の力があってのことだろう。

このあたり、人格者として人望をあつめる側面と、幕末の歴史の権謀術数の中での策謀と、この両面をどのように描いていくのか、これからの展開に期待したいと思う。次回は、寺田屋の一件であるらしい。楽しみに見ることにしよう。

追記 2018-06-19
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月19日
『西郷どん』あれこれ「寺田屋騒動」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/19/8897651

『半分、青い。』あれこれ「息がしたい!」2018-06-11

2018-06-11 當山日出夫(とうやまひでお)

『半分、青い。』第10週「息がしたい!」
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/story/week_10.html

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月3日
『半分、青い。』あれこれ「『半分、青い。』あれこれ「会いたい!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/03/8866086

いつもは、日曜日にアップロードするのだが、東京に行っていて留守にしていたので、一日おくれて月曜日になった。

この週の見どころは、清(さや)か・・・魔性の女という感じだった。律の指にマニキュアを塗るシーンは、妖艶ですらあった。

このドラマ、NHKの朝ドラにしては、登場人物の心理が屈折しているように思う。近年の作、前作『わろてんか』でも、その前の『ひよっこ』でも、登場人物、特にヒロインは、感情の表現がストレートであった。恋も一途なもので、ひとりの男性を求めるという感じだった。

だが、『半分、青い。』では、鈴愛の恋はストレートに表現されない。正人には、恋をしてもふられてしまった。といって、正人に別に恋人ができたというわけでもない。そして、律との関係は、幼なじみなのか、それとも、恋人なのか・・・たぶん、鈴愛にとっては、幼なじみの延長として自然に側にいる人間として思っているのだろう。そこに、清が、律の恋人としてわりこんでくる。

律も、鈴愛のことは、忘れてしまった訳ではない。だが、清の登場によって、その鈴愛への気持ちが動揺している。はたして、自分は、鈴愛のことをどうおもっているのだろうか、自問するかのごとくである。

このあたりの錯綜する、幼なじみとして、恋人として、様々な人間関係が、各回ごとに新たな展開をみせて描かれている。これは、これまでの朝ドラになかった路線ではないだろうか。(強いて言えば、朝ドラというよりも、昼や夜のドラマにふさわしいとでもいえるかもしれない。)

そして、秋風の存在。鈴愛は、漫画家を志望している。漫画に描くことで、自分におこったこと、自分の心をみつめることになる。それを、作品にすることで、現実から、虚構の世界に飛翔することができる・・・のかもしれない。

東京に出てきてしばらくするのに、いまだに岐阜方言が抜けていない鈴愛。一方で、律は、岐阜方言ではなくなってしまっている。どちらが、自分の心に素直に生きていることになるのだろうか。おそらく、岐阜方言で話している鈴愛の方が、自分の気持ちに素直に生きていくことになるのだと思って見ている。

鈴愛と清との確執の結果であるが、フクロウ会の思い出の写真がやぶれてしまった。鈴愛と律がならんで写っていたのが、別れ別れになってしまった。これは、これからの二人を象徴しているのだろう。

漫画という虚構の世界で生きることになるかもしれない、その一方で、現実から逃避もできないでいる、この鈴愛は、これからどう生きていくことになるのだろうか。次週以降を、楽しみに見ることにしよう。

追記 2018-06-17
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月17日
『半分、青い。』あれこれ「デビューしたい!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/17/8895939

『西郷どん』あれこれ「別れの唄」2018-06-05

2018-06-05 當山日出夫(とうやまひでお)

『西郷どん』2018年6月3日、第21回「別れの唄」
https://www.nhk.or.jp/segodon/story/21/

前回は、
やまもも書斎記 2018年5月29日
『西郷どん』あれこれ「正助の黒い石」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/29/8861613

この回で描いていたのは、西郷の人間味あふれる一面であろうか。奄美大島から帰った西郷は、幕末の動乱の中に巻き込まれていくことになる。そこで権謀術数のうずまく中で、薩摩藩をひきいて、倒幕から明治新政府たちあげにいたる。

その前段階のところで、ちょっと一休みという感じで、のんびりとした時間を過ごすことができ、また、人の情に触れることができた日々のこととして、奄美大島編はあったと理解する。

そして、西郷のナショナリズムは、奄美大島の人びとをもふくむものであったことを、描いていたと感じる。この点については、実際の西郷の思想がどうであったか、ということよりも、脚本の意図としてという理解においてである。

薩摩の冨を形成していたのは、奄美大島の人びとへの苛斂誅求を基盤としたものであったことに、西郷は気付く。薩摩にもどり、近代国家としての日本を構想するなかで、ここで描かれたような奄美大島の人びとの生活をもふくんだものとして、近代日本のナショナリズムを西郷は考えていたのかもしれない。

次週以降、幕末の動乱となるようだ。これからこのドラマが、近代日本というものをどのように描いていくことになるのか、楽しみに見ることにしよう。

追記 2018-06-12
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月12日
『西郷どん』あれこれ「偉大な兄 地ごろな弟」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/12/8892549

『半分、青い。』あれこれ「会いたい!」2018-06-03

2018-06-03 當山日出夫(とうやまひでお)

『半分、青い。』第9週「会いたい!」
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/story/week_09.html

前回は、
やまもも書斎記 2018年5月27日
『半分、青い。』あれこれ「助けたい!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/27/8860437

この週は見どころがいろいろあった。

律と清(さや)の再会。鈴愛と正人の花火。祖父(仙吉)のギターと歌。鈴愛のもとを訪れた母のこと、など……この週で何かを語るというよりも、毎日の回で、それぞれに見どころがある、そんな感じの展開であった。

どのシーンも印象的である。正人と鈴愛の花火のシーンなど、朝ドラのなかでももっとも印象に残る花火であったかもしれない。また、祖父(仙吉)の歌もよかった。「学生街の喫茶店」それから「真夏の果実」。特に、戦争をふりかえる映像とともに歌っていた「真夏の果実」はよかった。

世代的に見るならば、祖父(仙吉)は、戦争に行った世代。復員してきて、結婚。その子供が、鈴愛の父・母の世代ということになる。鈴愛と弟(草太)は、まったく戦争を知らない世代になる。戦争の記憶を語るのに、戦後の戦争を知らない世代の代表ともいえるサザンの曲をもってきたあたりの演出は、実にうまいと思った。

ところで、秋風は、鈴愛にこのような意味のことを言っていた……漫画は虚構の世界である。鈴愛は、恋をしろ、と。

これは何を意味するのだろうか。今後、このドラマは、漫画家としての鈴愛を描くことになるのか。それとも、秋風のもとからさらに飛び立って、現実の世の中ので、リアルの世界の中で、生きていくことになるのか。

今のところ、鈴愛は、秋風のもとで漫画家修業という立場でいる。そこに現れてきたのが、正人である。花火のシーンの後、どうなったのだろうか。律との関係は、これからどうなるのだろうか。

おそらく、秋風のもとでの漫画という虚構の世界で生きていくことはないのだろうと思う。そこから一歩そとに出て、より現実的な世界の中で、今後の鈴愛の人生は展開することになるのかもしれないと思って見ている。

次週は、鈴愛と律との関係も新たな段階になるようだ。楽しみに見ることにしよう。

追記 2018-06-11
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月11日
『半分、青い。』あれこれ「息がしたい!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/11/8891893

『半分、青い。』における方言(二)2018-05-31

2018-05-31 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2018年4月19日
『半分、青い。』における方言
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/04/19/8829326

ドラマを見ていると……東京に出てきて秋風羽織のもとで漫画家修業にはげむことになった鈴愛は、岐阜方言が抜けていない。これは、まわりの秋風のスタッフの人たちも気付いていることである。このことのドラマとしての意味は、何なのだろうか。

第一には、漫画家をめざすならば、特に、方言は気にならないということなのかもしれない。別に、作品中で方言を使うわけではない。漫画を描く時には、きちんとした標準的な日本語で台詞を描いているようだ。これが、接客業のような仕事をするならば、東京に出てきて岐阜方言のままというのは、問題があるのかもしれない。

第二に、岐阜方言を残しているということは、帰る家があることを意味しているとも理解できる。岐阜には、つくし食堂があり、両親と祖父それに弟がいる。帰ろうと思えば、いつでも帰れる。あるいは、何かあれば、電話がある。この岐阜出身で、いざとなれば帰る場所を持っている、この安心感を感じさせることばでもある。

以上の二点ぐらいが、鈴愛が、いまだに岐阜方言で話していることの、ドラマとしての演出かなと思って見ている。

その一方で、律の方は、すっかり東京方言になっているようだ。いや、むしろ岐阜方言を消して話そうとしている。清と再会したとき、岐阜方言を意図的に消していた。これは、これから、律が東京の人として生きていくことを示唆するものかと思う。鈴愛は、岐阜に帰ることがあるかもしれないが、律は帰ることはないのだろう。

また、理工学部でロボットに関心があるように描かれている。ロボット工学の世界で生きていくとなれば、岐阜出身ということは関係ないだろう。世界に通用することばで生きていくことになる。

しかし、岐阜方言を残している鈴愛は、故郷を背負ってこれから生きていくことを暗示している。それは、自分の心に忠実に生きていく人間の生き方である。今の時点では、このように理解している。自分自身に素直である人間の生き方、これが今の鈴愛の生き方だと思うのである。それを象徴しているのが、岐阜方言である。

『西郷どん』あれこれ「正助の黒い石」2018-05-29

2018-05-29 當山日出夫(とうやまひでお)

『西郷どん』2018年5月27日、第20回「正助の黒い石」
https://www.nhk.or.jp/segodon/story/20/

前回は、
やまもも書斎記 2018年5月22日
『西郷どん』あれこれ「愛加那」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/22/8857049

どうでもいいことかもしれないが、桜田門外の変の描写が、あまりにショボかった。これなら、井伊直弼はナレ死でもよかったのでなかったろうか。

それはともかく、今回の主役というべきは大久保正助。

一般の明治維新の歴史では、怜悧な策謀家という印象ではないだろうか。西郷が、その人格で人びとの人望をあつめているのに対して、政治の実務の面で明治政府をつくっていった。そして、最後には、西南戦争では、敵となることになる。そのような歴史の結果とでもいうべきものを知っている我々に、実は大久保というのは・・・と訴えかける内容になっていた。

怜悧な策謀家という面をもちながらも、その内側には、日本を思い、薩摩を思う、熱い情熱がみなぎっている。だが、彼は、その情熱の赴くままに行動することがない。政治の現実の前で、何をなすべきか、何ができるのか、考えることになる。そのような正助の姿を、まわりの精忠組の若者たちは、理解できないようである。正助は孤独をふかめる。このような大久保の姿を、脚本は描いていた。

さりげないシーンであったが、印象的だったのは、子供(赤ん坊)の寝姿を見つめるところ。怜悧な策謀家という印象でありながら、ふと見せた、人間的で家庭的な一面であったのかもしれない。

桜田門外の変を経て、これから幕末の薩摩藩の動きが描かれることになる。そのなかで、大久保はどのような役割を担うことになるのであろうか。次週は、西郷の帰還に話しがいきそうである。楽しみに見ることにしよう。

追記 2018-06-05
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月5日
『西郷どん』あれこれ「別れの唄」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/05/8874400

『半分、青い。』あれこれ「助けたい!」2018-05-27

2018-05-27 當山日出夫(とうやまひでお)

『半分、青い。』第8週「助けたい!」
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/story/week_08.html

前回は、
やまもも書斎記 2018年5月20日
『半分、青い。』あれこれ「謝りたい!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/20/8854896

秋風羽織の名前は、美濃権太だった。

その名前が鈴愛たちに分かるきっかけになったのは、秋風の不審な行動。数年前にガンの手術をしたらしい。それが再発したかもしれない・・・秋風は、ふと思い立って岐阜の鈴愛の家、つくし食道をたずねる。

一方で、秋風は、鈴愛たちに漫画家として特訓を課す。クロッキーである。

ところで、思い出して見るのだが、いつから鈴愛は、漫画家志望になったのだろう。突然、秋風羽織の漫画に興味を持ち、トークショーに行って、強引におしかけた……こんな経緯ではなかっただろうか。もともと漫画に強い興味関心があったというわけではない。このあたりのストーリーの展開が、ちょっと不自然かなという気がしないでもない。

だが、ともあれ、鈴愛は、漫画家を目指して頑張るようだ。律との関係もあいかわらずである。そこに正人が入り込んでくる。このような鈴愛の東京での日常が、メリハリをもって描かれていたように感じた。

ともあれ、秋風の病気も早期発見ということで無事に済んだ。これからは、本格的に鈴愛の漫画家修業になるのであろう。そして、恋の予感がある。ここで、適宜、その当時の世相などを織り交ぜながら、東京に出てきた少女の成長の物語として、これからこのドラマは展開していくことになるのかと思う。

これまでの朝ドラの基本路線は、女性の半生を描くというものであった。いってみれば市井の女性を主人公にした「教養小説」といってもよいかもしれない。この意味において、これから、鈴愛の生涯がどのようなものとして描かれることになるのか、興味深く思っている。そして、鈴愛が生きていく時代は、今になって振り返れば、失われた二十年、三十年となる時代でもある。この時代をどう描くことになるのだろうか。

追記 2018-06-03
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月3日
『半分、青い。』あれこれ「会いたい!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/03/8866086