『おんな城主直虎』あれこれ「おんな城主直虎」2017-03-28

2017-03-28 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年3月26日、第12回「おんな城主直虎」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story12/

前回は、
やまもも書斎記 2017年3月21日
『おんな城主直虎』あれこれ「さらば愛しき人よ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/21/8412696

亀が死んでしまった。そして、ついに、「おんな城主直虎」の誕生のシーンを迎えることになった。で、最後になって、続くときた。

そして、ネコであるが、今回も登場してきていた。ちょっとではあるが、画面のすみっこに小さく映っていた。

今回の見どころは、「おんな城主直虎」になる決意をかためるまでの、特に、寺でのシーンだろう。様々な煩悶、葛藤のなかで、遂に、次郎法師が、直虎になる決心をすることになる。そして、それを影でささえることになる和尚。

とはいえ、ここできっぱりと還俗するというあたりの描写が希薄であったように感じられる。出家するときには、その心構えにするどく迫った和尚であったが、還俗するときはすんなり許してしまっている。まあ、これは、和尚といえども、完全に俗世を離れた立場ではなく、井伊の一族ということになるので、これは、いたしかたないといえば、そうなるだろうか。

私が気になることとして見ていたのは、やはり、戦国の「国衆」として城主になることを決意する、次郎(直虎、おとわ)のエトスの描き方である。ともかく、井伊の一族、イエをまもることに、それこそが、何よりも大事であるということは、なんとなく分かるのだが……まあ、こんなものかなあ、と思って見ていた。

このドラマ、井伊の一族がメインに登場するのだが、それに並ぶ、他の国衆が登場しない。出てくるのは、今川(太守様)と、まだ、弱小な徳川家康ぐらい。これらの戦国大名に囲まれて、井伊のイエがどう生き延びていくのか、これが、これから先のドラマの核になることなのだろう。それは、前作『真田丸』のように、同盟と裏切りの渦巻くなかで知謀にたけたものが生き残るというよりも、なんとなく、その場の流れのなかでどうにかこうにかして、かろうじて生き残る舵取りをしていく、そんな感じになるのだろうか。

たぶん、これからのこのドラマの基軸にあるのは、戦国領土ナショナリズムというよりも、パトリオティズム(愛郷心)としての井伊谷での一族の暮らしをどう安寧にたもっていくか、そのために、今川、徳川、それから、織田(まだ登場していないが)と、どうわたりあっていくか、このあたりの、その場その場の状況の読みと判断にかかってくる、このように思っておけばいいだろうか。

さて、直虎が誕生してしまったが、トラが出てきて、ネコはどうなるのだろうか。

『べっぴんさん』「老い」を描けない2017-03-26

2017-03-26 當山日出夫

NHKの朝ドラ『べっぴんさん』が、次週で最終週をむかえる。いよいよおわりである。一応、毎朝、見てはいるのだが、このところ、毎回が、これで最終回かというようになっている。

ここで気になっているのが、ドラマにおける「年齢」「老い」の描き方である。

ヒロインのすみれには孫の藍が生まれている。孫が生まれれば、家庭内での呼称は、「おかあさん」から「おばあさん/おばあちゃん」に変わってもいいと思うのだが、そうはなっていない。意図的に若く描く必要もないのかもしれないが、会社もリタイアして、これから第二の人生を歩み出そうというのが、この週のメインであったように見ている。

だが、ドラマを見ていると、「老境」とでもいうような人物描写にはなっていない。まあ、それほどの年齢もない、ということなのであろうか。

過去の近いところで、朝ドラを思い出してみると、たとえば、「おひさま」は、年取ったヒロインを若尾文子が演じていた。その回想という形で、ドラマが進行していた。また、「カーネーション」では、年をとった場面になったとき、主演が夏木マリに代わっていた。年配の女優を起用することで、それなりに老年というものを描いていたように思う。

それから、「マッサン」では、ヒロインの交替こそなかったものの、エリーの老年の状態を、シャーロット・ケイト・フォックスが、見事に演じていたのを憶えている。

年をとったから、年寄りとして描かねばならないということではないだろう。朝ドラである。朝に見るドラマで、老人の淡々とした毎日を見せられるのも、どうかと思わないでもない。ましてや、人生の終わり、あるいは、「死」を意識させるような描写も、基本的には避けるのだろう。

とはいっても、会社をリタイアして、そして、次週では、孫(藍)も大きく成長するようだ。そのような状況にあって、人生の「老い」というものから無縁の生活ということも、またないのではなかろうか。それを、朝ドラの中で、どのように描くのか、あるいは、俳優としてどのように演じるのか、このあたり、ドラマの最期の段階になって、ちょっと気になっている。

さらにいえば、年をとるのは、ヒロインのすみれだけではない。仲間の女性達も、また、夫も、年をとる。だが、テレビをみていると、それぞれに年をとってきているようには見えないのである。

女性の半生、一代記を描くということでドラマをつくるなら、年をとった場面で、どのように「老い」を描くかというのは、重要なことだろうと思っている。

『おんな城主直虎』あれこれ「さらば愛しき人よ」2017-03-21

2017-03-21 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年3月19日、第11回「さらば愛しき人よ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story11/

前回は、
やまもも書斎記 2017年3月14日
『おんな城主直虎』あれこれ「走れ竜宮小僧」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/14/8405259

話しがややこしくなってきたので、よく分からないところがあるのだが、要するに、亀が井伊の家をになうことができなくなるので、次回に、いよいよ「おんな城主直虎」ということになる、ということでいいのだろう。

いろいろな場面があったが、今回、圧巻であったのは、寿桂尼(浅丘ルリ子)の貫禄だろう。

それから、ネコ……そんなに大きくではなかった。画面のすみに、ちょっとだけ、カゴのなかにはいっている姿が映っていた。

よく分からないというのは……ニセモノの徳川家康のところに鷹狩りに行くシーン。これが、今川の陰謀であるとして……どうして、この件が、ホンモノの徳川家康の察知するところとなっていないのだろう。鷹狩りに招待されて出かけて行ったということは、徳川の勢力範囲のなかに入っていったということになる。だが、どうも、ホンモノの知らない間に、おこった出来事のようである。

このドラマが始まって三ヶ月ほどがすぎて、次回からようやく、あの台詞のシーンになるのか。これまで描いてきたことを総合して考えてみるならば、次郎法師のエトスというべきものは、井伊のイエをまもる、このことにつきるように思われる。

ただ、現代の我々は歴史の結果を知っている。今川は滅び、最終的に生き延びるのは徳川である。そして、井伊も生き残ることになる。それにいたる過程として、ドラマの現時点で、今川に反旗をひるがえすというのは、かなり無謀なこと、それが説得力を持って描けるかどうか、だろうと思う。

気になるのは、ネコ。次郎が還俗して直虎になってしまうと、もう出てこなくなるのだろうか。

追記 2017-03-28
この続きは、
やまもも書斎記 2017年03月28日
『おんな城主直虎』あれこれ「おんな城主直虎」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/28/8423978

『おんな城主直虎』あれこれ「走れ竜宮小僧」2017-03-14

2017-03-14 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年3月12日、第10回「走れ竜宮小僧」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story10/

前回は、
やまもも書斎記 2017年3月7日
『おんな城主直虎』あれこれ「桶狭間に死す」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/07/8395053

う~ん、ここで「つづく」になるのか、という終わり方だった。次回はどうなるのだろう。

今回、ネコが再登場。籠のなかにはいっておとなしくしていたし、また、和尚にも抱かれていた。

今回の見せ場としては、主に二つ、あるいは、三つか。

第一に、鶴と亀の場面。やはり、小さいころからの幼なじみの二人であるというところを感じさせる描写であった。

第二に、次郎法師と寿桂尼との対面シーン。寿桂尼との話しの場面、貫禄において、次郎法師は負けていなかったと思う。

第三に、最後の瀬名との対面のところから、ラストにかけて。

といったあたりか。

ところで、出産のところで、夫(亀)が、弓の弦をならしていた。これは、魔除けのまじない。安産祈願ということなのであるが、これは、説明のナレーションでもあった方がいいのではないかと思った。でないと、いったい何故、妻の出産の場面で弓をもっているのか、分からなかった人もいるかもしれない。

さらに考えれば、鶴が、寺に逃げ込んで次郎のもとで助けられるのだが、これは、寺がアジールとして機能したということ……でも、ないようである。中世の寺院なら、なにがしかアジール的機能があったと思うので、とりあえず寺に逃げ込むということはあり得るのかとも思うが、このあたり、歴史考証の面でどうなのだろうと思ったりした。

さて、次回も、ネコは出てくるだろうか。和尚の出てくる限りは、登場させてほしいものである。

追記 2017-03-21
このつづきは、
やまもも書斎記 2017-03-21
『おんな城主直虎』あれこれ「さらば愛しき人よ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/21/8412696

『おんな城主直虎』あれこれ「桶狭間に死す」2017-03-07

2017-03-07 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年3月5日、第9回「桶狭間に死す」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story09/

前回は、
やまもも書斎記 2017年2月28日
『おんな城主直虎』あれこれ「赤ちゃんはまだか」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/28/8379090

ネコが出てこなかった。それから、織田信長も……

桶狭間の戦いを描いていながら、織田信長が登場しない、このところが、今回のこの脚本のポイントなんだろうなあ、と理解はできるのだが、なんとなく物足りない。つまりは、これから、どこの段階で、どのように、織田信長が登場することになるのか、という期待が高まる。

桶狭間の戦いは、これまでも、大河ドラマで何度となく描かれてきているはずだが、織田信長が登場しないというのは、初めてではないだろうか。

また、「桶狭間に死す」のタイトルも、ある意味で巧い。普通に考えれば、死んだのは、今川義元ととるだろうが、実は、ドラマでは、次郎の父ということとして描いてあった。

それはともかく、今回の見どころは、亡くなった父との対面シーン、それから、母の次郎法師への手紙のシーンだろう。このようなシーンを見ると、今回の大河ドラマは、つくづくと、家族、井伊の一族を描くドラマとして作っているのだなと感じる。そう思って見ればいいのであって、母が書いていた手紙が、古文書学的に書式がどうのこうのというのは、野暮な議論だろうと思う。まあ、当時の、女性が、亡くなった家臣の家族……おそらくは女性だろう……にあてて書いた書状としては、書式の面でどうかなと思わないではないが。

それから、佐奈と南谿和尚との対面のシーンも、興味深かった。ここでも、最終的には、井伊の一族として、どうあつかってくれるのか、というところが、おとしどころになっていた。

最後の政次のシーンで、番組が終わって、次回に続くになったあたり……これも、事件の決着としては、井伊のイエをどうまもっていくことになるのか、というところになろうかと思ったが、どうなるだろうか。

次回は、もうネコは出てこないのだろうか。

追記
このつづきは、
やまもも書斎記 2017年3月14日
『おんな城主直虎』あれこれ「走れ竜宮小僧」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/14/8405259

NHK「ブラタモリ」奄美大島2017-03-06

2017-03-06 當山日出夫

2017年3月4日のNHK「ブラタモリ」は、奄美大島だった。
http://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list66/index.html
http://www.nhk.or.jp/buratamori/yokoku.html

テレビを見ながら私の念頭にあったのは、『海辺の生と死』(島尾ミホ)である。あるいは、『出発は遂に訪れず』(島尾敏雄)のこともあった。

やまもも書斎記 2017年2月10日
『海辺の生と死』島尾ミホ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/10/8356483

やまもも書斎記 2月27日
『出発は遂に訪れず』島尾敏雄
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/27/8377810

奄美大島を語るのにはいくつかの視点があるだろう。番組で放送していたように、大島紬、製糖、それから、蘇鉄を、中心に見るのもいいだろう。あるいは、次回の放送がたぶんそうだろうと思うが、亜熱帯の自然と動植物を中心に見るのもいいかもしれない。

ながい島の歴史からみれば、ほんの一瞬のことにすぎなかったかもしれないが、太平洋戦争の末期、そこに特攻隊(震洋)の基地がおかれていたことは、記憶されてもいいように思う。また、その土地に住む人びとの生活がどんなであったか、詩情ゆたかに描き出す文学的感性についても、忘れてはならないものでもある。

たぶん、NHKの番組では、島尾敏雄、ミホのことは出てこないだろう。少なくとも、先日の放送では出てこなかった。

薩摩の過酷な支配下にあった農民の生活……蘇鉄の実を食料にせざるをえないような悲惨な生活……については語っていたものの、その島に訪れてきていた、旅芝居の一行とか、それを心待ちにしている、村の人びとの心情などは、これはこれとして、そのような生活があったことが、「文学」として読まれることがあっていい。

えてしてステレオタイプな目で見がちな、奄美大島という土地について、島尾敏雄、ミホの文学的な仕事は、新たな視点を提供してくれる。

今、読んでいるのは、『「死の棘」日記』(新潮文庫)。この「作品」にも、奄美大島のことは、数多く登場する。この日記を書いていたころ(昭和30年ごろ)の、島尾敏雄、ミホにとって、奄美大島とはどんなものであったのだろうか、というようなことを、なんとなく考えながら、テレビを見ていたのであった。

『おんな城主直虎』あれこれ「赤ちゃんはまだか」2017-02-28

2017-02-28 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年2月26日、第8回「赤ちゃんはまだか」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story08/

前回は、
やまもも書斎記 2017年2月21日
『おんな城主直虎』あれこれ「検地がやってきた」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/21/8370808

今回もネコがでてきていた。カゴのなかにはいって、おとなしてく、まわりの人間を見回していた。

この回を考えるには、まず、次回を予想してから、ということになろうか。次回は、「桶狭間に死す」……つまり、今川義元が死んでしまうことになる。では、これまで、今川の支配下にあることで、安寧をたもってきた、井伊谷の井伊の一族は、どのようになるのか。それを支えるもの……エトス……としての、井伊のイエ一族の意識、とでもいうものが描かれていたように思ってみた。それを象徴するのが、跡継ぎとなる、次の子供、つまり、赤ちゃんはまだ生まれないのか、ということになる。戦国の世がどのようになるにせよ、自分たちは、井伊の一族である、これが、これからのドラマの基軸になることである、と見たのだが、どうだろうか。

徳川家康(まだ、その名前になっていないが)が、将来の井伊の一族の命運を握る人物として、出てくることになる。戦国の時代の最後には、家康が勝利することになり、そして、その恩恵を井伊もこうむることになる、我々は歴史の結果を知っている。そのうえで、どのような家康と、井伊の一族との関係がこれから展開することになるのだろうか。

今回の見せ場としては、次郎法師と、しのの、やりとり、ということになるだろうか。最終的に、次郎法師が、直虎となって家督を継ぐことになることの伏線になっているのだと思う。

そして、気になるのは、次回もネコが出てくるかどうか。

追記 2017-03-07
この続きは、
やまもも書斎記 2017年3月7日
『おんな城主直虎』あれこれ「桶狭間に死す」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/07/8395053

『おんな城主直虎』あれこれ「検地がやってきた」2017-02-21

2017-02-21 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年3月18日、第7回「検地がやってきた」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story07

前回は、
やまもも書斎記 2017年2月14日
『おんな城主直虎』あれこれ「初恋の分れ道」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/14/8360887

今回も、ネコがでていた。和尚にだかれていた。

この回の見せ場は、鶴・亀・おとわ(次郎)の、それぞれの思いの交錯する対話のシーン。それから、最後の検地の場面だろう。

「指出」(さしだし)については、番組中で解説があった。ジャパンナレッジでこのことばを検索してみると、「指出検地」(さしだしけんち)の項目がある。国史大辞典。この解説通りに、「指出」だけでことが終わるなら、別に問題はない。そこを、無理をして、隠し里を隠し通そうとするから、まあ、ドラマになる、ということか。

それにしても、隠してあった田畑が、「南朝の……」のいいわけで、無事に納得してくれたのが、どうも解せない。このあたり、ちょっと無理があったように思う。ここは、鶴が頑張って隠し通したというストーリーの運びの方が自然であったように感じたが、どうであろうか。

おとわ(次郎)の観音経の読経も、そんなに効果があったとはおもえないし。

それから、不気味な存在なのが、やはり、徳川家康(まだ、その名前ではないが)。今後、どのように、井伊の家とかかわるのか、興味深い。『真田丸』とは、どのようにちがう徳川家康を描くことになるのだろうか。

鶴・亀、それから、おとわ(次郎)のエトスはなんだろうかと、考えてみたりもする。井伊のイエをまもることか。井伊谷の山里にたいする、パトリオティズムか。これまでのところ、井伊のイエへの忠誠心というものは、そんなに出てきていないように見ている。それよりも、鶴と亀の、おとわへの思いの方が強い。

さて次回も、ネコは出てくるだろうか。

追記 2017-02-28
この続きは、
やまもも書斎記 2017-02-28
『おんな城主直虎』あれこれ「赤ちゃんはまだか」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/28/8379090

『おんな城主直虎』あれこれ「初恋の分れ道」2017-02-14

2017-02-14 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年2月12日、第6回「初恋の分れ道」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story06/

前回のは、
やまもも書斎記 2017年2月7日
『おんな城主直虎』あれこれ「亀之丞帰る」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/07/8352922

今回の見どころは、おとわ(次郎法師)と、亀(直親)が話しをするシーン、それから、二つの饅頭の謎ということになるのだろう……だが、私の興味のあったのは、やはり、ネコである。今回は、和尚にだかれてはいなかった。おとなしくカゴのなかにはいって、ニャーと鳴いていた。

すなおでおとなしいネコだなあ、と思ってみたいたのだった。二回ぐらい登場していたであろうか。

それから、スズメ。竹千代(後の、徳川家康)が飼ってならしていた。さて、ここで、徳川家康を登場させているということは、この物語の今後の展開に、どういう関係があるのだろうか。このあたりが、これからの興味関心のあるところである。

徳川家康は、去年の大河ドラマ『真田丸』でも登場していた。前作とどのように違う徳川家康を描くことになるのか、これからの展開が楽しみである。

出てきたことばで気になったのは、「国衆」。なんの説明もなしにつかっていた。これはもう歴史学用語として……あるいは、大河ドラマ用語として定着したと考えていいのだろうか。『真田丸』では、このことばの使用が、斬新なイメージがあったと記憶している。

また、そろそろ、おとわ(次郎法師)が、将来、直虎になってどう生きていくのか、そのエトスとでもいうべきものが見えてきたようにも感じる。井伊の家のために生きることになるのだろうか。

そして、やはり気になるのはネコ。次回もネコは登場するのだろうか。

『おんな城主直虎』あれこれ「亀之丞帰る」2017-02-07

2017-02-07 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年2月5日、第5回「亀之丞帰る」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story05/

前回のは、
やまもも書斎記 2017年1月31日
『おんな城主直虎』あれこれ「女子にこそあれ次郎法師」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/31/8344340

今回もネコがでてきていた。同じネコだろうか。それにしても10年経過した設定なので、ずいぶんと長生きしているネコになる。あるいは、別のネコに変わっているのか。

ともあれ、今回の見どころは、亀が帰ってきたこと。そして、おとわ(次郎法師)との再会のシーンだろう。

井伊谷に帰ってきた場面は、抱き合ったりして感動的な演出であったが、おとわ(次郎法師)との再会の場面は、あっさりとしたものだった。まあ、十年ぶりの再会としては、あんなものかと思うが。それにしても、帰ってきていきなり、還俗して、おとわを妻にすると……これは、急な展開だなあ。

ところで、亀は煩悩であるのか。その煩悩をふりはらうのに、経典の読誦はあまり役にたっていないようだ。

次郎法師が唱えているお経については、

次郎法師が唱えるお経
http://www.nhk.or.jp/naotora/special/pickup06/

亀は信州に隠れていたということだが、その間、井伊の一族とは連絡をとりあっていた様子。このあたりの事情が、もうすこし詳しく描いてあると面白いと思って見ていた。

次回も、ネコがでてくるだろうか。