『おんな城主直虎』あれこれ「井伊を共に去りぬ」2017-09-26

2017-09-26 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年9月24日、第38回「井伊を共に去りぬ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story38/

前回は、
やまもも書斎記 2017年9月19日
『おんな城主直虎』あれこれ「武田が来たりて火を放つ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/19/8679581

最後に直政の成人した姿が出てこなかったら……これは、大河ドラマというようりも、戦国時代ファンタジーになってしまうような、と思ってみていた。武田とか、徳川とか、実在の戦国武将が登場して覇権を争うなかで、井伊谷という土地にうまれた、少女の成長と冒険のものがたり。井伊谷を去って、堺に行くか、というところであった。

ドラマとしては、堺に行って、直虎の堺編があっても、これはこれで面白い展開になっただろうと思う。(どうせ、史実は、よく分かっていないのであるから)。堺のシーンがなかったのは、おそらく、予算の都合かなと思って見た。堺編を作るとなると、堺の街のセットが必要になる。それを作るだけの番組制作予算がなくなったのか、と考えてしまったのだが、うがちすぎた見方だろうか。

ここにきて、直虎のエトスは、再度、井伊谷という土地へのパトリオティズムかなと思わせるところがあった。この土地に住む人びとが安寧にくらせるようにすることが望みであるという意味のことを言っていた。

だが、井伊というイエの再興は、特に考えていない。このところが分裂している。そして、この分裂のなかにこそ、戦国時代ファンタジーになり得る要素があるのだと感じる。

歴史の結果としては、井伊は徳川のもとにつくことになる。これを、現在の我々は知っている。そのキーになる人物が、たぶん成人した虎松(直政)なのであろう。この直政の意思に、これから、直虎がどのようにかかわっていくかが、これからの見どころになるにちがいない。

ところで、ドラマの中でも年月がたったようだ。井伊谷にいたネコ、茶ネコが、白黒のネコにかわっていた。ネコが新しくなったということは、おそらく、井伊のイエも、これから新しい世代に変わっていくことを、表象しているのである。

気になったのは、近藤が去って、徳川の支配下にはいったということは分かるのだが、今は、井伊谷の土地は、だれが統治しているのであろうか。ここのところが、描いていないのが、ちょっと気になる。

そして、おとわ(直虎)は、今、どのような立場なのであろうか。井伊のイエの当主、殿様なのであろうか。それとも、もはや、一介の庶民(百姓)なのであろうか。また、そのどれでもない自由の民なのであろうか。このあたり、今ひとつはっきりしない。堺に行った龍雲丸は、自由の民といっていいのだろうが。

ともあれ、次回以降、直政の登場によって井伊のイエは、また動きだすようだ。楽しみに見ることにしよう。

『雨』サマセット・モーム2017-09-25

2017-09-25 當山日出夫(とうやまひでお)

サマセット・モーム.中野好夫(訳).『雨・赤毛』(新潮文庫).新潮社.1959(2012.改版)
http://www.shinchosha.co.jp/book/213008/

モームの短編集は、現在では、岩波文庫で上下巻が出ている。それには、この作品はふくまれていない。

人間性の底にひそむ矛盾、理不尽、不条理、邪悪なもの……このようなものを、端的に描き出した作品だと思う。と同時に、短篇として、やはりたくみであると感じさせる。

題材、舞台設定としては、モームの作品の中では、南海ものとでもいいだろうか(中野好夫の解説による)。東南アジア、南太平洋を舞台にした作品を、いくつか書いているが、そのなかの一つということになる。

そして、この作品を印象づけるのは、タイトルにもなっている「雨」である。別に雨が降っていなくても、この作品はなりたつとは思う。だが、雨が降っている、降り続けているという描写が背景にあって、この作品は、より際立つものになっている。

モームの作品については、『月と六ペンス』でも書いたように、人間性に対するどこか距離をおいて冷めた目でみる感じがある。決してヒューマニズムの作家ではない。一見、善良に見えていても、その心の底にひめた邪悪ななにものかがひそんでいる、それを冷徹に見据える目をもっている。

だからといって、破滅的な人間観というのでもない。20世紀の小説たるゆえんかなと思っている。

『ひよっこ』あれこれ「大好き」2017-09-24

2017-09-24 當山日出夫(とうやまひでお)

ひよっこ
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html

第25週、「大好き」
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/25/

この週は、最終に向けての準備という感じだった。タイトルの「大好き」がそれを表している。

まず、早苗。永遠の25歳という設定の謎が語られる。それは、彼女の東京に出てきてからの恋の物語だった。大好きである。

それから、愛子と省吾(シェフ)の話し。実は、お互いにひかれてていたことがわかる。これも、大好きである。

また、みね子の故郷、奥茨城では、父(実)と母の関係が、新しく夫婦関係を構築していくかのごとく描かれていた。これもまた、大好きである。

そして、何よりも、みね子とヒデだろう。料理人としての勉強のために休日にレストランに食事に行くのにさそわれる。はからずも、これは、二人のデートということになった。みね子は言っていた、好き、と。

ただ、ここで、二人がレストランで食事するシーンがなかったのは……おそらく、このドラマも最後にきて、予算が無くなってきたので、セットをつくったりロケをしたりができなかったのか……などと思ってしまったのであるが。

この週、登場はしているが相変わらずであったのが漫画家(志望)の二人。このドラマ、最後はみんなハッピーエンドになるにちがいないと思ってみているのだが、この漫画家(志望)の二人は、どうなるのだろうか。無事に漫画家デビューがはたせるのだろうか。

また、週の最後で、奥茨城での父(実)が、新しく花の栽培にとりくもうというところで終わっていた。ふと思うが、このまま父(実)の記憶がもどらなくても、充分に登場人物としては、幸せな結末になるのではないかとさえ思わせる。

残る課題としては、世津子との関係の清算だろう。ここを、最後にどう描くかが気になっている。

これまでのドラマの伏線としてあったこと……みね子がビーフシチューを食べる、それから、すずふり亭にあずけてあるはずの重箱、これがどう出てくるか楽しみである。

いよいよ最後の週になる。楽しみに見ることにしよう。

『おんな城主直虎』あれこれ「武田が来たりて火を放つ」2017-09-19

2017-09-19 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年9月18日、第37回「武田が来たりて火を放つ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story37/

前回は、
やまもも書斎記 2017年9月12日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊最後の日」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/12/8675259

今の我々は、この歴史の結果を知っている。井伊のイエは、徳川のもとにつくことになる。だが、そこにいたる経緯は、そう単純ではないようだ。

気になったのは、直虎(おとわ)の身分。武家として、井伊の領主であったものが、一般の領民とすぐに同じになれるものだろうか。領民と同じということは、井伊谷において、そこの支配者(このドラマの時点では、近藤ということになるが)の、支配下に入ることになるのだろうか。

いや、そうではなく、龍雲丸と一緒に自由に生活しているように見える。年貢とかは、納める必要はないのであろうか。

そこで、やはり気にかかるのは、百姓=農耕民(この場合は、綿の生産などもふくむことになるが)、として描かれていることだろう。百姓たちの、領主への抵抗の手段として、逃散ということがあった。

だが、ここは、浜名湖の近くなのであるから、漁業とか、商業でくらすタイプの「百姓」がもっと登場してきていてもいいのではないかと思う。せっかく、百姓=農民というステレオタイプから脱した新鮮な、中世、戦国の人びとを描くことができたのにと思う。

興味深かったのは、高瀬の存在。いったい何者なのであろうか。直親の忘れ形見というのは、本当のことなのだろうか。

それから、龍譚寺という存在は、いったい何なのであろうか。ただの寺ではない。井伊の一族の菩提寺ということであるが、それにとどまらず、武家としての井伊をささえる一翼を担っているような感じがある。中世、戦国における、寺社の位置づけという意味で、この寺の存在は、何かしら不気味ですらある。

今回は、虎松が登場してきていなかった。また、ネコも。

次週、直虎(おとわ)は、堺に行くことになるのだろうか。行けば行ったで、これは、面白い展開になるにちがいない。直虎(おとわ)の生き方と、井伊の家のゆくえ、これがこれからの見どころになるのであろう。

追記 2017-09-26
この続きは、
やまもも書斎記 2017年9月26日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊を共に去りぬ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/26/8684051

『ひよっこ』あれこれ「真っ赤なハートを君に」2017-09-17

2017-09-17 當山日出夫(とうやまひでお)

ひよっこ
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html

第24週「真っ赤なハートを君に」
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/24/

今週は、時子の週だったといってよい。前回で、このドラマは「教養小説」である、という意味のことを書いた。地方から東京に出てきて働いている「普通」の女の子の成長の物語である。

時子も、みね子と一緒に奥茨城から出てきた。同じトランジスタラジオの工場(向島電機)で働いた。だが、時子には、東京に出るときから、夢があった。女優になる、という夢が。

その夢をかなえるため、ツイッギーのコンテストに出場する。それを、すずふり亭、あかね荘のみんなで応援している。コンテストの前日には、裏庭でリハーサルをやっていた。そして、時子は、無事にコンテストに優勝して、芸能界へと歩み出していく。

まさに、自分の夢をかなえる女性……朝ドラの一般的な話し、その王道をいっている感じがする。みね子には、特に何をかなえるという夢があるというわけでもない、「普通」の女の子として描いているのと、きわめて対照的である。

そして、別に、みね子と時子はライバルというわけではない。同じ奥茨城から出てきた親友である。(悪い人、敵役の出てこないこのドラマとしては、こういう描き方になるのであろう。)

この時子の描き方を見ていても、このドラマは、「教養小説」なのだな、という印象を強くもつ。女優にむかって成長していく若い女性の物語である。

その一方で、みね子の方も、ヒデとどうやらうまくいきそうである。

この週、特にみね子の背負っている不条理……父親の記憶喪失ということ……については、進展はなかった。このまま、父親の記憶がもどらないままで、奥茨城で生活していく、という道も選択肢としてはあるのかもしれない。

だが、最後にどうなるかわからない。ここは期待をもって見ることにしよう。

ところで、ドラマも終盤になって、これまでに登場した幾人かが、出てきていた。土曜日には、向島電機の社員だった松下が、電機工事の仕事で登場していた。また、時子のリハーサルの時には、豊子や澄子なども集まっていた。

さて、気になるのは、早苗の月時計での話しの行方である。みね子と世津子が一緒の部屋でくらすことの提案。そして、自分の恋の話しをはじめる……ここも、うまくおさめるかたちで、このドラマは終わることになるのだろうとは思う。

この早苗という、ちょっと距離をおいて周囲を眺める視点の存在を取り込むことによって、すずふり亭やあかね荘の人間関係を、俯瞰的に描き出している。この早苗という人物の視点の設定が、このドラマの脚本のうまいところでもあると思ってみている。ナレーションの視点でもなく、ドラマ作者の神の視点でもなく、登場人物の中のひとりでありながら、全体から距離をおいて見てみる。

脚本作者の視点、ナレーションの語りの視点、登場人物の視点、これらではない、さらに別の視点を、このドラマに設定していることになる。そう思ってみると、あかね荘を舞台にしては、早苗の視点からの発言で、ドラマが動く、新しい局面へと展開していく、ということがあったように思い出す。

大家さんも、さすが妖怪である。なかなか死にそうもない。たぶん、最後まで元気でいるにちがいない。

『おんな城主直虎』あれこれ「井伊最後の日」2017-09-12

2017-09-12 當山日出夫

『おんな城主直虎』第36回、「井伊最後の日」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story36/

前回は、
やまもも書斎記 2017年9月5日
『おんな城主直虎』あれこれ「蘇えりし者たち」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/05/8670592

ここにきて、井伊のイエはどうなるのだろう……ただ、今の我々は歴史の結果を知っているのではある。井伊のイエは残る。

直虎は、井伊のイエの再興を断念した。そして、もはや、故郷である井伊谷の土地に対するパトリオティズム(愛郷心)は、微塵も出てきていなかった。このドラマのはじままったこと、牧歌的でのどかな山間の村々として、井伊谷の村落や、そこに生活している人びとのことが描かれていたのが、嘘のようである。

そして、直虎は、この週の最後のシーンでは、還俗して、龍雲丸と新しく生活をはじめるということになっていた。これは、予想外の展開である。であるならば、今後の井伊のイエは、どうなるのか。まだ、幼い虎松にかかているということなのであろうか。

ところで、この週まで見てきて、思ったことであるが……龍譚寺という寺、そこにいるネコ和尚や僧侶たち……これらの存在が、このドラマにとってきわめて重要な意味をもっていることを感じる。

寺であるから、武家ではない。しかし、井伊のイエの菩提寺であり、いわば井伊のイエの一族を構成するひとつといってもよい。武家ではないが、井伊の一族であるというネコ和尚たちの存在、このような、武家でも農民でない、また、放浪の民、自由民でもない、このようなネコ和尚がいたからこそ、おとわは次郎になり、直虎になった。そして、また、その立場から降りるときも、ネコ和尚が手をかしていた。

純然たる僧侶(出家)でもないし、武家でもないし、商人でもないし、百姓でもない……このような立場にあるネコ和尚が、実は井伊の一族を、とりまとめてきたのである。これは、従来の戦国、中世を舞台としたドラマとしては、きわめて特殊な事例といえるかもしれない。(そういえば、前作『真田丸』では、大蔵卿局という存在が大きかった。)

しかし、還俗した直虎(おとわ)の社会的立場は何なのであろうか。武家ではもはやない。龍雲丸と一緒にいるといっても自由の民でもないようだ。農業に従事するということは、どこかの領主のもとにあるということなのだろうか。

このあたり、戦国、忠誠における、武家でも百姓でもない自由の民という視点を、今後、どのように描いていくか気になるところである。そして、井伊のイエのゆくすえは、虎松にかかっていることになる。また、徳川とどのような関係をこれから築いていくかも重要なポイントになるのだろう。

井伊のイエをまもる、再興するというエトスは、おそらく虎松が受け継いでいくことになるのであろう。

追記 2017-09-19
この続きは、
やまもも書斎記 2017年9月19日
『おんな城主直虎』あれこれ「武田が来たりて火を放つ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/19/8679581

『ひよっこ』あれこれ「乙女たちに花束を」2017-09-10

2017-09-10 當山日出夫(とうやまひでお)

ひよっこ
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html

第23週、「乙女たちに花束を」
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/23/

この週を見ての印象は、このドラマは「教養小説」だな、ということであった。

もちろん、ヒロインはみね子であるが、みね子が何かことをなしとげるということはない。ただ、「普通」の地方出身で東京に出てきて働いている女の子が成長していくものがたりである。主人公の成長を描く物語を、「教養小説」というのならば、まさにこのドラマが該当する。

金曜日の放送で、早苗が言っていた。みね子は変わったと(別に、よくなったと言っていないあたりが、早苗らしかったが)。そして、川本世津子をあかね荘にひきとることになったみね子自身も言っていた。「なしにしないといけない」と。

父(実)の失踪、発見、記憶喪失、そして、世津子のもとから、家族のところへ。さらに、奥茨城へ。みね子としても、このなかでいろいろと考えることがあったのだろう。その上、さらに、世津子を救出して、自分のところに引き取ることにする。

これらの出来事について、なしにしないといけない、と。

これは、みね子の成長を物語るものなのである。少なくとも変化とはいえる。このドラマは、ごく「普通」の女の子の成長を描いている。これが、「教養小説」でなくて何なのであろうか。

その成長の過程で、みね子視点の群像劇が展開される。今週は、大家さん(富さん)の悲恋。また、由香と家族との和解。これらの出来事が、みね子を視点人物として描かれていた。

このドラマが、これまでの朝ドラと違うところは、「教養小説」というキーワードで語れるかどうかだと思って見ている。「教養小説」をキーワードにしてみると、過去の朝ドラであれば、「あまちゃん」がそれに該当するかもしれない(このドラマにも、有村架純は出ていたのだが。)

次週、物語は、最後に向かって進んでいくようだ。楽しみに見ることにしよう。

『おんな城主直虎』あれこれ「蘇えりし者たち」2017-09-05

2017-09-05 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年9月3日、第35週「蘇えりし者たち」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story35/

前回は、
やまもも書斎記 2017年8月29日
『おんな城主直虎』あれこれ「隠し港の龍雲丸」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/08/29/8661531

井伊のイエは、これからどうなるのだろう、という展開になりそうである。

これまで、直虎のエトスとしては、井伊というイエ、一族、組織を、守っていくことにあった。そのように思わせるドラマであった。だが、今回、それがくずれそうである。直虎は、何のために戦うのか。

もはや井伊谷の郷土をまもるためではないようだ。井伊谷へのパトリオティズムは、どこにも出てきていない。

いや、ここで、直虎は、戦うこと自体に疑問をいだきはじめている。何のために戦うのか、そのむなしさのようなものを感じさせている。全体に厭戦気分がただよっていた。

戦国時代ドラマで重用なのは、何のために戦っているのか、その理由付けであると思っている。前作『真田丸』であれば、その根底にあるのは、真田のイエの、豊臣に対する忠誠心であった。また、豊臣と徳川との覇権争いもあった。

ところが『おんな城主直虎』の徳川はまだ天下を狙うというところにはいない。(将来は、そのような立場になることは分かっているのだが。)天下を狙うどころか、戦いがいやになったようでもある。

といって、平和主義というのでもない。戦国の世にあっては、戦わなければ生きのびていけない。その理由を見いだせなくなったとき、イエの存続はない。今後、井伊のイエはどうなるのか。直虎の判断がどうなるか、気になる。

ところで、方久が、出家して薬商人になってしまった。このドラマの面白さの一つとして、方久、それから、龍雲丸という、武士ではない、といって農民でもない、非農業民、自由の民、を登場させたことにあると思って見てきた。それが、龍雲丸は、仲間を殺され、また浪々の身になってしまったようであるし、方久は、井伊の配下から脱して、薬商人となってしまった。まあ、それで、銭がもうかるならば、まさに方久らしい生き方ではあるのだろうが。

武士ではない、また、農民でもない人びとを、どのように描くか気になっていたのだが、このあたり今後どうなるのか注目していきたい。

そして、今回は、ネコが登場していた。自分のはいるカゴにじゃれついていた。井伊のイエがどうなるか気になるが、ネコもどうなるか気になる。ネコがおとなしく、かわいがってもらえるような世の中が、泰平の世の中なのだろうと思うのである。

追記 2017-09-12
この続きは、
やまもも書斎記 2017年9月12日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊最後の日」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/12/8675259

『ひよっこ』あれこれ「ツイッギーを探せ!」2017-09-03

2017-09-03 當山日出夫(とうやまひでお)

ひよっこ
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html

第22週「ツイッギーを探せ!」
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/22/

この週も群像劇であった。ヒロインはみね子のはずだが、みね子をめぐっては物語は進展しなかった。

まず、出てきたのは時子。ツイッギーのコンテストに出るという。そして、米屋のさおり。三男をめぐってのやりとり。次に由香。ヒデと島谷。そして、週の最後は、富さんだった。早苗さんにも、何か秘密があるらしい。ただ、漫画家(志望)の二人の青年は、あいかわらずであったが。

群像劇であるとはいっても、基本はみね子からの視点で描かれている。まあ、すずふり亭とあかね荘が舞台であるから、みね子がそこにいるのは、当然といえば当然である。

このみね子の視点からはずれない、というところが、このドラマの基調となっていることに注目しておきたい。群像劇として、いろんな登場人物のできごとをおいかけながらも、必ずそれがみね子に関係するところで起こっている。みね子をはなれたところで、物語が進行することはない。例外的に、ヒデと島谷の面会のシーンはあったが、これもみね子と関係することである。

そして、みね子は、ごく普通にすずふり亭ではたらく、地方(奥茨城)出身の若い女性として描かれている。このごく普通の立場から見て、ということが重用なのだと思う。

週の最後の富さんの若い時の恋物語も、単なる老人の回想ではなく、若い人(みね子をふくむあかね荘の人たち)に語って聞かせるということになっていた。富さんの悲恋の物語は、若いみね子にどのような印象をあたえたのであろうか。

そういえば、みね子の島谷の恋愛について、富さんは悲観的な見方をしていた。それは自らの経験があってのことだったのか、とこの時点になって納得がいく。

次週は、また世津子さんが登場するようだ。そして、このドラマも最後の大団円にむかっていくことになる。楽しみに見ることにしよう。

『ひよっこ』における方言(その五)2017-09-01

2017-09-01 當山日出夫(とうやまひでお)

つづきである。

やまもも書斎記 2017年8月10日
『ひよっこ』における方言(その四)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/08/10/8643666

今週、第22週、「ツイッギーを探せ!」、のなかばで、興味深いところがあった。

島谷の再登場である。すずふり亭のコック、ヒデは、休暇をつかって佐賀に行ってきた。そして、島谷にあった。その話しの内容は別におくとしても、気になったのは、場所が佐賀であるという設定であるにもかかわらず、あいかわらず、島谷は佐賀方言を話していなかった。

社会的階層……この場合は、島谷は、会社の経営者の立場になる……からして、どの地方にいようとも、共通語で話しができると理解しておくべきだろうか。あるいは、東京からやってきたヒデとは、東京方言で話すということなのだろうか。

佐賀の出身で、東京の大学(慶應)で勉強して、故郷に帰って会社をついでいる。このような場合、佐賀方言で話してもいいのかもしれないが、そうはなっていなかった。

このドラマとしては、佐賀という土地に特にこだわることはないのだろう。地方の名家でありさえすればよい。その御曹司がたまたま東京で生活していて、みね子と出会ったとすべきであろう。

古くは、漱石の『三四郎』が、九州、福岡出身で、熊本の高等学校(旧制)を出た、主人公、小川三四郎に、九州の方言を一切つかわせていない。これは、ただ、地方出身の若者を、東京で生活させれば、それで成り立つという小説だからである。

これと同じように、島谷の場合も、佐賀出身であるということに、特に意味があるわけではない。ただ、地方の名家の出でありさえすればよかった。そのような立場としては、むしろ、方言は話さない方が、特定の地域に限定しない方が、ドラマとしては都合がいい。

一方、みね子の方は、東京に出てきてからかなりの年月が経ているにもかかわらず、あいかわらず奥茨城方言で話している。すずふり亭の鈴子も、みね子と会話するとき、ちょっとだけ、奥茨城方言を交えて、談笑していた。「いがったねえ」と言っていた。ここでは、みね子の方言が、特に隠すべきものでもなく、堂々と使われている。

このまま、みね子は、東京で生活するとしても、奥茨城方言のままであるのかもしれない。これは、地方出身の女性が、東京で一人で生活しているという設定にとって、このドラマとしては、むしろ不可欠な要素なのである。

この時代、社会としては、方言コンプレックスのようなものがあったことについては、すでに触れた。

また、富山出身の漫画家(志望)の二人の青年も、富山方言で話している。これも、ある意味で不自然であるが、売れない漫画家という設定のためには、不可欠な要素であるようにも思える。

父親(実)は、記憶がもどるかどうかはさておくとしても、故郷の奥茨城で生活することに決めたようである。谷田部の家の人びとは、その根ざすところは、奥茨城の生活にある。この意味でも、奥茨城方言は、みね子と故郷、そして、父親(実)を、共通に支えるものとして、不可欠な要素であるといえよう。

実際に昭和40年代の東京を生きた、地方出身の人間がどうであったか……という考証の観点は別にして、このドラマでは、みね子の出身地の方言を、きわめて肯定的に描いていることは確かである。