『おんな城主直虎』あれこれ「悪女について」2017-11-21

2017-11-21 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』第46回「悪女について」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story46/


前回は、
やまもも書斎記 2017年11月14日
『おんな城主直虎』あれこれ「魔王のいけにえ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/14/8727171

今回の〈主役〉は、瀬名であった。

何のために生きているのか、何のために自分の命をつかうことになるのか、瀬名と直虎(おとわ)との対話のシーンが印象的であった。

ドラマの大きな筋としては、次の二点だろうか。

第一は、万千代の徳川のイエに対する忠誠心。そして、家康の万千代に対する信頼感、この形成のプロセスを描いたということ。このドラマは、井伊の物語としてはじまったのであるが、ここにきて、井伊のイエはもはや存在しないも同様である。万千代は井伊の家名を再興した。だが、それは、井伊のイエのためではなく、徳川に忠誠をつくすためのことであったことになる。徳川のイエのためである。

第二は、そのような万千代を後見する立場にある直虎(おとわ)の生き方の問題。戦国乱世の悲劇をなくしたい、平和な世の中をのぞんでいる。ここで直虎が見ている悲劇は、合戦によるものではない。戦国大名どうしの権謀術数のなかで、くりかえされる悲劇である。

合戦場面を基本的に描かない方針であると思えるこのドラマにあって、戦国時代の悲劇とは、合戦による死よりも、勢力をもつ戦国大名の争いのなかで、運命に翻弄される、弱い立場のものの悲劇である。

以上の二点を軸にして、ドラマの舞台となっているのは、井伊ではなく、徳川のイエである。そして、我々は、歴史の結果を知っている。織田は滅びる。そして、豊臣を経て、最終的に徳川の時代になることを。その徳川の平和の時代を準備するものとして、直虎(おとわ)や万千代の「志」があった、ということでいのだろう。そのように、このドラマは描いている。

今回は、ネコが出てこなかった。ちょっとさびしい。

『わろてんか』あれこれ「風鳥亭、羽ばたく」2017-11-19

2017-11-19 當山日出夫(とうやまひでお)

『わろてんか』第7週「風鳥亭、羽ばたく」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/07.html

前回は、
やまもも書斎記 2017年11月12日
『わろてんか』あれこれ「ふたりの夢の寄席」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/12/8725651

この物語は、「内助の功」の物語なのだろうか。それは、それでいいのだが。

どうも「笑い」をあつかったドラマではあっても、コメディではない。芸人、芸能の世界の哀切、あるいはリアルな現実を描くというわけでもないようである。

まあ、芸能の興行の世界には、いろいろな利権もあり派閥もあるのだろうが、そのような裏の面は、このドラマではあまり出さない方針のようだ。どのようであれ、庶民の娯楽としての「笑い」の世界があるのだ、ということを軸にしている。芸能の世界での伝統派、オチャラケ派ということは出てきていたが、深刻な対立に巻き込まれるということもなく、無事に寄せを経営できるようでもある。

「笑い」の世界のなかで、寄席の経営で生きていくことになる、夫婦の物語として見ればいいのだろう。そのたよりない夫を笑顔で支える妻(てん)の「内助の功」の物語、という感じで今は展開している。

この週も伊能栞が登場してきていた。寄席の商売で苦労する藤吉とてんによりそう、だが、その一方で冷徹な打算をひめているビジネスマンかなと思っていたが、これもそうではないようだ。活動写真に興味があるという。また、芸能の世界の裏事情にも、藤吉などよりもはるかに通じているらしい。

それから、巧いと思ったのは、土曜日の、落語(時うどん)のシーン。笹野高史の喜楽亭文鳥の落語、時うどんが面白かった。ドラマの中のシーンであることをわすれて、思わずテレビを見て笑っていた自分に気付く。

次週の予告ではどうなるか、展開が読めない。ともあれ、楽しみに見ることにしよう。

『おんな城主直虎』あれこれ「魔王のいけにえ」2017-11-14

2017-11-14 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年11月12日、第45回「魔王のいけにえ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story45/

前回は、
やまもも書斎記 2017年11月7日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊谷のばら」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/07/8722480

このドラマは、直虎が主人公のはず……なのであるが、どうなっているのだろうか。物語は、徳川と織田という戦国大名の権謀術数の話になっている。

今回の見どころは、やはりなんといっても織田信長だろうか。これまで数々の大河ドラマで登場してきた織田信長があるなかで、きわだってそのオーラを感じさせる演出であった。

それから、徳川の内紛。織田との関係を良好にたもちつつ、徳川が生きのびるにはどうすべきか。まず、徳川というイエの存続がなによりである。そのためには、いかなる手段をもえらばない。その結果、信康はとらえられることになったのであるが。

このような歴史の大きな動きのなかで、もはや、直虎も、あるいは、万千代も、ただ、目撃者であるにとどまっている。あるいは、万千代にしてみれば、このような徳川の有様を目にすることで、後の直政への成長の契機があると見ることもできる。だが、直虎にとっては、もはや徳川も織田も関係がない。近藤の支配する井伊谷で安穏に暮らすことが、その生き方の根底にある。

ただ、ドラマとして、もはや歴史の表舞台に出ることのない直虎を、どのようにして、歴史の動く場面に目撃者として登場させるか、そこのところに苦心している脚本のように見える。

ドラマは、ここにきて、井伊のイエの物語から、徳川のイエの物語にかわっている。そして、そのなかで万千代は成長していくことになる。

そして、今回も、ネコ和尚にだかれてネコが登場していた。次週もネコは出てくるだろうか。

追記 2017-11-21
この続きは、
やまもも書斎記 2017年11月21日
『おんな城主直虎』あれこれ「悪女について」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/21/8731658

『わろてんか』あれこれ「ふたりの夢の寄席」2017-11-12

2017-11-12 當山日出夫(とうやまひでお)

『わろてんか』第6週「ふたりの夢の寄席」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/06.html

前回は、
やまもも書斎記 2017年11月5日
『わろてんか』あれれこ「笑いを商売に」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/05/8721186

てんと藤吉の二人は、念願の寄席を手にいれることになる。これはこれでめでたいとしなければならないのだが。

500円のお金を、京都の藤岡屋から出してもらっていた。う~ん、ここは、伊能栞が出てきて、ビジネスとしての寄席に「投資する」ということではなかろうかと思っていたのだが、そんなにベタな展開にはならなかった。

ちょっと気になっていること。

てんたちは芸人のあつまっている長屋に住んでいる。これはこれでいいのだが、あまり貧乏でもないようだ。そこそこ生活していけるように描いてある。まあ、芸人といっても、いろいろだろうから、そこはこのドラマの都合に合わせて描くということなのだろう。

ただ、この時代、芸能の世界は差別をともなっていたと思うのであるが……どうやら、このドラマは、この側面を、まったく描かない方針のようである。これはこれで、一つの方針であると思う。(だが、見る方は、このドラマの制作者の側の方針を理解したうえで見ることが必要かと思うが、どうだろうか。)

それから、この当時であれば、芸能の興行にともなうある種の利権のようなもの……社会のアウトローにかかわるような側面……これも、また、このドラマでは描いていない。ただ、お金があれば寄席が手にはいって、芸人を集めてくればいい、というようである。これもまた、これでよしとしなければならないのだろう。このドラマの方針である。

芸能の世界、その興行の世界は、社会の裏面とかかわっているはずだろうというのは、うがちすぎた見方なのかもしれない。とにかくこのドラマのように、貧しい夫婦が苦労して、人びとを笑わせるようにと願って、その人生をきりひらいていく、というのがこのドラマの本筋と理解して見ることになる。そう思って、これからこのドラマを見ることにしよう。

追記 2017-11-19
この続きは、
やまもも書斎記 2017年11月19日
『わろてんか』あれこれ「風鳥亭、羽ばたく」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/19/8730449

『おんな城主直虎』あれこれ「井伊谷のばら」2017-11-07

2017-11-07 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年11月5日、第44回「井伊谷のばら」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story44/

前回は、
やまもも書斎記 2017年10月31日
『おんな城主直虎』あれこれ「恩賞の彼方に」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/31/8718137

この回にきて、万千代と直虎との直接対決という場面になった。中世の人である直虎と、近世の人である万千代である。

万千代は主張する……井伊の家を再興して、井伊谷の土地を我が物とすることに、なんの問題があるというのか。

これはそのとおりだと思うのだが、ちょっと疑問に思うことがいくつか。

万千代(虎松)が、井伊を再興するとなったとき、その井伊の家の当主は依然として、直虎のままであって、直虎は万千代(虎松)の後見という立場はかわらなかった、ということでいいのであろうか。では、現在の井伊の家はどのようになっているのか。井伊谷に所領があるというわけでもないようだし、まあ、百姓の仕事はしているようだが。かといって、近藤の支配下にあるようでもない。いったいどういう身分、地位、なのであろうか。このあたりが、どうもあいまいである。

また、万千代についても、新参の小姓の身分で、一万石はないだろうと思ってしまうのだが、さてどんなものなのであろうか。一万石も与えるなら、しかるべく元服して、井伊の家の当主となってから、という手はずになるのが、普通ではないだろうかと思ってしまうのだが。

ともあれ、ここにきて、万千代と直虎の生き方の対立が決定的なものとなった。

直虎は、社会的な身分制度から自由に生きているようにに見える。女性、武士、出家、百姓、商人、そして自由の民……さまざまな身分、職種を、渡り歩いてきた人生をふりかえっている。直虎は、中世、戦国の時代にあって、最も自由に生きた人間なのかもしれない。この意味では、中世、戦国の時代を描いたドラマとしては、もっとも自由な生き方をした人物を描いたことになるであろう。

一方、万千代は、徳川家康の家臣団のもとで、武士として出世することだけを望みとしているようだ。徳川幕府のもとでの大名として活躍することになる井伊の家の祖となる、直政の姿がここにあるのだろう。

いってみれば、中世の自由なエトスを直虎が代表し、かたや、徳川封建制度のエトスを万千代が代表しているともいっていいだろうか。

これから、徳川のもとでの井伊の家が栄えていくプロセスに、直虎がどのようにかかわっていくことになるのか、これが見どころということになるのであろう。

そして、今回は、ネコも登場していた。だが、祐椿尼が死んでしまうと、そのネコはどうなるのか、ちょっと心配である。次回もネコは登場するであろうか。

追記 2017-11-14
この続きは、
やまもも書斎記 2017年11月14日
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/14/8727171

『わろてんか』あれれこ「笑いを商売に」2017-11-05

2017-11-05 當山日出夫(とうやまひでお)

『わろてんか』第5週「笑いを商売に」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/05.html

前回は、
やまもも書斎記 2017年10月29日
『わろてんか』あれこれ「始末屋のごりょんさん」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/29/8716177

いよいよ、米屋の商売も終わりになった。藤吉とてんは、笑いを商売にすることになる。

この週も見どころはいくつあったと思うが、やはり気になるのは、伊能栞の存在。パーマの機械の契約書を見てもらいに、てんは栞のもとを訪れる。これから、てんが笑いをビジネスにしていくなかで、この伊能栞の存在がどのように関係してくるか、近代的なビジネスのセンスの持ち主として、描かれることになるのだろうと思う。

ここで登場したときも、伊能栞は、大阪方言を使っていなかった。東京方言で話していた。てんが京都方言をつかい、藤吉や啄子が大阪方言をつかうなかで、伊能栞の東京方言はきわだっている。

ところで、次週からいよいよ本格的に笑いを商売にするようである。だが、あるいは、今でもそうだと思うのであるが……その当時、寄席の興行ということには、その社会の利権がからんでいるはずである。いきなり米屋が転業して、寄席商売を始められることはないであろう。そこには、いろんな壁がたちはだかっているにちがいない。これを、これからどう描くのか気になるところである。

回想シーンで、藤吉が寄席に行ったときのことがあった。また、長屋で、啄子が藤吉に怒りをぶつけるシーン。これらのシーンが、シリアスでありながら、どこかコミカルであると同時に、また切なさのあるような描き方であったのが印象に残っている。

人が笑うのは、楽しいときばかりではない。人生の苦労のなかでも、人は笑う。あるいは、笑いをもとめる。そのような笑いの側面を、このドラマは、描いていくことになるのだろう。

大阪の笑いビジネスを描いたドラマだからといって、見ていて笑えるドラマ……喜劇……になるかというとそうではないだろう。それを期待して見てはいけないと思う。人生の苦楽の裏側にある、哀切をふくんだ笑いこそ、このドラマに期待したいと思っている。

追記 2017-11-12
この続きは、
やまもも書斎記 2017年11月12日
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/12/8725651

『おんな城主直虎』あれこれ「恩賞の彼方に」2017-10-31

2017-10-31 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』第43回「恩賞の彼方に」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story43/

前回は、
やまもも書斎記 2017年10月24日
『おんな城主直虎』あれこれ「長篠に立てる柵」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/24/8711592

この週もまた、万千代と直虎のよってたつところ、生き方の違いが明瞭になった回であった。

万千代は、徳川家康のもとでの出世を夢みる。そのためには、井伊谷を利用している。いや、利用できるものとしてしか井伊谷を見ていない。前回は、長篠の戦いに使うための木材の調達。今回は、家康に献上するための薬草。とにかく、自分の出世のためになら、井伊谷を使えるだけ使おうという発想のようである。しかし、井伊谷に対するパトリオティズム(愛郷心)は、感じられない。

一方、直虎(おとわ)は、井伊谷へのパトリオティズム(愛郷心)だけで生きているかのごとくである。名目上、近藤の支配下にあるとはいっても、どうやら、井伊谷の統治の実権は、直虎(おとわ)が握っているようだ。そして、その直虎(おとわ)が心がけていることは、井伊谷の土地と人びとが安寧にすごせるように、ということである。もはや、井伊の家の名前にこだわりはもっていない。井伊谷が将来、だれが治めることになっても、好い土地であることをねがっている。

ところで、今回、長篠の戦いに用立てるために山林を伐採したことが問題になっていた。それが原因で、雨が降って山崩れがおこる。それへの対応策として、植林することになる。

このような山林の管理……伐採とか植林とか……これは、中世、戦国時代、どのような権利として存在したのだろうか。その土地の領主に全面的に権限があったのだろうか。それとも、山林の管理については、別途、特別な管轄権とでもいうべきものがあったのだろうか。その権限は、領主に属するものなのか、あるいは、領民に属するものなのか。このあたりが、どうも、あいまいであった。

勝手に伐採することも問題だろうが、また、自由に植林することも問題ではなかろうか。現在の日本史学の分野では、このことがどのように捉えられているのだろうか。ちょっと気になったところである。

そして、今回は、ネコ和尚にだかれてネコが登場していた。アップで顔が映っていた。ネコが登場すると、なにかしらほっとする。次回も出てくるだろうか。
追記 2017-11-07

この続きは、
やまもも書斎記 2017年11月7日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊谷のばら」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/07/8722480

『わろてんか』あれこれ「始末屋のごりょんさん」2017-10-29

2017-10-29 當山日出夫(とうやまひでお)

『わろてんか』第4週「始末屋のごりょんさん」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/04.html

前回は、
やまもも書斎記 2017年10月21日「一生笑わしたる」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/21/8709676

今週は、女の対決。

その第一は、てんと楓。

藤吉に恋したてんを母親の啄子はみとめようとしない。許嫁の楓が登場する。その楓とてんとの、嫁勝負。これは以外とあっさりとてんの勝ちということになってしまった。

藤吉が仕入れてきた米の販売で、てんは商才を見せる。また、土曜日、『乱れ髪』をきっかけにして、てんの藤吉への思いを、楓に伝えることになる。

その第二は、啄子としず(てんの母親)の対決シーン。

これは、迫力があった。嫁とはまだ認めていない啄子。一度家をだしたからには、もどってくるべきではないというしず。この両者の母親の面目をかけて、話をする場面は非常に緊張したものだった。

この二つの女の対決をふくんで、てんと藤吉の関係はよりふかまっていくかのようである。

だが、それにしても、藤吉は、芸人としての才も無いようだが、商売人としての才覚も、あまり無いようである。いくらおいしい米を仕入れてきたとしても、その輸送価格までは計算にいれていなかった。これから、この芸の才も、商才も無い藤吉とてんとの、苦労にみちた生活がはじまるのだろう。

ところで、朝ドラ前作『ひよっこ』は、悪い人が出てこないドラマであった。それに対して、今度の『わろてんか』は、敵役となる人物が出てくる。朝ドラ恒例の嫁いびり、いけずの週であった。だが、それも、それほどくどく描くことなく、収束しそうである。

それよりも心配なのは、藤吉の商才の無さの方かもしれない。笑いのビジネスをこのドラマは描くことになるはずなのだが、この商才の無い夫と苦楽をともにするてんの生き方がどのようになる、興味深い。

来週は、伊能栞も登場するようだ。楽しみに見ることにしよう。

追記 2017-11-05
この続きは、
やまもも書斎記 2017年11月5日
『わろてんか』あれれこ「笑いを商売に」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/05/8721186

『おんな城主直虎』あれこれ「長篠に立てる柵」2017-10-24

2017-10-24 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年10月22日、第42回「長篠に立てる柵」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story42/

前回は、
やまもも書斎記 2017年10月17日
『おんな城主直虎』あれこれ「この玄関の片隅で」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/17/8707112

日曜日は留守にしていたので、録画を月曜日に見た。思ったことなどいささか。

このドラマは、直虎が主人公のはずなのだが、すっかり影をひそめてしまっていた。出ていたのは、ほんのちょっと。

そのかわりに大きく登場していたのが、万千代。この回は、万千代の家康への忠誠心がメインだった。長篠の戦いに参加できず、留守番をまかされた万千代は、それでも、留守番として全力をつくす。その結果、家康の目にとまる。

そして、家康のもとに呼ばれた万千代は、あらぬ誤解をすることになるのだが……はたして、歴史の真実はどうだったのであろうか。まあ、このあたりは、中世において、あるいは、近世までごく普通におこなわれていた風習として理解しておけばいいように思う。

戦国時代のドラマでありながら、合戦場面を基本的に描かない方針だと思って見ているが、今回は長篠の戦いが、かなりリアルに描かれていた。鉄砲と騎馬武者の戦いという、これまでどおりのイメージをなぞったものであったが、これも、歴史の本当のところはどうだったのか、ちょっと気になるところではある。

この長篠の戦いで重要な役割をはたしたのが、木の柵であり、それをつくる木材の調達。そのことで、信長の目にとまって褒美に茶碗を拝領することになった。この茶碗をめぐって次回は、さらなる展開があるようだ。

『おんな城主直虎』も、あと二ヶ月ほどである。万千代が、直政になって、徳川配下の武将として、忠誠をつくす……こうなっていくプロセスを、これから、どのように描くのか、楽しみに見ることにしよう。そして、そこに、直虎がどのようにからんでいくのかが、見どころとなるのであろう。

なお、残念ながら、今回は、ネコが登場していなかった。ちょっと寂しい。

追記 2017-10-31
この続きは、
やまもも書斎記 2017年10月31日
『おんな城主直虎』あれこれ「恩賞の彼方に」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/31/8718137

『わろてんか』あれこれ「一生笑わしたる」2017-10-21

2017-10-21 當山日出夫(とうやまひでお)

わろてんか
https://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html

第3週「一生笑わしたる」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/03.html

前回は、
やまもも書斎記 2017年10月15日
『わろてんか』あれこれ「父の笑い」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/15/8705792

明日、明後日と、ちょっと家を留守にする。外に出てまで、ノートパソコンで仕事をしたいとは思わないので、今日、土曜日まで見たところでの思うところなどいささか。(普段なら日曜日にアップロードするのだが、土曜日のうちにアップロードして出かける。)

てんは藤吉と恋におちる。蔵にとじこめられたてんのもとに、藤吉はしのんで通ってくる。このあたり、ナレーションで言っていたように、ロミオとジュリエットであると思わせる。許されるぬ恋。いかにもという設定だが、これはこれで、ロマンスとして見ればいいのだろう。

だが、どうにも藤吉が頼りない。大阪の米問屋の長男だということだが、商売の方に関心はない。芸能の世界に関心がある。だからといって、その芸がものになっているかというとそうでもない。商家の旦那芸にもおよばない。どうやら芸人のとしての才能もないようだ。このだらしない、才能もない、藤吉とてんとのドラマがこれから始まる。

その藤吉が、ついにてんと一緒になって大阪に帰るところで今週は終わった。これから、てんは苦労することになるのだろうと思う。

ところで、この週も、伊能栞が登場していた。興味深いのは、そのことば。NHKの番組HPを見ると、大阪の伊能製薬の社長の息子、神戸で貿易商をいとなむ青年実業家とある。なるほど、明治の時代になって、ビジネスの世界で生きている。しかも、世界を視野にいれているということのようだ。

気になるので、番組HPをさらに見ると……次のようにある。

東京生まれの東京育ち。大阪の伊能製薬社長の息子だが正妻の子でないため、神戸で貿易会社を興して実家とは距離を置いている。

この伊能栞は、大阪方言で話してはいない。東京生まれの東京そだちということなら、大阪方言を話していなくでも不思議ではない。だが、京都の藤岡屋の婿にむかえるという話があったのに、正妻の子ではない、というのがちょっとひっかかるが。あるいは、強いて考えるならば、大阪方言をつかわない、東京方言で話すという設定のため、あえて、東京生まれの非嫡出子という設定にしたのだろうか。

ドラマにおける方言の問題については、前作『ひよっこ』においても、何回か書いたことがある。佐賀出身の慶應の学生、島谷は、佐賀方言を話していなかった。それと似たような状況として、伊能栞の立場もあるのだろう。

青年実業家として新しいビジネスの世界に生きる伊能栞に、大阪方言はにつかわしくない。大阪の商人、あきんど、ではなく、近代になって新しく世界で活躍する実業家として、登場している。ということは、この伊能栞は、これから、てんが藤吉を苦楽をともにするなかで、それによりそって援助する……近代の芸能ビジネスという観点から……ということになるのだろう。そして、たぶん、てんと伊能栞との関係に恋はないのだろう。

このドラマは、大阪の芸能ビジネスの世界を描くことになるはずであるが、その中で、伊能栞がどのようにからんでくるか、大きな楽しみである。古くからの大阪商人というのではない、新しい時代のビジネスマンとしての視点から、どのように芸能の世界を見ることになるのか、このところに注目していきたいと思っている。

伊能栞の新しいビジネスを象徴しているのが、そのことば……東京方言……なのである。

追記 2017-10-29
この続きは、
やまもも書斎記 2017年10月29日
『わろてんか』あれこれ「始末屋のごりょんさん」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/29/8716177