フランケンシュタインの誘惑「タスキギー 史上最長の人種差別実験」2024-02-26

2024年2月26日 當山日出夫

フランケンシュタインの誘惑 タスキギー 史上最長の人種差別実験

正直に言ってこの事件のことは知らなかった。アメリカでクリントン大統領が実験の被験者たちに謝罪したのだが、これをニュースで見たという記憶はない。

このタスキギー梅毒実験については、医学関係者には知られていることなのかとも思う。検索をかけてみると、東京大学医学部の研究倫理支援室のHPなどが上位に出てくる。

https://ohrs-u-tokyo.jp/ethics/

一般に医学研究における倫理とは何であるかということがある。そして、この事件の場合には、そこに人種差別があってのことだったことが、もう一つの論点である。

第二次政界大戦の前に始められた研究であるが、そのスタートの時点、その時代の状況を考えれば、このような実験があってもやむをえなかったのかもしれないと思う余地は感じないでもない。無論、倫理的には、その時代にあっても人体実験は非倫理的ではあったはずである。ただ、医学ということを考えるならば、なにがしかの人体実験、あるいは、それい類する行為は、不可欠なのかもしれないとは思う。だからこそ、研究は倫理的でなければならないと同時に科学的でなければならない。

タスキギー実験については、倫理的に問題であったことは無論であるが、科学的なデータとしてどれほどの知見が得られたのか、そこも問題だと思う。(科学的に厳密な統計データを取るためであるならば許されるということにはならないが。)

少なくとも、ペニシリンの効果が確認された時点で、実験を継続すべきかどうかの判断がなされるべきだったとは思う。治療法が分かっているのに、実験をつづける意義はどこにあると考えたのだろうか。

さらに問題なのは、この実験が問題視されるようになったのは、公民権法が成立してからのことだということもある。そして、アメリカ政府として正式に謝罪したのは、さらに年月がたってからになる。

番組であつかっていた黒人看護師の女性、おそらくは善意からの行動だったと思われる。人間は、善意によって行動すればそれで良いということには必ずしもならない。人間はどうあるべきかという観点からみて、非常に考えるところのある事件である。

2024年2月23日記

『光る君へ』「招かれざる者」2024-02-26

2024年2月26日 當山日出夫

『光る君へ』第8回「招かれざる者」

平安貴族の権力をめぐる駆け引きである。ドラマとしては面白いのだが、ただ実際にどのような政治をおこなおうとしていたのか、具体的な政策の中身がわからないので、今ひとつピンとこないところがある。(それにしても、平安時代の貴族はどんな政治をやっていたのだろう。このあたり、歴史学の知識に乏しいので残念ながら分からないままでいる。)

この回で兼家は病に倒れる。病気快癒のための加持祈祷は、本格的であった。以前に出てきた、まひろの家での加持祈祷はインチキがバレバレであったけれども、こんどはどうやら「本物」らしい。よりましについた霊は「よしこ」と言った。亡くなった忯子のことである。

でもまあ、帝のお后の死ということは、世間で周知のことだったろうから、忯子の霊というのも、ひょっとするとインチキかもしれないが、まあ、このあたりはこの時代の人びとには、そのようなことが信じられていた時代ということでいいかと思う。

興味深かったのは、つまはじき、あるいは、弾指。ナレーションで説明があってもいいと思うのだが無かった。『源氏物語』には、「つまはじき」の用例がある。ただ、具体的にどのような動作なのかは、よく分からないでいる。

まひろの琵琶の演奏のシーンはよかった。昔、東京に住んでいたころ、国立劇場には時々行った。雅楽の公演などもあった。琵琶の演奏は印象に残っている。音楽の素養のある人が聞けばすばらしく聞き取ることができるのだろうが、正直に言って、私の耳では、琵琶の演奏のどこがいいのかさっぱりわからなかった。このような演奏に感動した時代がかつてあったかということに、むしろ感動したと言ってもよい。

近代になってからの薩摩琵琶の演奏などをイメージすると、大きく違うことになる。また、今日においてもドラマなどで聴くことがある、琵琶法師の演奏などとも大きく異なる。

まひろは海を見たことがないという。『源氏物語』には、須磨、明石の巻で海の描写がある。紫式部はどこで海を実際に見たのだろうか。

盗賊の直秀が捕まった。さて、これからどうなるだろうか。

2024年2月25日記

フロンティア「古代文明 同時崩壊のミステリー」2024-02-25

2024年2月25日 當山日出夫

フロンティア 古代文明 同時崩壊のミステリー

これは面白かった。

ミケーネ、ヒッタイト、エジプト、古代の東地中海地方の古代文明が、紀元前一二〇〇年ごろ、ほぼ同時に崩壊している。そのなぞを探るこころみである。

気候変動。干魃があった。これは、地層、花粉、それから、鍾乳洞の石筍から当時の気候がわかるという。特に、石筍の分析から降水量の推測ができるということは面白い。それによると、大規模な干魃があったことが分かる。

地震。地層を調べると液状化の痕跡がある。このあたりには、活断層がある。かなりの規模の地震が多発していた。

疫病。ミイラに天然痘の痕跡がある。今では天然痘は根絶された病気になっているが、昔は人間の存在を脅かす怖い病気だった。医学の未発達な時代、ウイルスによる疫病の流行に人びとはなすすべがなかった。

これらは社会の不安をもたらす。人びとは離散し難民となり、あるいは、侵略者にもなった。それが、この番組では「海の民」を生み出すことにつながったということになっていた。実際に「海の民」がどんなだったかなかなり推測を交えてのことになるが、DNAの分析などから、多様な出自の人びとであることが分かるという。

古代地中海は、交易のネットワークで結ばれていた。青銅器(銅と錫で作る)は、古代文明にとって必須のものであった。それが、交易が途絶えることで作れなくなる。

最終的な仮説としては、流浪した人びとが「海の民」となって古代文明の崩壊をもたらしたのでは、ということになっていたが、なるほどそう考えることもできるかもしれない。

ただ、古代地中海が海を通じた交易ネットワークを形成していたことは、とても面白い。だからこそ、古代文明が繁栄し、同時に、危機にみまわれると同時に崩壊することになる。そして、そこには、地中海を活躍する「海の民」の存在があったことになる。少なくとも、海洋交易から見た古代社会というものを考えることになる。

海洋交易から歴史を見るという視点は、重要である。

日本の歴史もまた、東アジアの海洋交易から考える必要がある。古代であれば、朝鮮半島や中国は無論のこと、北方の交易圏もあっただろう。戦国時代以降であれば、大航海時代として世界的な交易のなかの日本を考えなければならない。また、社会を構成する人びととして、農民以外に海で生活する人びとのことも重要である。

歴史を研究するのに、これまでの人文学的手法だけではなく、気候変動や地震のことなど、多様な学際的研究が必要である。日本でも、ようやくそのような研究がおこなわれるようになってきたかと思って見ている。(私の専門にかかわるところでは、どうしても古代の文字の解読ということにはなるのだが。)

ところで、過去の気候のことについては、福井の三方五湖にある年縞博物館に行ってみたくなった。ここは過去七万年の気候の痕跡が見られる。

2024年2月20日記

『ブギウギ』「あなたが笑えば、私も笑う」2024-02-25

2024年2月25日 當山日出夫

『ブギウギ』「あなたが笑えば、私も笑う」

スズ子は映画に出る。タナケンとの共演である。この撮影にスズ子は、娘の愛子を連れて行く。この時代、子育てしながらの(今で言う)シングルマザーである。仕事場に連れて行くということも、一つのあり方だったのだろう。今なら、仕事場に託児所を要望するとか、あるいは、保育園にあずける、ベビーシッターに来てもらうなどが考えられる。ともあれ、この時代、戦後まもなくのころの一つの女性の生き方であったことになる。

茨田りつ子も出てきていた。お互いライバル同士であり、また、その実力は認めるところである。だからこそ、映画に出ることになったスズ子とりつ子の間で、一悶着おこる。原因は、芸能記者の鮫島の存在である。りつ子との関係も、最終的にはうまく解決した。

りつ子の紹介で、家政婦がやってくる。この家政婦なら安心して愛子のことをまかせられるようだ。

ところで、愛子のことで気になっていることがある。母親のスズ子のことを、「マミー」と呼んでいる。この時代に、「マミー」ということばは母親の呼称として一般に使われていたのだろうか。これが気になる。それから、(どうでもいいことのようだが)愛子は、御飯を食べるときスプーンで食べていた。自分でお箸を持てるかと思うのだが、まだ無理という設定なのだろうか。

次週、「買物ブギ」が出てくるようだ。実は、笠置シズ子をモデルに朝ドラを作ると知ったとき思ったことの一つに、「買物ブギ」が出てくるだろうかということがあった。この歌詞には、おそらく今のNHKの基準からするとかなり問題になることばが出てくる。まあ、全部オリジナルのままで歌うことは無理なので、無難なところだけでということになるのだろうか。これが、気になるところである。

2024年2月24日記

ザ・バックヤード「安佐動物公園 第2弾」2024-02-24

2024年2月24日 當山日出夫

ザ・バックヤード 安佐動物公園 第2弾

オオサンショウウオの話し。

この動物園ではオオサンショウウオの飼育と繁殖にとりくんでいる。三世代の繁殖に成功し、ここで生まれたオオサンショウウオは他の動物園にも行っているという。

まず、自然の観察から始まる。そして、それを生かした飼育環境をととのえる。さらに、そこで得た知見をもとに、自然環境のもとでの繁殖に取り組む。人工の巣穴を作る。非常に地道な活動であるが、これこそ動物園の役割の重要なところだと感じる。

オオサンショウウオは、これまで水族館や動物園で見たことはあると思うのだが、そんなにじっくりと観察するということはなかったのが、正直なところである。なるほど、オオサンショウウオの飼育には、背景にこんな仕事があってのことなのかと、非常に興味深かった。

それから、キリンの装具。以前、Eテレの「ウチのどうぶつえん」で、釧路の動物園で、交通事故で怪我をしたタンチョウの義足を作るというのを見たことを思い出す。動物園の仕事は、そこにいる動物たちの命を守ることにある。一般の来園者には見えないところでの仕事が、とても貴重なものであることが分かる。

2024年2月23日記

ウチのどうぶつえん「ナゾなぞ!ウミウシワールド」2024-02-24

2024年2月24日 當山日出夫

ウチのどうぶつえん ナゾなぞ!ウミウシワールド

マイナーな番組なのだが、そこで登場するマイナーな生きものがとても面白い。今の私にとっては、NHKで最も気に入っている番組の一つである。

ウミウシを多く飼育している鹿児島の水族館である。しかも、飼育しているウミウシは、飼育員が自ら鹿児島の海でとってきたものである。だからこそ、というべきであろう、その生育の環境を把握することにもつながる。こういうことがあって、飼育が可能になり、また、繁殖にも成功した。

ウミウシを飼育するには、そのエサとなる生きものも飼育しなければならない。当たり前だが、ここから考えなければならないとなると、大変である。中にはウミウシしか食べないウミウシもいる。

ウミウシもこうやってみると、とても興味深い生きものである。

マンボウは、昔、志摩の水族館でみたのを憶えている。(たしか、もうなくなってしまったはずである。)海遊館は行ったことはあるが、かなり昔のことである。その尿と便を採取しているシーンなど、この番組ならではのものかもしれない。

2024年2月17日記

「ローティ“偶然性・アイロニー・連帯” (3)言語は虐殺さえ引き起こす」2024-02-23

2024年2月23日 當山日出夫

100分de名著 ローティ“偶然性・アイロニー・連帯” (3)言語は虐殺さえ引き起こす

もう今年度(二〇二三)で、国語学、日本語学を教える仕事は終わりにした。いろいろと理由のあってのことだが、最大の理由の一つは、生成AIのことである。これからの時代に、人間にとって言語とはなんであるか、考えるのが非常に困難な状況になると考えた。もうここいらで隠居しようと思った。

これまで、国語学、日本語学を教えてきて、一番注意して使ってきたことばが、「日本人」と「日本語」である。「日本語」は言語の名称として使用する。そして、その「日本語」を使うのが「日本人」であるとは言えない。

私の場合、これまで極力「日本人」ということばは授業で使わないできた。「日本人」と言わなければならない場合、それは、日本列島に住んで日本語を話している人びとのことぐらいの意味でつかっておくことにしますが……というような断りを必ず入れるようにしてきた(無論、「日本人」をめぐてはこれで十分ではなく、さらなる議論が必要である。最低限、無反省に使わないことである。)これはかなり面倒なことではある。しかし、このような面倒なことわりを入れることで、「日本人=日本語」という概念にとらわれない見方がありうるのだということは、伝えることができればと思ってのことである。

言語と本質主義というのは、いつの時代にも議論になることである。

人権ということばを語る人が、意見の異なる立場の人に対しても、人権を尊重しているかどうか……昨今のSNSでのやりとりを見ていると、どうかと思うことが多い。強いていえば、人権はマイノリティの特権ではない。少なくとも人権は平等であるという理念は必要である。(アファーマティブ・アクションの価値は認めるのだが。)

旧ユーゴスラビアのことについては、いろいろと思うことがある。少なくとも、私の若いころ、それは東西冷戦の時代であったが、旧ユーゴスラビアを始め、東欧社会主義国を礼讃することが多くあった。ソ連や中共(今はもうこのような言い方はしないが)には賛同できないが、東欧社会主義を理想的に語ることが、左翼的な立場からは多くあったと記憶する。(今のリベラルを自称する人たちは、このような歴史がなかったかのごとくである。)

配偶者のことをどう呼ぶかで気になるのはNHKの方針である。街頭インタビューなどで、女性が「主人」と言ったとき、字幕では「夫」に改めている。ひとのことばを勝手に変えていいのかと思うが、どうだろうか。これなど、時代の変化、世代の移り変わりとととも自然に変わっていくものだと思うのだが。(ついでに書けば、同様にいわゆる「らぬきことば」は訂正するのを基本としていると観察される。これも、ほうっておけばいいものだと思うが。)

「わたしたち」というとき、それは確かにある種の排他性を持つ。「わたしたち」ではない人びとのことを前提にする。しかし、人間というものは、「わたしたち」という仲間を作りそのなかで生きてきたという歴史がある。

一方、最近言われることとして、コミュニティの再生、というようなことがある。

良い「わたしたち」と、悪い「わたしたち」があるのだろうか。問題は、そのメンバーが、自分たちのことをどう自己認識しているか、ということ、そのことに常に反省的でありうるかどうかということではないかと思うが。

2024年2月21日記

『舟を編む ~私、辞書つくります~』(第1回)2024-02-23

2024年2月23日 當山日出夫

舟を編む ~私、辞書つくります~ 第一回

私の国語学の恩師は山田忠雄先生である。始めてあったのは、学部の三年の終わりのころだったと憶えている。慶應義塾大学での恩師である太田次男先生につれられて、渋谷にある山田忠雄先生の研究室に行った。

慶應の文学部で国語学を勉強したいと言った私に対して、慶應には国語学の先生はいないから、山田忠雄先生を紹介しよう、ということで連れていってもらった。これを契機として、その後、国語学を学ぶ方向に進むことになった。

山田忠雄先生は、言うまでもなく三省堂の『新明解国語辞典』の編纂者である。

その後の私の人生のことを思ってみると、あるいは、辞書編纂者という道を歩むことになったかもしれない。そうふりかえることがたびたびある。もし、国語学のうちで訓点語研究……太田次男先生のもとで「神田本白氏文集」の索引を大学院のときに作った……という分野にいかなければ、おそらくは辞書の編纂という仕事に携わっていたかもしれない。

ドラマであるが、辞書ということが分かっている作り方になっている。

さりげないシーンだが、辞書の編集部の机の上の辞書が、上下逆においてあった。これは、辞書を頻繁に使う人間にとって正しい置き方である。上下を逆にしておいてあった方が、手に取って手元でそのまま開くことができる。これが、普通に並べてあると、手元で一回ひねってやる必要がある。この一手間を惜しむのが、辞書を使うプロである。

それから、「右」の語釈を訊ねるシーンがあった。ここでは、思わず笑ってしまった。国語辞典において、「右」をどう説明するかは、国語辞典の語釈の特色や方針をしめすものとして、最も有名な事例である。おそらく、ほとんどの国語学者、日本語学者なら、このことは知っている。

つまりは、辞書というもの、それを作る現場のものの考え方を、きちんと踏まえて作ってあるドラマといってよい。辞書監修として山本康一さんの名前があった。このあたりは納得できる。

このドラマでは、登場する辞書が実際に刊行されている辞書である。これはNHKのドラマの作り方からすると異例かもしれない。しかし、現実に刊行されている辞書が登場してこそ、リアリティが生まれる。が、『広辞苑』を持ち歩くのはどうかと思わないではない。二〇一七年のころなら、デジタル版ということになるかと思う。スマホアプリか、あるいは電子辞書(これはもう古びてしまっているが)でないだろうか。

時代設定が二〇一七年というのは、かなりうまい。世の中の趨勢として、デジタル化資料が多く登場しているころになる。BCCWJは使えるようになっている。しかし、『大渡海』の完成予定である三年後の二〇〇〇年には、まだ生成AIによる言語という問題は起きていない。

二〇一七年のころには、『大渡海』のようなタイプの辞書はもう時代遅れになっている。このあたりは、まあドラマということである。

2024年2月22日記

「マンハッタン計画 オッペンハイマーの栄光と罪」2024-02-22

2024年2月22日 當山日出夫

映像の世紀バタフライエフェクト マンハッタン計画 オッペンハイマーの栄光と罪

これは非常に見応えがあった。

マンハッタン計画については、これまでの「映像の世紀」でも何度もとりあげている。この回では、特に、オッペンハイマーを軸に描いていた。その他に登場していたのは、ハイゼンベルク、ローレンス、そして、仁科芳雄、などである。

原爆の開発については、たしかに賛否両論があると私は思う。日本の立場からすれば、否定的に考えることにはなる。しかし、その時代にあって、新たな兵器の開発が求められたことは確かだとはいえよう。(ただ、それを、実際に日本に対して使うかどうかは、別の問題である。)

もし、オッペンハイマーがいなかったとしても、いずれ誰かが作ったにちがいない。アメリカが作らなかったとしても、あるいは、ドイツが作っていたかもしれない。ソ連が作ったかもしれない。原爆開発の責任を、オッペンハイマーだけの問題にしてはいけない。その時代の流れのなかで、政治家の判断と科学者の判断のもとに、実現すべきものとしてあったと考えるべきではないだろうか。

余計なことではあるが、こういう番組を見て思うことがある。原爆の破壊力のすさまじさ、その被害の惨状を克明に伝えることは、それを使用することをためらうことになると同時に、これだけの威力のある兵器だからこそ、所有したい、それを戦争で使いたい、少なくとも、威嚇として必要である……この反対の論理を導くことになる。現に、世界には、核兵器の保有国があることは確かなことである。

さて、今の時代、科学と人間について考えるとき、まず思いうかぶのはAIのことである。また、生命科学のこと、特に、脳と遺伝子の研究がある。これらは、人間の人間たるゆえんを根本から問いなおすことになる。

技術的に可能なことは、とにかく実現してきたというのが、人間と科学の歴史であると言えようか。これから、二一世紀はどんな時代になることだろうか。

『励起-仁科芳雄と日本の現代物理学-』を読んでおこうと思う。

2024年2月20日記

ドキュメント20min.「待ち声」2024-02-22

2024年2月22日 當山日出夫

ドキュメント20min. 待ち声

私は、待つ、ということがそんなに嫌いではない。電車が確実に来ることが分かっているのなら、それまでの間、なんとなくすごす。それも悪くないと思うタイプである。これも、私が年を取ってきたせいもあるかなと思う。

スマホを持っていないので、待ち時間にそれを見るということもない。いや、むしろ、ちょっとした待ち時間でもスマホを見てしまうということは、私の好むところではない。

NHKの番組で好きなものの一つに、岩合光昭の世界ネコ歩き、がある。ネコが好きということもあるが(今、我が家には四匹のネコがいる)、ネコの撮影の背後にある待っている時間が想像されるということもある。ネコは気まぐれである。こちらの思うように動いてくれたり、じっとしていてくれたりするわけではない。ネコはネコの時間ですごしている。それに人間の方が合わせなければならない。ただ待っているだけである。このような時間の過ごし方があっていい。ネコが映っている時間の背景に、そのネコを待っている時間のことを想像してみることができる。こういう番組があってもいいと思っている。

ただ何もせずにすごす時間、これが今の時代にあってとても貴重なものに思えてくる。一番の贅沢だと思う。

2024年2月19日記