偉人の年収「ロケット開発者 糸川英夫」2024-02-28

2024年2月28日 當山日出夫

偉人の年収 How much? ロケット開発者 糸川英夫

再放送である。最初の放送のとき見逃していたので録画しておいた。

小惑星「イトカワ」の名前が、糸川秀夫に由来することは知っていたが、それがどんな人かはほとんど知らなかった。東京大学でロケットの開発をしていたことぐらいである。

私が子どものころ、テレビのニュースで、日本のロケット実験のことを何度か見た記憶がある。今から思えば、その陣頭指揮をとっていたのが糸川英夫ということになる。

しかし、日本初の人工衛星打ち上げのときのことは憶えていない。大きなニュースになったとは思うのだが。

糸川英夫が、東大を出て中島飛行機に就職し、隼の開発にたずさわっていたことは、この番組で知った。私の年代の人間なら、陸軍の戦闘機であった隼の名前は知っている。

脳波の研究をしていたことは意外であった。しかし、波形として表現出来るものなら共通点があるはず、という発想はすごいと思う。

それから、内之浦のロケット発射場の建設に、地元の人たちが協力していたということは、これはいい話しだと思う。

科学の研究、技術の開発には、個人の研究者の才能だけではどうしようもないことがある。研究資金をどこから調達してくるのか、そのマネージャーとしての手腕が必要になる場面もある。今の日本は、どうもこのあたり、非常にケチになっているという印象がある。糸川英夫のすごいところは、研究開発のプロジェクトを推進する、言ってみれば純然たる研究以外のところでの手腕があったということになるだろうか。

六〇を過ぎてからバレーを始めるというのも驚きである。だが、健康のためと、また、勝敗のない趣味の世界というのは、発想の柔軟性を保つためにいいことかと思う。

ところで、晩年の糸川英夫は、多くの著書を書いているのだが、手にした記憶がない。読んだことはないと思う。いったいどんなことを書いていたのか、興味がある。

2024年2月26日記

「舟を編む ~私、辞書つくります~」(2)2024-02-28

2024年2月28日 當山日出夫

「舟を編む ~私、辞書つくります~」(2)

「右」もそうなのだが、「恋愛」ということばも辞書の語釈が問題になることが多い。しかし、このドラマの脚本は、なんでこう面倒なことばをとりあげるのかとも思ってしまうのだが……そのうち「動物園」とか「マンション」とか出てくるだろうか。

辞書、特に現代語を対象とする国語辞典に何を求めるかということになると、時代の状況によって変わってくることは確かなことである。この意味では「恋愛」ということばの語釈も時代とともに変化があってもいいとは思う。

だが、それはあくまでも冷静で客観的なことばの観察をもとにしてのことでなければならない。言いかえれば「恋愛」ということばをどう定義するかではなく、人びとがそのことばをどのような意味で使っているのか、ということである。

出てきたことで興味深いのは、新しく版をあらためた辞書で、前の版にあって消えることになったことば。一般に、新しく辞書が出たとき、収録語数とか、新しく採用になったことばとかが話題になることが多い。しかし、その一方で、無くなってしあったことばもある。むしろ、国語学、日本語学として意味があるのは、消えることになったことばかとも思う。無論、このことをここで書いているのは、『消えたことば辞典』のことが念頭にあってのことである。

ドラマの最後のシーンで、馬締は「配偶者」と言っていた。二〇一七年としては、このことばもありうる。「家内」「妻」あるいは「よめ」と言うことも可能だろう。他にもことばをえらぶことはできる。

近年になって使われることばの用法として、自分の配偶者のことを「よめ」ということがある。私が始めて耳にしたのは一〇年ほど前のことになるだろうか。以前なら、「よめ」は自分の子供の配偶者(女性)ということでつかっていた。この意味での使い方がすたれて、新しい用法が生まれてきたということかとも思うが、さて、これはこれから日本語のなかで定着するだろうか。

国語学、日本語学を勉強している学生がこのドラマを見てどのような感想をいだくか、きいてみたいものである。残念ながら、学校で教える仕事はもう終わりということにしてしまったのであるが。

2024年2月26日記

「マイクケーブル8の字巻きグランプリ2023」2024-02-27

2024年2月27日 當山日出夫

ニッポン知らなかった選手権実況中! マイクケーブル8の字巻きグランプリ2023

こんなコンテストがあるのか……と思ってしまったのだが、面白かった。

正直言って、「8の字巻」という技術があることは、知らなかった。しかし、説明を見て、なるほど合理的な方法だなと納得がいく。この方法は、放送や劇場などの業界以外にも、ホースやロープ、ケーブルなどを巻き取るときに広く使われているということである。(こんど機会があったら試してみようかと思う。)

この番組を見ていつも思うのだが、どの分野であっても技術というものがあり、その修練が重要である。

ところで、番組のなかで「デューク東郷」と言っていたが、今の若い人は分かるだろうか。まあ、私の場合は、学生のころ雑誌連載を読んだことがあるから憶えているのだが。ちょっと気になった。

2024年2月23日記

ドキュメント20min.「最後の晩餐」2024-02-27

2024年2月27日 當山日出夫

ドキュメント20min. 最後の晩餐

スネークマンショーのことは、かすかに記憶に残っている程度である。伊武雅刀も小林克也もともに知ってはいる。

思うこととして、二つばかり書いておく。

第一には、コントを作る過程。そこまでさまざまに考えているのかと、改めて感じ入るところがあった。が、これもNHKで放送できる範囲のことで収録して作ってあるのかとは思うが。

第二には、別にやりのこしたことがあってもいいのではないか、という思いがある。どうせ限りある人生なのだから、すべてやり遂げることなどできるはずがないと思う方がいいかもしれない。今の私としてそう思う。

それにしても、番組後半のコントは面白かった。まさに芸である。

2024年2月26日記

ウチのどうぶつえん「“裏切り”の動物園」2024-02-27

2024年2月27日 當山日出夫

ウチのどうぶつえん “裏切り”の動物園

これは面白かった。

アイアイがどんな動物(サル)であるかは、以前、何かの自然番組で見た記憶がある。マダガスカルにいるサルであることは知っていた。名前とはちょっと違った、強いていえば怖い感じのするサルである。しかし、この番組でみると、かわいらしい。

タヌキが落葉に埋もれている姿は、なんともいえず愛らしい。もともとはエサを落葉に隠して探索するようにしたということである。しかし、見るものにとっては
落葉とタヌキは絶妙の組み合わせである。タヌキも交通事故にあう。(私の住んでいる近辺でも、ときどき自動車を運転していて、タヌキを見かけることがある。)

ツチブタは、名前は知っていたが、どんな動物かは知らなかった。ツチブタというがブタとは異なる。面白かったのは、アリをエサとして与えるところ。食用のアリが売られている。人間はいろんなものを食べる。食用のアリがあっても、そんなものかと思う。そのおかげで、飼育されているツチブタもアリを食べることができる。(そうでなければ、エサにするためにアリを飼育するということになるかと思うが、これは大変そうである。)

カワウソは可愛い動物の代表かもしれない。その可愛さは、やはり自然環境に近い飼育でこそ、本来の姿として見ることができる。このごろの動物園では、飼育している動物を、その本来の生息地の環境に近い状態で飼育するという方向になってきている。それが成功した事例ということになるだろう。動物園のなかに植物課という担当の部署があるというのは、おどろきである。が、ここまでしないと飼育環境を作ることはできない。あえて水を濁らせるというのも、カワウソのことを考えてのことである。

2024年2月24日記

フランケンシュタインの誘惑「タスキギー 史上最長の人種差別実験」2024-02-26

2024年2月26日 當山日出夫

フランケンシュタインの誘惑 タスキギー 史上最長の人種差別実験

正直に言ってこの事件のことは知らなかった。アメリカでクリントン大統領が実験の被験者たちに謝罪したのだが、これをニュースで見たという記憶はない。

このタスキギー梅毒実験については、医学関係者には知られていることなのかとも思う。検索をかけてみると、東京大学医学部の研究倫理支援室のHPなどが上位に出てくる。

https://ohrs-u-tokyo.jp/ethics/

一般に医学研究における倫理とは何であるかということがある。そして、この事件の場合には、そこに人種差別があってのことだったことが、もう一つの論点である。

第二次政界大戦の前に始められた研究であるが、そのスタートの時点、その時代の状況を考えれば、このような実験があってもやむをえなかったのかもしれないと思う余地は感じないでもない。無論、倫理的には、その時代にあっても人体実験は非倫理的ではあったはずである。ただ、医学ということを考えるならば、なにがしかの人体実験、あるいは、それい類する行為は、不可欠なのかもしれないとは思う。だからこそ、研究は倫理的でなければならないと同時に科学的でなければならない。

タスキギー実験については、倫理的に問題であったことは無論であるが、科学的なデータとしてどれほどの知見が得られたのか、そこも問題だと思う。(科学的に厳密な統計データを取るためであるならば許されるということにはならないが。)

少なくとも、ペニシリンの効果が確認された時点で、実験を継続すべきかどうかの判断がなされるべきだったとは思う。治療法が分かっているのに、実験をつづける意義はどこにあると考えたのだろうか。

さらに問題なのは、この実験が問題視されるようになったのは、公民権法が成立してからのことだということもある。そして、アメリカ政府として正式に謝罪したのは、さらに年月がたってからになる。

番組であつかっていた黒人看護師の女性、おそらくは善意からの行動だったと思われる。人間は、善意によって行動すればそれで良いということには必ずしもならない。人間はどうあるべきかという観点からみて、非常に考えるところのある事件である。

2024年2月23日記

『光る君へ』「招かれざる者」2024-02-26

2024年2月26日 當山日出夫

『光る君へ』第8回「招かれざる者」

平安貴族の権力をめぐる駆け引きである。ドラマとしては面白いのだが、ただ実際にどのような政治をおこなおうとしていたのか、具体的な政策の中身がわからないので、今ひとつピンとこないところがある。(それにしても、平安時代の貴族はどんな政治をやっていたのだろう。このあたり、歴史学の知識に乏しいので残念ながら分からないままでいる。)

この回で兼家は病に倒れる。病気快癒のための加持祈祷は、本格的であった。以前に出てきた、まひろの家での加持祈祷はインチキがバレバレであったけれども、こんどはどうやら「本物」らしい。よりましについた霊は「よしこ」と言った。亡くなった忯子のことである。

でもまあ、帝のお后の死ということは、世間で周知のことだったろうから、忯子の霊というのも、ひょっとするとインチキかもしれないが、まあ、このあたりはこの時代の人びとには、そのようなことが信じられていた時代ということでいいかと思う。

興味深かったのは、つまはじき、あるいは、弾指。ナレーションで説明があってもいいと思うのだが無かった。『源氏物語』には、「つまはじき」の用例がある。ただ、具体的にどのような動作なのかは、よく分からないでいる。

まひろの琵琶の演奏のシーンはよかった。昔、東京に住んでいたころ、国立劇場には時々行った。雅楽の公演などもあった。琵琶の演奏は印象に残っている。音楽の素養のある人が聞けばすばらしく聞き取ることができるのだろうが、正直に言って、私の耳では、琵琶の演奏のどこがいいのかさっぱりわからなかった。このような演奏に感動した時代がかつてあったかということに、むしろ感動したと言ってもよい。

近代になってからの薩摩琵琶の演奏などをイメージすると、大きく違うことになる。また、今日においてもドラマなどで聴くことがある、琵琶法師の演奏などとも大きく異なる。

まひろは海を見たことがないという。『源氏物語』には、須磨、明石の巻で海の描写がある。紫式部はどこで海を実際に見たのだろうか。

盗賊の直秀が捕まった。さて、これからどうなるだろうか。

2024年2月25日記

フロンティア「古代文明 同時崩壊のミステリー」2024-02-25

2024年2月25日 當山日出夫

フロンティア 古代文明 同時崩壊のミステリー

これは面白かった。

ミケーネ、ヒッタイト、エジプト、古代の東地中海地方の古代文明が、紀元前一二〇〇年ごろ、ほぼ同時に崩壊している。そのなぞを探るこころみである。

気候変動。干魃があった。これは、地層、花粉、それから、鍾乳洞の石筍から当時の気候がわかるという。特に、石筍の分析から降水量の推測ができるということは面白い。それによると、大規模な干魃があったことが分かる。

地震。地層を調べると液状化の痕跡がある。このあたりには、活断層がある。かなりの規模の地震が多発していた。

疫病。ミイラに天然痘の痕跡がある。今では天然痘は根絶された病気になっているが、昔は人間の存在を脅かす怖い病気だった。医学の未発達な時代、ウイルスによる疫病の流行に人びとはなすすべがなかった。

これらは社会の不安をもたらす。人びとは離散し難民となり、あるいは、侵略者にもなった。それが、この番組では「海の民」を生み出すことにつながったということになっていた。実際に「海の民」がどんなだったかなかなり推測を交えてのことになるが、DNAの分析などから、多様な出自の人びとであることが分かるという。

古代地中海は、交易のネットワークで結ばれていた。青銅器(銅と錫で作る)は、古代文明にとって必須のものであった。それが、交易が途絶えることで作れなくなる。

最終的な仮説としては、流浪した人びとが「海の民」となって古代文明の崩壊をもたらしたのでは、ということになっていたが、なるほどそう考えることもできるかもしれない。

ただ、古代地中海が海を通じた交易ネットワークを形成していたことは、とても面白い。だからこそ、古代文明が繁栄し、同時に、危機にみまわれると同時に崩壊することになる。そして、そこには、地中海を活躍する「海の民」の存在があったことになる。少なくとも、海洋交易から見た古代社会というものを考えることになる。

海洋交易から歴史を見るという視点は、重要である。

日本の歴史もまた、東アジアの海洋交易から考える必要がある。古代であれば、朝鮮半島や中国は無論のこと、北方の交易圏もあっただろう。戦国時代以降であれば、大航海時代として世界的な交易のなかの日本を考えなければならない。また、社会を構成する人びととして、農民以外に海で生活する人びとのことも重要である。

歴史を研究するのに、これまでの人文学的手法だけではなく、気候変動や地震のことなど、多様な学際的研究が必要である。日本でも、ようやくそのような研究がおこなわれるようになってきたかと思って見ている。(私の専門にかかわるところでは、どうしても古代の文字の解読ということにはなるのだが。)

ところで、過去の気候のことについては、福井の三方五湖にある年縞博物館に行ってみたくなった。ここは過去七万年の気候の痕跡が見られる。

2024年2月20日記

『ブギウギ』「あなたが笑えば、私も笑う」2024-02-25

2024年2月25日 當山日出夫

『ブギウギ』「あなたが笑えば、私も笑う」

スズ子は映画に出る。タナケンとの共演である。この撮影にスズ子は、娘の愛子を連れて行く。この時代、子育てしながらの(今で言う)シングルマザーである。仕事場に連れて行くということも、一つのあり方だったのだろう。今なら、仕事場に託児所を要望するとか、あるいは、保育園にあずける、ベビーシッターに来てもらうなどが考えられる。ともあれ、この時代、戦後まもなくのころの一つの女性の生き方であったことになる。

茨田りつ子も出てきていた。お互いライバル同士であり、また、その実力は認めるところである。だからこそ、映画に出ることになったスズ子とりつ子の間で、一悶着おこる。原因は、芸能記者の鮫島の存在である。りつ子との関係も、最終的にはうまく解決した。

りつ子の紹介で、家政婦がやってくる。この家政婦なら安心して愛子のことをまかせられるようだ。

ところで、愛子のことで気になっていることがある。母親のスズ子のことを、「マミー」と呼んでいる。この時代に、「マミー」ということばは母親の呼称として一般に使われていたのだろうか。これが気になる。それから、(どうでもいいことのようだが)愛子は、御飯を食べるときスプーンで食べていた。自分でお箸を持てるかと思うのだが、まだ無理という設定なのだろうか。

次週、「買物ブギ」が出てくるようだ。実は、笠置シズ子をモデルに朝ドラを作ると知ったとき思ったことの一つに、「買物ブギ」が出てくるだろうかということがあった。この歌詞には、おそらく今のNHKの基準からするとかなり問題になることばが出てくる。まあ、全部オリジナルのままで歌うことは無理なので、無難なところだけでということになるのだろうか。これが、気になるところである。

2024年2月24日記

ザ・バックヤード「安佐動物公園 第2弾」2024-02-24

2024年2月24日 當山日出夫

ザ・バックヤード 安佐動物公園 第2弾

オオサンショウウオの話し。

この動物園ではオオサンショウウオの飼育と繁殖にとりくんでいる。三世代の繁殖に成功し、ここで生まれたオオサンショウウオは他の動物園にも行っているという。

まず、自然の観察から始まる。そして、それを生かした飼育環境をととのえる。さらに、そこで得た知見をもとに、自然環境のもとでの繁殖に取り組む。人工の巣穴を作る。非常に地道な活動であるが、これこそ動物園の役割の重要なところだと感じる。

オオサンショウウオは、これまで水族館や動物園で見たことはあると思うのだが、そんなにじっくりと観察するということはなかったのが、正直なところである。なるほど、オオサンショウウオの飼育には、背景にこんな仕事があってのことなのかと、非常に興味深かった。

それから、キリンの装具。以前、Eテレの「ウチのどうぶつえん」で、釧路の動物園で、交通事故で怪我をしたタンチョウの義足を作るというのを見たことを思い出す。動物園の仕事は、そこにいる動物たちの命を守ることにある。一般の来園者には見えないところでの仕事が、とても貴重なものであることが分かる。

2024年2月23日記