『戦争と平和』(三)トルストイ/望月哲男(訳)光文社古典新訳文庫2021-12-04

2021-12-04 當山日出夫(とうやまひでお)

戦争と平和(3)

トルストイ.望月哲男(訳).『戦争と平和』(三)(光文社古典新訳文庫).光文社.2020
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334754327

続きである。
やまもも書斎記 2021年11月27日
『戦争と平和』(二)トルストイ/望月哲男(訳)光文社古典新訳文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/11/27/9443468

三冊目には、戦争のことは出てこない。戦闘場面はない。ただ、解説によると、この小説の舞台背景としては、ロシアとフランスの間では、ただならぬ事態が進行していたようである。だが、西欧の歴史に疎い私としては、ただ小説の物語の展開を追って読んでいる。

ここで魅力的なのは、なんといっても、ナターシャである。ロシア的な理想の女性というイメージで登場してくる。特に、舞踏会のシーンは印象に残る。また、村での狩りの場面とか、それにつづく音楽の演奏など、かなり理想化したロシア女性として描かれていると感じるところがある。

だが、そのナターシャも、この巻の終わりの方で、あやまちをおかすことになる。なんとも愚かな女であることかと思ってしまう。さて、これから、ナターシャとアンドレイの関係はどうなるのだろうかと気になる。(まあ、この作品を読むのは、何度目かになるので先のことは分かってはいるのだが。)

ここまで描かれているのは、ロシア的としかいいようのない何かなのだろうと思って読む。これは、ドストエフスキーを読んでも感じるところではあるが、ナターシャや、アンドレイの言行など読んでいくと、これがロシアの人びとの思うことなのか……といっても、当時のロシア貴族は、その当時の社会のほんの一握りであったのだろうが……強く印象に残る。

それにしても、貴族だからといっても、必ずしも経済的に裕福であるとは限らない。この小説は、金銭的なことにかなり細かい。貴族の生活も、それなりの生活を維持しようと思うならば、とても大変だったようだ。

さて、彗星が空に出たところで、この巻が終わる。これからのロシアの運命はどうなるのか、ナターシャやアンドレイを始めとする登場人物たちはどうなるのか、楽しみに次の巻を読むことにしたいと思う。

2021年10月15日記

映像の世紀プレミアム(17)「人類の危機」2021-12-03

2021-12-03 當山日出夫(とうやまひでお)

映像の世紀プレミアム (17) 人類の危機

再放送を録画して見ていっている。いつものように月曜の放送を録画しておいて、木曜日に見た。(火曜日は、『青天を衝け』について書いているし、水曜日は写真の日である。また、学校に行く日でもあるので、どうしても木曜日に見ることになる。)

二〇二〇年の放送。スペイン風邪のことからはじまっていた。最初の放送のときも見ている。そのときに思ったことは、スペイン風邪のことを、いずれ映像の世紀プレミアムでもとりあつかうことになるだろうが、それはどんなものになるのか、という印象である。

どうやらスペイン風邪はアメリカが発祥地らしい。それが、第一次世界大戦のなかで戦場にひろがった。その後、世界に広がることになる。ただ、その当時は、戦場での疫病の発生自体が軍事機密とされた。スペイン風邪の名前の由来は、スペインで感染が大きく報じられたことによる。

ここで、日本のこととして芥川龍之介が登場していた。これはこれとして興味深いものなのだが、それよりも、日本での流行がどうであったのか、このあたりもう少し詳しく語ってほしかったという気がしてならない。(これは、今のCOVID-19のことを考えてみても、その当時の普通の人びとが、スペイン風邪のことをどう思って暮らしていたのか、興味のあるところである。)

大恐慌。ここで日本は登場しなかった。しかし、日本では昭和の初めにおきた大恐慌のあおりで、その後の日本の歴史が大きく動くことになったとはいえそうである。アメリカで、大恐慌からのがれることができたのは、結局は戦争ということである。日本においても、昭和初期の不況をぬきにして、その後の日中戦争、太平洋戦争を考えることはできないだろう。

キューバ危機。核戦争の一歩手前までということでは、未曾有の人類の危機であったかもしれない。それをすくうことになるのは、為政者……ケネディ大統領など……の判断もさることながら、現場の判断によるところが大きかったというのは、貴重な記録といっていいだろう。

チェルノブイリ原発事故。これは、今にいたるまで片付いていない。いったいこの事故の決着をみるまでに、どれほどの年月がこれからかかることだろうか。それにしても、事故処理にあたるのに、最終的には人手によるほかなかったというのは、これはどうにかならなかったものかとも思ってしまう。(ただ、番組では、ここで日本の福島の事故のことについては言及することがなかった。これはこれとして、一つの立場だろう。)

最初、この番組の放送があったときは、まさにCOVID-19の流行で、この先の世の中どうなるのだろうかと、不安な思いであったのを思い出す。再放送のときにも、まだ流行はおさまっていない。感染の再拡大する国がある。また、あらたな変異株のことも懸念材料としてある。これから、世界がこの危機をのりこえるには、まだ時間がかかることになるだろう。

2021年12月2日記

『100万回死んだねこ』福井県立図書館2021-12-02

2021-12-02 當山日出夫(とうやまひでお)

100万回死んだねこ

福井県立図書館.『100万回死んだねこ-覚え間違いタイトル集-』.講談社.2021
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000356010

福井県立図書館のHPで公開されているものを編集してある。覚え間違いタイトルは、福井県立図書館が、かなり以前から、収集して公開している。SNSなどで、その存在は知られていたものであるが、これがついに本になったかという気がする。

売れている本のようだ。図書館関係の本としては、異例のベストセラーといっていいかもしれない。

読んで思うこととしては、次の二点ばかりを書いておく。

第一には、読んで面白いこと。

「100万回死んだねこ」は、無論、「100万回生きたねこ」の覚え間違いである。(この絵本は、うちの子どもが小さいころに買ってきて読んだのを覚えている。絵本としては、有名なものである。)

この他、いろんな本のいろんな覚え間違いが紹介されている。どうしたらこんなふうに思い間違えることができるのか、読んでいてふと笑ってしまうような事例が多い。

第二には、図書館、司書の存在意義について。

利用者から本を探しているという依頼があった場合、なぜ司書は、そんなに丹念に探索することになるのか。まさに、司書という職業の存在意義が、ここで問われることになる。また、図書館とは何のためにあるのか。図書館の存在が、根底から問いかけられもする。

このことに、この本はある意味できちんと答えている。

以上の二点が、この本を読んで思うことなどである。

それから、さらに書いてみるならば……本を探すとき、あるいは、何かを検索するとき、漢字ではなく、ひらがなの読みで検索するとうまくいくことがある、これは、非常に重要なヒントである。図書館の蔵書検索だけではなく、一般のネット検索にも応用できる。

2021年11月29日記

千両2021-12-01

2021-12-01 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので写真の日。今日は千両である。

前回は、
やまもも書斎記 2021年11月24日
綿毛
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/11/24/9442727

もう一二月である。写真は、先月、一一月のうちに写しておいたものからである。千両の実である。これも今では、赤く色づいている。その色が変わり始めたころのものである。

千両や万両の実の色の変化を見ていると、季節の移り変わりを感じる。千両の実は、色の黄色くなるものと、赤くなるものとがある。今年は、例年写している黄色い実が、ほとんど見られない。

これもそのうち、鳥が来て食べてしまってなくなる。強いて防護しようとも思っていないので、自由に鳥が食べるのにまかせている。だいたい、鳥が食べ尽くすころになると、一番寒い時期を迎えることになるだろうか。

紅葉は、盛りを過ぎたころである。公孫樹の葉も色づいて、ほとんど散ってしまっている。駐車場の山茶花の花が咲いている。南天の実も赤く色づいているのだが、これも鳥が食べてしまうので、少なくなってきている。秋も終わりで、冬になろうとしている。

千両

千両

千両

千両

Nikon D500
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

2021年11月29日記

『青天を衝け』あれこれ「栄一、あがく」2021-11-30

2021-11-30 當山日出夫(とうやまひでお)

『青天を衝け』第37回「栄一、あがく」
https://www.nhk.or.jp/seiten/story/37/

前回は、
やまもも書斎記 2021年11月23日
『青天を衝け』あれこれ「栄一と千代」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/11/23/9442479

このドラマでは、三菱は悪役である。まあ、これはドラマの作り方としてそうなっているということなのであろうが。

その悪役の三菱と、栄一は運漕会社で競争することになる。端的には、値下げ合戦であり、シェアのうばいあいである。双方疲弊してきたところで、五代友厚が仲裁にはいる。結果的には、もうこれ以上競争をつづけていても、双方のためにならない、また日本のためにはならないということで、三菱と栄一は仲直りということになる。まあ、このあたりは、史実に基づいて描いて、それを渋沢栄一の側から見ればどうなのか、ということになるのかと思う。

しかし、結果的には新しくできた会社が、海運業を独占することになると思うのだが、このあたり問題はなかったのだろうか。(これも、明治という時代、成長途上にある日本の国、資本主義ということでは、許容されることなのかもしれない。)

また、この回で栄一は再婚する。これも史実のとおりに作ってある。栄一は、渋沢の「家」というものをかなり意識した人物だと思うのだが、その一族の一員として、新しい妻の兼子は、しっかりと役割を果たしている。

養育院も栄一の努力でつづけることになった。これは、渋沢栄一の社会福祉事業へのかかわりということで、今後も続くことになる。

このドラマも、次週はもう一二月である。放送はあと何回もない。どこまで描くことになるのだろうか。史実としては、昭和六年に渋沢栄一は亡くなっている。このところまで描くとなると、これからはかなりスピードを上げることになりそうだ。

渋沢栄一が、後年尽力することになる、日米の民間外交というあたりは、どのようになるのか。そして、渋沢の「家」の二代目はどう成長するのか。(これは結果としては、敬三に受け継がれることになるのだが。)

ところで、この回で面白かったのは、神田伯山の登場。明治という時代、講談師という職業がちまたに存在していた時代といっていいのであろう。栄一と三菱との確執を講談師が語るというのも、ドラマの趣向としては非常に面白い。

次回、明治になってからの徳川家を描くことになるようだ。また、篤二のこともでてくる。楽しみに見ることにしよう。

2021年11月29日記

『「太平洋の巨鷲」山本五十六』大木毅2021-11-29

2021-11-29 當山日出夫(とうやまひでお)

「太平洋の巨鷲」山本五十六

大木毅.『「太平洋の巨鷲」山本五十六-用兵思想からみた真価-』(角川新書).角川書店.2021
https://www.kadokawa.co.jp/product/322005000654/

子どものころのことになるが、山本五十六の映画を見に行ったのを憶えている。私の場合、山本五十六については、軍神というイメージはないものの、真珠湾攻撃を成功させた名将ということで記憶していることになる。

大木毅の本では、これまでに、『独ソ戦』(岩波新書)を読んでいる。軍事史の専門家という認識でいる。その著者の書いた、「山本五十六」ということで、読んでみることにした。(買ったのは本が出てすぐであったが、なんとなく読みそびれてしまっていて、読み終わるのが今になった。)

山本五十六については、これまでに多くの研究や評伝がある。映画などでもあつかわれている。その功績について、非常に限定的に、軍事的な意味合いからのみ評価するとどうであるのか、これはこれとしてとても興味深いテーマである。

ただ、この本は、山本五十六の生いたちからはじまって、やや評伝風の記述がつづく。軍人として力量を発揮した、太平洋戦争開戦当時のことが出てくるのは、かなり読んでからのことになる。

読んだ印象としては、軍事的には……この本の趣旨にしたがうならば、戦略的にはというべきだろうが……なるほど、そうかなという気がする。そして、戦術において、また、作戦において、どう評価することになるのか、このあたりも興味深い指摘である。

山本五十六という、あまりにも神格化されている面があると、私は感じるところがある。純然と軍事的に論じるというアプローチがあってしかるべきであろう。その意味では、この本は面白い。

また、山本五十六の事跡を追うということで、昭和戦前の日本の政治史、外交史についても、いろいろと、教えられるところの多い本である。

2021年11月28日記

『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第4週」2021-11-28

2021-11-28 當山日出夫(とうやまひでお)

『カムカムエヴリバディ』第4週
https://www.nhk.or.jp/comecome/story/details/story_details_04.html

前回は、
やまもも書斎記 2021年11月21日
『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第3週」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/11/21/9441891

このドラマは、一〇〇年の物語ということなのだが、時間の進行が早い。しかし、その早さをあまり感じさせない。じっくりと物語を描いているように感じる。今まで見たところとしては、おそらくこれまでの朝ドラ史上に残る名作といってよいだろう。

この週もいろいろとあった。稔の出征。子どもの誕生。さらには、勇も出征することになった。岡山は空襲にあう。安子の母と祖母が亡くなることになる。たちばなの店もなくなる。しかし、そこから父親は店を再開することになる。終戦。やっと戦争が終わって、たちばなの店もなんとかスタートするのだが、その父も亡くなってしまう。勇が帰還した。そして、最後には、稔の戦死の知らせがとどくことになる。

実にいろいろなことのあった週である。だが、その慌ただしい時間の流れのなかで、戦時下の岡山の人びと、玉音放送、そして戦後の暮らし、といったものが、情感をこめて描かれていたと思う。

生まれた女の子は、るいという名前になった。このドラマにおいては、安子のつぎのヒロインということになる。安子とるいは、ひなたの道を歩くことができるだろうか。

印象に残っているのは、父親の金太の亡くなるときのシーン。おはぎを売りに行った少年が帰ってくるところから、現実と幻想がいりまじって、最後はナレーションで締めくくっていた。これは、こころに残る。

ここまでは、安子の岡山での生活を描いてきたが、これからどうなるのだろうか。戦後の人びとの暮らしのなかで、安子とるいのことが気になる。

それから、気になっているのが、おはぎを売りに行った少年のこと。この少年は、再びドラマに登場することがあるのだろうか。今後の展開の伏線としてなのか、このあたりが気になるところでもある。

次週、戦後になって、いよいよラジオで「カムカムエヴリバディ」が始まるようだ。楽しみに見ることにしよう。

2021年11月27日記

『戦争と平和』(二)トルストイ/望月哲男(訳)光文社古典新訳文庫2021-11-27

2021-11-27 當山日出夫(とうやまひでお)

戦争と平和(2)

トルストイ.望月哲男(訳).『戦争と平和』(二)(光文社古典新訳文庫).光文社.2020
https://www.kotensinyaku.jp/books/book324/

続きである。
やまもも書斎記 2021年11月20日
『戦争と平和』(一)トルストイ/望月哲男(訳)光文社古典新訳文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/11/20/9441633

『戦争と平和』の光文社古典新訳文庫の二冊目である。

『戦争と平和』を読むのは、何度目かになる。これまで何回か読んできているのだが、今回ほど、この小説の面白さを実感したことはない。登場人物が、それぞれに生き生きと躍動している感じである。そして、それぞれの登場人物の背景にある、大きな歴史の流れというものがある。なるほど、この作品が、世界文学のなかの名作として、読み継がれてきているのはもっともなことであると、ようやく理解が及んだということになるであろうか。

だが、やはり、一九世紀の初めごろのロシアであり、ヨーロッパである。二一世紀の日本からは、なかなか分かりにくいところがいくつかある。その分かりにくさというものが、ロシアの貴族社会と軍隊ということになるだろうか。

われわれが知っている軍隊というのは、おそらくは二〇世紀になってからの、国民国家とその軍隊になる。第一世界大戦を戦った軍隊である。その軍隊の基本的性質、国民と国家との関係は、基本的に今日にいたるまで受け継がれているといっていいのかもしれない。(ただ、このあたりのイメージは、「映像の世紀」を見ての印象が強いということはあるかもしれないが。)

軍隊の組織とは、別に貴族の人びとのなかでの人脈というものが歴然としてあるようだ。ここのところが分かりにくい。近代的な軍隊は、世俗的な身分秩序の外に確固たるものとして存在する、そのようなイメージをもっていると、この『戦争と平和』における軍隊というのが、どうも奇妙な存在に見える。おそらくは、貴族社会における中世的な軍隊から、近代的な国民国家への軍隊へと変化していく途中の形態といっていいのかもしれない。

それから、名前は知っているがよく分からないのが、フリーメイソン。ピエールは、フリーメイソンのメンバーとなる。このあたりの描写は、『戦争と平和』のなかでも、特に印象的な場面の一つである。

だが、このフリーメイソンというのが、今日のわれわれの普通の感覚からは、今一つよくわからないものでもある。(文庫本の解説には、このあたりのことが書いてあるのだが、読んでもはっきりいって、どうもぴんとこないところがどうしてもある。)

また、この冊のなかで出てくる戦場のシーン。アンドレイが、空を見上げる場面。ここも印象的なところである。日本的な感覚でとらえるならば、一種の無常感とでもいうものを感じてしまうことになる。

2021年10月11日記

追記 2021年12月4日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年12月4日
『戦争と平和』(三)トルストイ/望月哲男(訳)光文社古典新訳文庫
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/12/04/9445298

映像の世紀プレミアム(16)「オリンピック 激動の祭典」2021-11-26

2021-11-26 當山日出夫(とうやまひでお)

映像の世紀プレミアム(16) オリンピック 激動の祭典

順次、再放送を見ていっている。録画しておいて、後日ゆっくりと見ることにしている。これは、以前の放送のときに見た記憶がある。二〇二〇年の放送。まさに、二度目の東京オリンピック(これは、延期ということになったのだが)に合わせた企画であった。

見て思うことはいろいろある。思いつくままに書いてみる。

レニ・リーフェンシュタールの映像の美しさが光っている。今、映画史のなかで、どのように評価されているのかは知らないのだが、しかし、この放送で使用された場面だけを見る限りでも、その映像美というものを感じ取ることができる。

大きくとりあげられていたのが、マラソン。日本の最初のマラソン選手であった金栗四三。それから、日本統治下の朝鮮から出場した、孫基禎。二〇一九年のNHKの大河ドラマ『いだてん』では、金栗四三は主人公として大きく取り上げられていたが、孫基禎はほとんど触れられることがなかった。これは、ドラマの題材としてあつかうには、デリケートな問題であるということなのだろうか。

以前の放送のときにも思ったことなのだが、オリンピックの歴史ということで作った番組であるにもかかわらず、出てこなかったのが、ミュンヘン・オリンピックのテロ事件。が、これも、映像の世紀プレミアムで、以前に取り扱っているので、ここはあえて触れなかったということかもしれない。

メキシコ・オリンピックのことは、なんとなく覚えているのだが、陸上競技での人種差別抗議の事件のことは記憶にない。(今年、行われた、二〇二一の東京オリンピックでは、政治的行動もある程度は許容されるということのようだったが、しかし、オリンピックについては、ほとんどテレビなど見ていないので、実際どうだったのか分からない。)

番組であつかっていたのは、一九八八年のソウル・オリンピックまでであった。ここで、孫基禎が登場していた。

モスクワ・オリンピックとロサンゼルス・オリンピックの、東西両陣営のボイコットのことは、ニュースでは知っていた。しかし、このオリンピックのころは、テレビの無い生活をしていたころなので、その競技の実際については、ほとんど記憶がない。

一九六四年の東京オリンピックについては、ほとんど触れることがなかった。これは、この映像の世紀プレミアムの前の回が、一九六四の東京をテーマとしたものであったから、あえて省いたということでいいのだろう。

それにしても、改めてオリンピックの歴史を振り返ってみて、今年(二〇二一)の東京オリンピックの、なんと空疎なことかと感じるところがある。その商業主義だけは巨大化しているものの、スポーツの祭典という意義は、いったいどこにいってしまったのだろうか。まったく印象に残らない大会であった。あるいは、逆説的には、VOVID-19パンデミックのなかで、あえて開催したオリンピックということでは、歴史に残る大会になったのであろうが。

2021年11月25日記

『斎藤茂吉随筆集』岩波文庫2021-11-25

2021-11-25 當山日出夫(とうやまひでお)

斎藤茂吉随筆集

阿川弘之・北杜夫(編).『斎藤茂吉随筆集』(岩波文庫).岩波書店.1986
https://www.iwanami.co.jp/book/b249168.html

北杜夫を読んで、その後、斎藤茂吉の歌を読んだりした。これも読んでおきたくなって、古本で買った。

読んで思うことは、まさに、この斎藤茂吉あって、北杜夫があるという印象である。

第一に、品の良さ。

どの文章も端正で、品がある。書いてある内容は、かなりきわどいことにもふれてあるのだが、読んでいていやな気にはならない。素直に、その文章の世界にはいっていける。

第二、ユーモア。

斎藤茂吉は、ユーモアの人であることがよく理解できる。これは、その人格から自ずからにじみでるものである。大真面目に書いているのが、堅苦しくない。ちょっと距離をおいて眺めてみると、どことなくユーモアを感じる文章が多い。

この、文章の品の良さとユーモアは、北杜夫に受け継がれているものにほかならない。

斎藤茂吉というとどうしても歌人という印象が強い。アララギ派の重鎮ということで、万葉風の歌であり、そして、非常に繊細な感覚を詠んだ歌人というイメージである。だが、散文において、歌人とはまたちがった才能を発揮している。この随筆集など、もっと読まれていい作品だとつよく思う。

なお、餅のことを「おかちん」ということは、『楡家の人びと』に出てくるエピソードの一つであるが、それをこの本のなかでも確認できる。『楡家の人びと』を読んでいると、より面白く読める本でもある。

2021年11月22日記