タンジブル・ビットとソロバン2008-02-29

2008/02/29 當山日出夫

茗荷バレーで働く社長の日記

http://d.hatena.ne.jp/myougadani/

http://d.hatena.ne.jp/myougadani/20080227

で、タンジブル・ビットについて触れてある。MITの石井裕さんの講演会。3月11日、東京電気大学。

http://mirai.dendai.ac.jp/openlab/2007/seminar/

「タンジブル・ビット」という言葉、CHの分野で、あまり聞いたことのない言葉であったので、リンクをたどってみる。

http://tangible.media.mit.edu/

このHPの画面を見て、まず、!?!?……と思うのは、ソロバンの映像が、真ん中に表示してあること。

以下、私の感想。

ソロバンというと、アナログの代表のようなイメージがあるが、その計算のシステムを考えて見ると、実は、デジタル(0と1の世界)であることがわかる。現在のソロバンでは、上の2つの位置、と下の5つの位置、このいずれか一つが、かならず「0」になる。それ以外は、「1」。2×5=10、で、0~9の、10の数値を表現できる。しかも、それは、人間の指先でさわって動かす。

ナルホド……と感心してしまった次第。

本というものが「タンジブル」であるかどうか……すくなくとも、開架式の書庫で背表紙が見える状態、あるいは、旧式の図書館の紙の目録カード、こういったものから何を得ていたのか、もう一回、考え直して見る必要がある。

そういえば、慶應の図書館は、(蔵書はともかく)古いことだけは古い。そのせいか、カードの中には、毛筆で墨で書いたものがあった。こういったものも、勉強するうえでは貴重な情報ではないかと思う。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/02/29/2673795/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。