『ARG』312号2008-03-03

2008/03/03 當山日出夫

ARGの312の感想を少し。

編集後記は、いつも面白い。今回の号を読んで、これは大事だな、と思った、 あるいは共感したことがある。


図書館、特に大学図書館のサイトが個性的で輝いていた時代があったとしたら、 それは初期の手作りの時期ではないか、というご指摘をいただいた。ほぼその 通りと思う。


ここで指摘されていることは、人文学でのコンピュータ利用一般に言えるので ないだろうか。コンピュータが一番かがやいていた時代、それは、初期の、P C-9801(NEC)の時代であった……と、私は個人的に思う。このとき に、「夢」(あるいは、これは、幻想であったのかもしれない)を、見てしま った。その「夢」(あるいは幻想)を、いまだに追い続けている。

GCOEの関係で、若い人たち(大学院生)などと話しをする。そこで感じる ことのひとつは、今の若い人たちは、すでにコンピュータがある中で勉強して いる。今の学部学生なら、小学生の時から、コンピュータで遊んでいても不思 議はない。(我が家の状態を考えると。)

私の年代であれば、原稿用紙・ノート・万年筆・紙の資料カード(京大型カー ド)……ということを経験している。数千枚の原稿用紙・数万におよぶカード、 これらをいったいどうしよう。そこから、どう次のステップに飛躍するか、そ の向こうにあるものを、コンピュータに、見てしまう。

簡単にいえば、コンピュータに夢があり、輝いていた。また、インターネット の前、「パソコン通信」の時代、そこにも、やはり、新しい夢があった。研究 者同士のコミュニケーション、データの流通・共有……今のインターネット時 代で課題となっていることの、ほとんどの論点は、すでに、最初期に出尽くし ていると行っても過言ではないかもしれない。

パソコン(PC-9801)やパソコン通信が、輝いていた時代。それは、図 書館の人にとっても、同様かもしれない。個人と組織(図書館)であるから、 すこし、事情は違うかもしれない。しかし、その草創期にこそ、本質的な問題 を、すでにとらえていた人たちがいる。

だが、逆に言えば、技術的に困難で実現しないから、何でも考えられた(空想 できた)と、いうこともできるが。

今が、いわゆる「WEB2.0」の時代を迎えようとしているなら、「ゼロ」 いや「マイナス」の時代に、何を夢見たか(幻想を見たか)、今こそ、それを 「歴史」として検証して、残すときではないだろうか。

この私のブログの名称に「やまもも」と使っているのは、紹介文に書いてある とおり、昔のパソコン通信の時代のハンドル・ネーム、に由来する。まだ、私 は、夢をおいかけている、のかもしれない。

當山日出夫(とうやまひでお)

GISが暗黙知を明示する2008-03-03

2008/03/03 當山日出夫

過日の立命館のARCでの研究会。2日あるうちの、1日目だけしか出席できなかったのだが、今になって考えて思うこと。

GIS(地理空間情報システム)、最近では、それに、時間を加えて、時空間情報処理システムへと発展しつつある。このことは、CHの分野にかかわっていれば、すでに多くの人が知っている。

時空間=場所と時間、実は、これが、人文学においては、かなりやっかいな問題をかかえている。(このことの一端は昨年の「じんもんこん2007」京大会館で話しをした。)

まず、時空間情報は、場所=緯度経度情報、そして時間=年月日・時刻、という形で、きわめて機械的・無機質である。ならば、誰でも、それを、同じように見ているか、となるとそうではない。それが、GISとして、学術的な意味のあるデータとして処理の対象となったとき、各研究分野による考え方の違いが、露呈する。あるいは、すれちがいが起こる。

私は、日本語の研究といっても、文字とか文献資料による分野である。方言学・言語地理学には、うとい。それでも、最低限の知識の範囲で考えてみても、文化的な事象を、時空間情報で考えることの難しさは、理解できる。

たとえば、方言調査から地図をつくる。これを、GISの技術で、自動的に……という研究があることは、知っている。そのとき、まず、何のために地図を作るのかという目的の設定がある、そして、できた地図から何を読み取るかという解釈がある。その過程にサンプリングの問題があり、また、地図のどの地点にポイントするか、という問題がある(例えば、調査地点なのか、インフォーマントの居住地なのか、さらには、村落市町村単位か、その場合、地図のどこにポイントを決めるのか、市役所の位置か、人口の重心地点か……などである。)

美術史の研究分野の人が、GISに期待するものは、なんだろう、と思う。すくなくとも、言語地理学のアプローチとは異なることだけは確かだろう。また、考古学とも違うだろう。

このように考えると、時空間情報といいながら、同じものを共有しているようでいて、実は、そうではない……ということに気づく。言い換えれば、その研究分野の方法論、あるいは、暗黙の前提というべきものを、明らかにしてしまう。それが、時と場合によっては、議論のすれ違いになる。

GISは、従来の学知の暗黙の部分を暴露する、極限すれば、このようにいえるだろうか。このことは、さらに考えていきたい。

當山日出夫(とうやまひでお)

Googleブック/渋沢栄一と福沢諭吉2008-03-03

2008/03/03 當山日出夫

ARGのブログ版、

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080302/1204464692

を見る。

基本的に、渋沢栄一についてのものだが、

実業史研究情報センター・ブログ 「情報の扉の、そのまた向こう」

http://d.hatena.ne.jp/tobira/

がすごい。

[栄一関連文献][図書館ニュース] Googleブック検索定点観測 第1回 (検索日時:2008.03.02 22:42)

として、グーグルブックの検索結果(渋沢栄一)の一覧が出してある。

ざっと見てなのだが、全文表示できる、とあるのは、『慶應義塾百年史』。リンクをたどると、その全文画像と、テキスト(プレーンテキスト)を、見られる。

慶應の図書館は、グーグルブックに協力している、日本の図書館(今のところ、慶應だけか)であるから、当然かもしれないが、やはりこれはすごい、と思う。ちなみに、福澤諭吉、で検索をかけると、その著作が読める。

ただ、プレーンテキストがあるといっても、そのまま使える(自然言語処理)というものではない。しかし、これが、利用の方法によっては、宝の山であることは確か。

また、アーカイブ関係の最新情報についても、ここは最重要なサイトであるといっていいだろう。今後、常に、注目していきたい。しかも、これが、「はてな」の中に作ってあるところがいい。

當山日出夫(とうやまひでお)