岡崎から帰った2008-03-07

2008/03/07 當山日出夫

岡崎市(愛知県)に行って、文字の調査(の予備調査)。直接の目的は、岡崎における多言語景観(ここは、ブラジルから来たポルトガル語を母語とする人が多い)の調査。

厳密には、多言語、と、文字とは、別に考えなければならないのだが、とりあえずは、多言語表示の例を集めることになる。また、この意味では、岡崎よりも、近隣の豊田市の方が、事例は豊富に見られるだろう。今回は、国立国語研究所の岡崎調査の一部ということで、岡崎市内に限定。

街で写真を写しながらいろんなことを考えた。

景観・風景というものは、アーカイブ可能であろうか。京都のように意図的に「歴史的景観」、として保全する場合もある。そのようにモノとしての建物などを残すことはできるだろう。

だが、その一方で、景観・風景というのは、人間が見る、文化的な事象でもある。それを、景観・風景として、写真や絵画におさめたとき、それは、別のものに変質する。そして、写真や絵画は、それとして、記録・保存(アーカイブ)できる。

現在のコンピュータ技術であれば、「現在」の街の様子を、CG・VRで、再現して見せることも可能である。これが、後世に残った場合、それを、アーカイブとして見るだろうか。

この逆の方向では、「昔」の町並みを、CG・VRで「再現」しようという研究もある。(これは、アーカイブとはいわない。)

景観文字(街頭の看板など)は、文字資料として、非常に面白い。だが、このとき気をつけなければいけないのは、文字が無い景観、という存在。実は、古い住宅地などでは、むしろ、景観のなかに文字が無い方が普通というべきかもしれない。

写真や絵画を残すことと、風景の関係。

また、そもそも、文字をアーカイブするとは、どういう行為であるのか。このあたりのことから、基礎的な議論が必要であると、歩きながら考えた。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/03/07/2707149/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。