DDCH2008-03-13

2008/03/13 當山日出夫

第2回 文化遺産のデジタルドキュメンテーションと利活用に関するワークショップ(DDCH)

Digital Documentation of Cultural Heritage

http://www.chikatsu-lab.g.dendai.ac.jp/arida/The1stWorkshopDDCH/2008_2ndDDCH_announcement.html

いろんなブログなどで紹介されているが、たぶん、上記のものが「本家」=動体計測研究会、とおぼしいので、ここに記しておくことにする。

2008年の3月8・9日の、二日間にわたって、奈良文化財研究所(ここも、いろいろと正式名称がかわるので、ややこしい、通称「奈文研」)で開催された。私は、事情があって、1日目の方しか参加できなかったが、その感想を少し述べておきたい。1日目のプログラムは以下のとおり。


工芸的記録と工業的記録 宮原 健吾(京都市埋蔵文化財研究所)

発掘調査報告書とデジタル化 森本 和男(千葉県教育振興財団)

遺跡の場所性を探求すること-考古学研究における歴史空間の計測 山口 欧志(中央大学)

無形文化財のデジタル保存・解析・利活用 八村 広三郎(立命館大学)

4次元 GIS としてのバーチャル京都の構築 矢野 桂司(立命館大学)

失敗から学んだ計測 田子 寿文(アイテック)


まず、宮原さんの発表。デジタル画像で、いかに正確に色彩を記録するかという観点からは、私自身が、以前に、発表したことがある。昨年の、京大での「東洋学へのコンピュータ利用」セミナー。したがって、論点としている内容は私の考えていることと、かなり重なる。異なるのは、宮原さんの立場が、写真撮影の現場から考えていること。私は、それ(画像デジタルアーカイブ)の利用者の視点から考えている。

デジタル画像をいかに正確に、かつ、安定して、記録し保存するか、という観点で、その仕事の現場の人間がどのように考えているかを知るうえでは、非常に勉強になる。銀塩フィルムからデジタル画像への移行は、根本的な質的な変革をともなうものであることがよく理解できる。

また、「デジタル・アーカイブ」は、いわゆる和製英語であって、日本以外では通用しない。「デジタル・ドキュメンテーション」の方が適切、という指摘は重要であろう。私は、「和製英語」が悪いとは思わない。問題なのは、それで何を意味しているか、ということ。ただ、デジタルの資料を残せばよいというのではなく、その記録・保存・管理、そして、その客観性の保障という観点までふくむものとしては、「デジタル・アーカイブ」よりも「デジタル・ドキュメンテーション」の用語の方がふさわしいだろう。

次に、森本さんの発表。考古学の分野で遺跡の発掘はおこなわれる。そして、その報告書が作成される。では、その報告書は、どれほど作られ、どこがどれほど保存しているのか……という、きわめて基本的であり、重要な問題の指摘であった。日本考古学協会でも、もはや、物理的にすべての報告書を収集・保存することは不可能である、らしい。となれば、PDFのようなデジタル化資料として残すしかない。新しい考古学の研究分野で、GISなどの最新技術が使われるようになっている一方で、過去の発掘報告書の保存と管理がおろそかにされている、という現状は、ある意味で非常に重要である。

ただ、発表の範囲が考古学の発掘報告書の範囲内にとどまっていて、デジタル化した文書資料の保存と利用の問題、さらには、公文書館・図書館との関係などには、深く話しが及ばなかったのは、少し残念な気がする。しかし、限られた時間内での、貴重な問題点の指摘であった。

考古学の発掘で「遺跡」として保存されるのは、ごく一部にすぎない。たいていは、道路建設などにともなうもの。道路ができれば破壊される。つまり、報告書の形でしか、日本の考古学遺跡は、資料として残っていない。「報告書=遺跡」なのである。報告書の保存と活用、デジタル化の問題、この点について、今後、考古学を専門とする人たちの考えていることを、いろいろと聞いてみたいと思った。

當山日出夫(とうやまひでお)

DDCH(2)2008-03-13

2008/03/13 當山日出夫

DDCHの続きである。考えてみると、この「DDCH」というネーミングは、実に良い。Digital Documentation of Cultural Heritage  、これは、まさに、デジタル・ヒューマニティーズ、あるいは、人文情報学、にぴったり重なる。「ドキュメンテーション」という視点から考えてみることの重要性を強く感じる。

遺跡の場所性を探求すること-考古学研究における歴史空間の計測 山口 欧志(中央大学)

これは、沖縄のある島にある遺跡調査を主な事例として、どのような機材で、どれぐらいの人間で、どれぐらいの日数で、調査・記録したのか。その結果、どのような研究成果が得られたのか……考古学を専門としない、私のような人間にとっては、貴重な発表であった。

この種の、いろんな分野の研究者が集まる研究会のおもしろさは、ここにある。自分の専門分野のことであれば、論文を読めばわかる。口頭発表をきいても、むしろ、その欠点の方に目がいってしまう。まあ、このようなことは、どの分野であれ、研究者としてはやむをないと思う。だからこそ、時には、自分の考え方をリフレッシュする意味で、異なる分野の人の発表を聞くことは、非常に重要であり、勉強になる。口頭発表の方が、その分野固有のものの考え方が、よく分かるからである。

この意味では、最後の発表、

失敗から学んだ計測 田子 寿文(アイテック)

は、実に面白かった。大学や各研究機関、地方自治体などが、あつかっている3D計測画像。別に3Dに限らず、単なる、デジタル画像でも同じであろうが、実際に、その作成作業をしているのは、民間の業者、である。大型計算機の世界から仕事をしている人は、よく「パンチ屋さん」という表現をすることがあるが、要するに、データ入力の業者である。

デジタル化資料についての研究会では、主に、研究者の視点から語られることが大部分であった。だが、実際に、そのデータを作成しているのは、研究者自身ではなく、その発注を受けた業者。

この発表は、その現場で仕事をする業者の視点から見た、3D画像作成の種々の問題点の指摘として、非常に興味深いものがあった。特に、地方自治体などで使用しているコンピュータは、古いものが多い。(まあ、これも、そこにおいて、契約業者との年限の関係がからんでのことであろう。) しかし、データを作る側は、最新のコンピュータを使っている。したがって、現段階での最高の解像度のデータを作って納品しても、それを見ることができない。そこで、データをまびいて粗いものにしてしまう。

コンピュータの機能は、どんどん向上していく。この点から考えれば、今は無理でも、数年後には、高精細の画像データから新しい研究ができるかもしれない。たいてい、文化財の計測や撮影は、そうたびたび行えるものではない。この意味では、その時点で、最高のものをきちんとした形で後世に残す、という発想が重要ではないか、と思った次第である。

ところで、申し訳ないが、八村さん、矢野さんの、発表についてのコメントは省略。日常的に、立命館GCOEのプロジェクトで、しょっちゅう話しをきいているので、私個人としては、はっきり言って、まったく新鮮ではない。たまたま、私が、そうであるだけで、他の参加者の方々にとっては、興味深い内容であったようである。

研究会の1日目が終わって、会場で、懇親会。私は、考古学者と一緒に酒を飲むほど無謀ではないので(?)、一次会だけで帰った。自動車で行ったから、飲んだのは、お茶だけ。

當山日出夫(とうやまひでお)