クライアントという視点2008-03-19

2008/03/19 當山日出夫

佐藤さんの写真論に続いて、原尞の作品に、話題がとんでしまっているが、私の頭のなかでは、連続している。その連続のキーワードは「クライアント」である。

今、読み始めている本(まだ、全部、読んでいない)が、

村上陽一郎.『科学・技術の二〇〇年をたどりなおす』.NTT出版.2008

である。この始めの方にこのような記述がある。「科学」と「技術」を比較してである。

>>>>>

(技術は)必ず、その外部に、技術やその成果を「買って」くれる利用者、つまり、クライアントがあったことだ。これは技術を語るときに、見落とすことのできないポイントである。(p.10)

<<<<<

一方で、ミステリについては、

高橋哲雄.『ミステリーの社会学』(中公新書).中央公論社.1989

この本の第三部は、「読む人、読ませる人」として、コナン・ドイルや、アガサ・クリスティなどの作品が成立した、つまり、商品としての書物が流通した社会的背景の説明にあてている。この意味では、ここ近年、さかんになってきている、近代の書物論・読者論としても、すぐれた論考であると、私は思う。

では、写真は、どうであろうか……クライアントの存在する写真と、存在しない写真、とに分けられるだろうか。前者は、いわゆるプロの写真、例えば、写真館(用語としては古いかもしれないが)の肖像写真であったり、報道写真であったり、カレンダーなどに使われる写真であったり……だろう。クライアントの無い写真というのは、典型的には、写真雑誌『アサヒカメラ』などへの投稿写真かもしれない。視点を変えれば、撮影者自身が、その写真のクライアントになる。

今の我々の視点から見て、その技術のレベルや、作品の芸術性を言うのではなく、その当時にあって、どのようなクライアントのために、制作されたもの(絵画・写真・小説、など)であるのか。「マンガ」や「京都」が何かを表象するのであるならば、それは、どのようなクライアントに向けてのメッセージであるのか。

そして、その表象は、メディアと無縁ではない。この意味では、再び、マクルーハンを読み直す必要がある。

宮澤淳一.『マクルーハンの光景 メディア論がみえる』.みすず書房.2008

當山日出夫(とうやまひでお)

学会でどの会場を選ぶか2008-03-19

2008/03/19 當山日出夫

ARGで、岡本さんが、学会の会場が複数にわかれた場合、どうすべきか、ということについて書いている。

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080316/1205664107

私の場合の基本原則は、移動しない、である。

学会の運営にあたって、移動時間をふくんで(5分程度)プログラムを設定してあることもある。その間は、移動時間ということで、待つか、他の会場に歩くか、のどちらかになる。

そうではなく、同時並行で発表が進められる場合は、同じところにいることにしている。理由は、簡単である。動くと面倒だから、である。自分の専門領域にかかわることで、どうしても聞いておきたい発表では、質疑応答で、つい手を上げてしまう。その場合、やはり、発表の最初から聞いていないと、まずい。

ただ、聞いておきたい発表というのには、2種類ある。

第一は、まさに自分の専門分野にかかわるテーマの場合。第二は、自分はよくわからないけれども、聞いておきたい、という場合。

自分の専門分野のことであれば、論文やレジュメを見れば、だいたい分かる。しかし、そうではない場合、口頭発表で聞いた方がよく理解できる。その研究分野の基本的な考え方や、研究者の発想の違いなど、暗黙の了解とされていることが、口頭発表で接した方が、よりよく分かる。

いずれの場合にせよ、プログラムを見て、これだけは聞いておきたい、というのがあれば、その会場にいることにしている。

それに、もう一つ考えておきたいのは、発表者の立場。さあ、次に自分が発表で壇上に上がって、となったときに、会場から、ぞろぞろと人が出て行ってしまうのでは、かわいそうな気がしないではない。つきあってあげるというのも、ある意味でのマナーかもしれないと思う。

また、はじめは興味が無いと思っていた発表でも、なにがしか得るものはある。内容はともかく、プレゼンテーションの技法について、純粋に観察するということができる。(かえって、専門分野の関係で、あまり関心の無い発表の方が、こういうことには向いている。)

あまり参考にはならないかったと思うが、私は、このように考えている。となると、次の学会で移動の可能性があるのは、5月の日本語学会(於日本大学)であるが、どうするかは、プログラムを見て、あるいは、会場の雰囲気で、どうなるか分からない。知り合いの人が多い会場にどうしてもひかれるということもあるので。

當山日出夫(とうやまひでお)