『ARG』315号2008-03-24

2008/03/24 當山日出夫

ARGの315号について少し。

研究会の開催情報の収集・整理は、どうにかならないものかと思う。

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080323/1206283319

自分の専門の範囲であれば、日本語学会のHPで、日本語学関係の学会・研究会情報は分かる。ただ、これは、あくまでも、自主的に、掲載希望を送った場合のみが掲載される。

日本語学会 学会消息

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jpling/gakkai/index.html

情報処理学会であれば、IPSJカレンダーがある。ただし、これは、あくまでも情報処理学会に関係する研究会などに限定される。

http://www.ipsj.or.jp/cgi-bin/ipsj_calendar.cgi

研究会情報は、個別のメーリングリストや、各学会のHP、リンク集、ブログ、これらを、日常的に、丹念に、にさぐっていくしかない。

自分の専門の研究分野の学会・研究会にだけ出ていれば満足、という人は、所属の学会のHPだけ見ていればいいかもしれない。しかし、私のように、あちらこちらと手を出している人間は、情報をあれこれと集めること、それ自体が重要である。別に、出席できなくてもいいのである。このような研究会がある、(あるいは、あった)、ということだけでも、分かると、全体の流れがつかめる。

人文情報学(デジタル・ヒューマニティーズ)にとって一番重要なことのひとつは、この分野における、全体の流れ・動向、である。

それから、もうひとつは、できれば、2ヶ月ぐらい前に、その開催情報を知りたい。今のように、各大学のスケジュールが非常にきつくなってくると、そう簡単に休めない。絶対に、1セメスタに15回、休んだらいかなる理由があれ補講……となると、まず、補講の日程を組んでからでないと、休講にできない。それで、その補講日(たいていは、土曜日などに設定されることが多いだろう)と、学会・研究会の開催が重なってしまう……どうしよう、ということになる。

特に、コンピュータ教室を利用しての授業の場合、教室のやりくりがつかないから、補講の日程調節が、ものすごく厳しくなる。

人文情報学(デジタル・ヒューマニティーズ)は、まだ、個別の確立した研究分野ではない。いや、これは、永遠にそうはならない分野であるのかもしれない。いわゆる「学際的」な視点から、文系・理系にまたがって、総合的に見る視点が常に要求される。

ARGのイベント案内、それから、笠間書院のHPは、常にチェックする必要がある。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/03/24/2829651/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。