東洋学へのコンピュータ利用2008-03-29

2008/03/29 當山日出夫

毎年のことであるが、京大でのこのセミナーが終わらないと、次の年度の準備にとりかかれない……なんとなく、節目の行事に、個人的にはなってしまっている。

昨年は、「色」のことで発表した。とにかく、このセミナーの中心が安岡孝一さんであるので「文字」についての発表が多い。で、あえて昨年は「色」のことをとりあげた。

ことしは、もとにもどって(?)、文字論で発表することにした。自分の発表のことは、また別に論文も書いていることだし、今後も関連した発表を続けていく予定なので、他の方々の発表について、ざっと感想を記しておくことにする。

印象に残るのは、なんといっても、最初の発表である。(※厳密に、安岡さんの意図どおりに、コンピュータで表示することは難しいかと思われるので、あえて、文字は部首に分解してしめす。)

安岡孝一 ネ申と示申、木ネ申と木示申

音声言語化すれば、「カミとカミ、サカキとサカキ」になる。発表の趣旨は、現在進行している、常用漢字の策定において、文字が追加になった場合、どうなるかという問題。より厳密には、文字の追加における、字体の整合性の問題。

単純に整理すれば、現代の日本の漢字政策の根幹は、「常用漢字」「人名漢字」そして「JIS漢字」(0208)にある。ここに、「表外漢字(印刷標準字体)」および、それに影響されての「0213:04」がある。

ここで、新・常用漢字に「サカキ」の文字を追加するとした場合、どのような問題が生じるか、日本の言語政策史に沿って、詳細に論じたものである。

論文の最後を安岡さんは、こう結んでいる。

>>>>>

(康煕字典体を例示して)のような康煕字典体を常用漢字に追加する、ということが可能なのだろうか。文化審議会国語分科会のお手並み拝見、というところである。(p.30)

<<<<<

個人的には、あるいは、論理的には、異論はない。ただ、問題は、ある字体表があったとして、それを、人々がどのように運用するか、現実の社会の中での文字使用の実態という側面があることも、考えておくべきかとも思う。字体の規格というのは、どこまで規範性、あるいは、拘束力を持ちうるのか、ということである。

現実には、新・常用漢字がどうであれ、また、JIS規格がどうであれ、マイクロソフトが、どのようなフォントを実装するかで、文字が決まってしまう。また、一方で、コンピュータに依存しない手書き文字の世界は、別に存在しつづける。さらには、コンピュータにおいても、フォント埋め込みPDFが、さらに一般的に使用されるようになると、文字使用の制約(字体)は、かなり緩やかなものとして運用されることになるだろう。

規格に対する、社会の対応という視点……社会言語学的文字論、としても考えてみる必要があるだろう。これは、翌日の尾形さんの発表にもかかわる。当用漢字字体表と、拡張新字体使用の実態の関係である。

當山日出夫(とうやまひでお)

東洋学へのコンピュータ利用(2)2008-03-29

2008/03/29 當山日出夫

東洋学へのコンピュータ利用、2番目の発表は、私自身のもの。

當山日出夫 文字研究とデジタルアーカイブの現状と課題

これは、別に、論文として、『立命館白川静記念東洋文字文化研究所紀要』に投稿したものについて、コンピュータ利用の立場から、簡便に要約し、それに、補足的な説明を加えたもの。HNG(漢字字体規範データベース)の利用についての、若干の問題点を指摘した。このことについては、また、改めて、論文にしたいと思っている。

3番目は、

師茂樹、千田大介、二階堂善弘、山下一夫、川浩二 中国古典戯曲の文献の韻律の数理的分析に向けて

この発表、意図はよくわかる。そして、発表者自身、自ら指摘しているのは、中国戯曲として元以降のものをあつかうのに、『広韻』をつかうことの問題。このあたりは、中国音韻史の専門的な議論になる。とりあえず、この問題があることをわかったうえで、方法論として、とりあえずやってみた、と理解しておく。

4番目は、

山本一登、谷川清隆、相馬充 春秋日食再考

中国の古典として知られる『春秋』の日食の記述が、どれほど正確なものであるのか、現代の天文学の知見をもとに考証を試みたもの。日食の計算には、いろんな方式がある、ということを認めたうえで、結果が同じであるからといって学問的に無意味であるというのではない、現在の知見から最も信用のおける方法によって得た結果として、それは尊重すべきである……と、ことを強調していたのが印象に残る。

5番目は、

Christian Wittern Improving Findability : Faceted Search with Lucene , Solar and VUFind

『東洋学文献類目』を電子化していかに効率的に使うか、ということであると理解した。個人的には、紙の本の役割、というのをどう評価するか、今後の大きな課題であると思う。ただ、検索するためだけなら、コンピュータの利用を促進すべきである。ただ、その一方で、「読む目録」「目録を読む」という勉学の視点も、忘れてはならないと感じる。

當山日出夫(とうやまひでお)