『理系バカと文系バカ』2009-05-04

2009/05/04 當山日出夫

竹内薫.『理系バカと文系バカ』(PHP新書).PHP研究所.2009

CH(人文科学とコンピュータ)とか、DH(デジタル・ヒューマニティーズ)というような分野にかかわりはじめて、かなりになる。いろいろと、いわゆる「文理融合」ということについて、考えることがあった。

個人的には、理系バカも文系バカもいない。いるのは、バカだけである。バカには、文系も理系もない。また、逆に、優秀な人はいる。そういう人にとっては、また、文系も理系もない。

そういえば、『バカの壁』という本があったが(いまもあるが)、壁のむこうがわにいる人間と、こちら側にいる人間、このようにわけた方が、わかりやすい。

とはいえ、やはり、文系・理系の違いがあるのは、現実の社会のあり方。それは、「文系・理系」というカテゴリを設定してしまっている、今の、日本の社会(特に、学校教育)のあり方が、そもそもの問題と思う。

以下、雑感。

特に、中学・高校での、教師の資質が大きいと、個人的には思う。それと、個々の生徒の特性。

私の場合、国語でも、古典は非常によくわかった(いわゆる学校古典文法は大好きだった)、しかし、現代国語は、さっぱりであった(かろうじて平均ぐらいか)。一方、数学はどうかというと、幾何・図形をあつかう分野は、問題を見た瞬間に答えがわかる、試験の時間は、あまった時間が退屈でしかたがなかった。ところが、計算式を解くような分野になると、さっぱりわからない(これも、かろうじて平均ぐらい)。

まあ、文学・歴史が好きだったので、文学部国文科、そして、国語学を学ぶという方向をえらんだ。

ところで、いま、実際に、CHやDHにかかわっている、いろんな大学の先生と話しをして感じること。大学になってからの、教育システムの違い。

大学で、理系であれば、まず、微分・積分、とすすんでいく。この教育課程は、基本的に、どの大学でも同じ(学生のレベル差はあるかもしれないが。)いわば、暗黙のうちの、共通カリキュラムがある。いまでは、それに、コンピュータのプログラミング実習など、ふくまれるだろう。

ところが、文系であれば、暗黙の共通カリキュラムがない。確かに、共通する、暗黙知はある。だが、それは、形式的におもてにあらわれにくい。きわめて深いとことで、通底している。だが、これは、非常に強固なものである。

文理融合・文理連携をいうならば、まず、文学部でのカリキュラムや教育方法、逆に、理学部・工学部でのカリキュラムや教育方法、これを、相互に、提示し観察し話し合うことが、重要かと思う。

理系といっても、「理」と「工」では考え方が違うだろうし、文系といっても、文学研究と、言語理論の研究は違う。だが、大局的に、文理を総合する、リベラルアーツが必要になってきていることは確かである。

當山日出夫(とうやまひでお)

追記
「文理」を「分離」と誤記してあったので訂正。2009/05/04

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/05/04/4285438/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。