『CUDカラーユニバーサルデザイン』2009-05-09

2009/05/09 當山日出夫

『カラーユニバーサルデザイン』.NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO).ハート出版.2009

CUDO
http://www.cudo.jp/

やっと、きちんとした本が出たな、という印象をもつ。

日本人男性の約2~5%は、「色覚異常」の症状をもつ。伴性劣性遺伝(つまり、遺伝子に起因するため)治療法はなく、かつ、人口の一定の割合で存在する。

いわゆる「色盲」である。といって、「色」が見えないのではない。一般的な色覚の人とくらべて、違いを認識できる色の違いが異なるということである。

私ぐらいの世代であれば、学校の健康診断のとき、必ず、「石原表」(仮性同色検査表)を見せられたものである。したがって、「色盲」の人がいる、という事実認識はもっている。しかし、それが、どのようなものであるのか、どのような色の世界を見ているのか、それによってどのような社会的問題があるのか、どれくらいの人がその症状を有しているのか、習ったことはない。

そして、現在では、健康診断から、色覚検査が無くなっている。大学受験などで、色覚異常だからといって、理学部・工学部、医学部などで、受験拒否ということは無くなっている。

だが、問題は、なんら解決されていないに等しいともいえる。いいかえれば、色覚異常という問題を、社会から隠蔽してしまっただけにすぎない。

この問題に私が関心をもちはじめたのは、ふとしたきっかけによる。まずは、色彩学一般から、自分で勉強し始めた。

以下、私の書いた論文を記しておく。CUDOの活動に敬意をはらうと同時に、また、わずかながらでも、自分のできることから実践しようと試みている人間の一人の活動の記録としてである。なお、現在、私は、黒板の板書に赤いチョークは絶対に使用しない。使うのは、白と黄色のみにしている。また、パソコンには、富士通のCD(カラードクター)を、かならずインストールしている。

當山日出夫.「色覚異常者にカラー印刷の辞書はどう見えるか」.『情報処理学会研究報告(2005-CH-68)』.情報処理学会.2005

當山日出夫.「英語辞書におけるユニバーサルデザイン-初級英和辞書を色覚異常の観点から検証する」.『福祉と人間科学』(花園大学社会福祉学会)Vol.16.2006

當山日出夫.「全訳古語辞典のカラー印刷と色覚異常-ユニバーサルデザインの視点から-」.『日本語辞書学の構築』、おうふう.2006

當山日出夫.「色覚異常者に黒板の赤いチョークの色はどう見えるか」.『人文科学とコンピュータシンポジウム』(情報処理学会,じんもんこん2006.同志社大学).2006

當山日出夫.「色覚異常の人に黒板の文字はどう見えるか-カラーバリアフリーの教育環境のために-」.『福祉と人間科学』(花園大学社会福祉学会).Vol.17.2007

當山日出夫(とうやまひでお)

次回の東洋学へのコンピュータ利用2009-05-10

2009/05/10 當山日出夫

『ARG』によると、次回の、東洋学へのコンピュータ利用セミナーは、

2010年3月19日

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090509/1241830857

とのこと。(たしか、この前の会のときに、安岡さんが、そう言っていたので、すでに、カレンダーに印をつけておいた。この日は、何がなんでもあけておく予定。)

たぶん、この時には、「新常用漢字表(仮称)」試案は、2回目のパブリックコメントを終えて、もう決まった状態か、どうかというあたり。2010年度が、めどであるから。

それから、おそらく、Windows7も、登場しているだろうから、デジタル文字をめぐる議論はつきない。いや、つきてはいけないのだ。常に、批判にさらされながら、「新常用漢字(仮称)」も、MS明朝も、平成明朝も、存在しなければならない。

當山日出夫(とうやまひでお)

『ARG』374号の感想2009-05-11

2009/05/11 當山日出夫

『ARG』374号を読んでの感想をすこし。

まず、注目すべきは、九州大学蔵書印データベース、である。

書誌学などにかかわると、その「蔵書印」は、非常に重要な情報。要するに誰が持っていた本である、その伝来のすじみちである。

この観点からは、九州大学のみならず、各図書館で、同様の取り組みがなされ、横断検索可能になると、日本の、古典文献学が大きく変わる。国会図書館とか、国文学研究資料館とかが、中心となって、全国的規模ですすめて欲しいものである。

ところで、仙台には、ちょっと行けそうにない。残念。

當山日出夫(とうやまひでお)

東京書籍の教科書2009-05-12

2009/05/12當山日出夫

狩野さんのコメントで知りました。(狩野さん、どうありがとうございます。)
2009年4月22日へのコメント
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/04/22/4259713

東京書籍の明治期からの教科書資料群が、重文指定になったよし。さっそく、

東京書籍
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/

で確認しました。

たしかこのとき、新しく文化財指定になったことで、新聞で大きく報じられたのは、映画「紅葉狩」。教科書の件は、見落としたか、と思います。

ただ、このように古い教科書資料が、研究資料につかえるようになると、近代における文字の研究に、新しい方向が見えてくるように思えます。

當山日出夫(とうやまひでお)

新常用漢字:もう一年になる2009-05-13

2009/05/13 當山日出夫

いま、とりくんでいる、「新常用漢字表(仮称)」試案、最初の新聞報道が出たとき、中国の四川省での地震と同じ日だった。もし、中国で、地震が起きていなければ、各新聞、一面トップだったかもしれない。

たった一年のことである。この間、いろいろあった。これからも、いろいろあるであろう(と、すでに計画しているのだが)。

みなさん、どうもありがとうございました。これからも頑張りましょう。

ただ、「新常用漢字表(仮称)」を批判することが目的ではありません。漢字と日本語のことについて、より深く考える、これが目標です。

當山日出夫(とうやまひでお)

蔵書印のことなど2009-05-14

2009/05/14 當山日出夫

やはり松田先生だけのことはありますね。蔵書印DB、実現してほしいものです。九州大学の図書館は、学問的なセンスがいい。

私の学生のころ、書誌の調査のとき、蔵書印は、読めなくてもいいから、とにかく、その「かたち」を書き写しておきなさい、と習ったのを憶えています。今になっておもえば、下手に、翻字してしまうよりも、デジカメで画像データを残しておく、ということになるでしょうか。

ところで、私の蔵書、数だけかぞえれば、万に近い冊数になるでしょうが、蔵書印は押していません。まあ、私の旧蔵だからと言って、将来、古本屋がどう判断するわけでもなし。むしろ、凝り性なものですから、気に入ったのがつくれない、というのが実情。また、蔵書票を作るほどの時間もないし。

むかし、神保町の古書店で買った専門書(国語学)のなかには、某大先生から、某先生への、寄贈本があったりします。その当時、両方とも、ご存命。(誰が、ということは、もちろん、書きませんが)。

古書店を介しての書籍の流通というのも、数十年単位でみれば、重要な学術情報のルートであると思っています。

當山日出夫(とうやまひでお)

WEBアーカイブと図書館2009-05-15

2009/05/15 當山日出夫

『「本」のメルマガ』を、購読している。その最新号の記事。

図書館の壁の穴 田圃兎
第26回 レファレンスサービスの転換

まず、雑誌のバックナンバーのオンライン公開の件が紹介。これはこれで興味深い。しかし、重要だと思うのは、次の箇所。部分的に引用する。地域の公共図書館の役割として、

>>>>>

公共図書館には地域の情報を収集・保存する役目がある以上、地域の情報を発信している人のブログやホームページは把握しておきたい。そういった有益な地域情報サイトが、永続的に存在し続けるという保証がない場合には、図書館が丸ごと保存させてもらった方が良いかもしれないし、内容によっては、図書館がサーバーを提供しても良いのではないかと思っている。
地域の人々が情報を発信するための手助けも、図書館の仕事じゃないかと僕は思うので、サーバーの提供もそんなに無茶なこととは感じていない。

<<<<<

強いていうならば、「MLA」のどれからもはずれたところに、今の、WEBのブログはある。これを「のこす」必要は無いのか。

このことについては、国会図書館レベルでの議論もある。がだ、一方で、地方の地域密着型の情報こそ、WEB(特にブログ)の中にある。

先日のアーカイブズ学会(学習院大学)でのこと。「アーカイブズ」のある人が、地域のために地域の情報をのこす、という意味の発言をしていたと記憶する。既存の、図書館・文書館・博物館の枠をこえて、地域のために、その地域の情報をのこしておく、このような発想にならないものだろうか。

アメリカのハーバード大学の、日本の憲法関係のWEBアーカイブなどとは別に、ローカルな視点から、そして、真にユーザの立場にたった、図書館・アーカイブズ、そして、WEBの、新たな関係の構築が重要であると思う。

「本」のメルマガ

http://archive.mag2.com/0000013315/index.html

http://www.honmaga.net/

當山日出夫(とうやまひでお)

ユーチューブは映像アーカイブか2009-05-15

2009/05/15 當山日出夫

日本映像学会(35回大会、名古屋大学)のHPを見て、ふと思ったこと。

開催趣旨に次のような記述がある。

http://www.jasias-chubu.org/35/outline.html

>>>>>

私たちは現在,映像の未曾有の氾濫のなかに生きています.ニコニコ動画や YouTubeといった投稿サイトは,映画のパートやアニメーションはもとより,TV番組,CM からドキュメントまで,無尽蔵ともいえる映像のアーカイヴとなっています.

<<<<<

ニコニコ動画、ユーチューブを、「映像アーカイブ」と称することには、私としては、ためらいがある。おそらく、基本的なアーカイブズ学の人は、もっと拒否感を示すだろう。すくなくとも「アーカイブズ」というからには、最低限、安定した長期保存ということが不可欠だと思う。

ただ、今回の学会、シンポジウムで、濱野智史さんと、大屋雄裕さんの、話しがある。これはこれで興味深い。

「アーカイブ」ということばの範囲がとめどもなくひろがっていく。私は、現在の日本のアーカイブズ学は、硬直した傾向にあるとは思っている。しかし、どのようなものを「アーカイブ」「デジタルアーカイブ」と言うのか、考えてみる必要は強く感じる。

當山日出夫(とうやまひでお)

なかの写真資料館2009-05-16

2009/05/16 當山日出夫

渋沢財団のブログ版で知った。さすが、渋沢財団である。今のところ、私にとって、貴重な情報源としては、
・ARG
・国会図書館カレントアウェアネス
・渋沢財団
となるであろうか。

そのブログの5月7日 なかの写真資料館

http://d.hatena.ne.jp/tobira/20090507

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/photo_museum/index.html

これは、東京都中野区の、郷土資料としての写真資料を公開したもの。資料もいいが、その利用規程がいい。その箇所から引用する。

>>>>>

なかの写真資料館のご利用方法について

「なかの写真資料館」に掲載している写真は、中野区広報担当で所蔵している写真をデジタル化したものの一部です。個人で楽しむためにお使いになる場合は、ご自由にご利用ください。 また、画像へは直接リンクを張らず、ダウンロードしてご利用ください。

報道関係の皆様へ

「なかの写真資料館」に掲載された写真で、より高精細画像を希望される場合や、「なかの写真資料館」にない、中野区の他の写真をお探しの場合には、担当までお問い合わせください。

<<<<<

いわゆる「商業利用」についての規定は書いていない。しかし、その相談窓口の案内は明記してある。私の理解するところ、この記載方法では、商業利用門前払い、ではない。

また、個人利用であれば、ダウンロード可能もいい。ブラウザで見る以外のことは禁止、という例があるなかで、ここは、他のサイトも見習ってほしいものである。

當山日出夫(とうやまひでお)

国会図書館の「蔵書印の世界」2009-05-16

2009/05/16 當山日出夫

先に、九州大学の蔵書印DBについて触れた。その後、(別の用件で)調べてみると、国会図書館の電子展示があることに気づいた。

蔵書印の世界 電子展示会-日本の記憶-

http://www.ndl.go.jp/zoshoin/index.html

ここには、「フランク・ホーレー」の印もある。いわゆる「寶玲文庫」である。

當山日出夫(とうやまひでお)