電子翻刻と人文情報学2009-06-22

2009/06/22 當山日出夫

人文情報学、デジタル・ヒューマニティーズ、においいて、(少なくとも日本においては)もっとも重要な問題が、「文字」である。私の知見の範囲では、まず、日本で人文学研究にコンピュータを利用しようとしたとき、直面した問題は文字であるし、また、いまでも、重要な課題のひとつでありつづけている。

青空文庫で次の会が開催

芝野耕司先生講演会「電子翻刻における「読み」と「見たまま」」

http://www.aozora.gr.jp/soramoyou/soramoyouindex.html#000297

この件、「明窓浄机」の方にも掲載。

明窓浄机
http://d.hatena.ne.jp/YAMAMOMO/20090622/1245626425

當山日出夫(とうやまひでお)

英国で19世紀の新聞200万ページ2009-06-22

2009/06/22 當山日出夫

この件、渋沢財団のブログで知った。「情報の扉の、そのまた向こう」
http://d.hatena.ne.jp/tobira/20090622

大英図書館、19世紀の新聞200万ページ分をネットで公開
〔INTERNET Watch - 2009年6月19日〕
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20090619_294964.html

日本ではどうか。

當山日出夫(とうやまひでお)