『鈴の音が聞こえる』2009-11-20

2009-11-20 當山日出夫

田中貴子様

御著書、『鈴の音が聞こえる』、無事に、我が家にとどきました。どうもありがとうございました。

今日の昼から東京行きで、学会などいくつかまとめて用事です。持って行く本は一冊だけ『渋江抽斎』(岩波文庫)だけにするつもり。もう、目が疲れる歳になると、家の外に出て、列車のなかで本をよめなくなりました。それに、普段は、自動車の生活ですし。

ところで、我が家のよいこたち(黒ネコ、複数形)は、あいかわらず、「へいわ」を絵に描いたような姿で、だらしな~く、の~びんりとしています。やや(あるいは、かなり)太り気味なので、ダイエットさせねばならないと感じつつも、カラッポのネコのお茶碗を見ると、ついついキャットフードを入れてあげたるなるのです。

ざっとパラパラ見て、「ねこまた」(『徒然草』)の例。「ねこまたぞや」の箇所の、くりかえし。古い注釈書では「ねこまたぞや、ぞや」となっていますが、「ねこまたぞや、ねこまたぞや」ですね。p.66

このあたりの箇所、私が、学生のころ、山田忠雄先生に師事していたときのことを思い出します。

家に帰ってから、ゆっくりと読ませていただきます。どうもありがとうございました。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/11/20/4707104/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。