CH87(4)2010-08-05

2010-08-05 當山日出夫

田島孝治さん、高田智和さん
「景観文字調査」のための調査結果分類方法に関する一考察

この発表は、私もすこし関係がある。景観文字・・・看板や道路標識などで見る文字である。それを言語研究資料として、いかに利用するかという研究。いや、研究というよりも、そのための方法論。というよりも、そのための、道具(ツール)の話し。

最終的には、人間の目による確認が大事かなとは思う。そして、重要なことは、ある箇所に、その文字が無いということも記録しておく必要がある、ということ。これは、今後の景観文字調査の方法の一つとして、重要な点になると思う。あるいは、ある範囲を悉皆的に調査したのなら、その範囲を明示的にはっきりと示す工夫が必要かもしれない。

デジタルカメラにGPS機能がつかえるようになって便利になったものである。とはいえ、今のところ、一般的には、とれるのは、カメラの位置情報である。撮影の方向や、被写体との距離などは、とれない。景観文字調査にとっては、カメラのある場所ではなく、看板のある場所の情報の方が必要である。実際に調査してみると経験するが、道路の反対側からでないと見えない看板というものがある。

まだまだ、工夫改良の余地のある研究課題であるが、なるべく協力していこうと思う。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2010/08/05/5269609/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。