雨の日のひかり2010-10-09

2010-10-09 當山日出夫

ちょっと東京に行っていて、京都まで新幹線で帰ってきたら、雨がふっていた。窓から見える、夜景の光の感じがちがう。どこが、どう違うのかといわれてもこまるが、雨の日の光は違う。特に、道路を自動車がはしっていると、路面へのヘッドラップの反射がある。そして、全体に光の色調がちがう。

どうも、完全、書斎人間になってしまっているのか、家を出ると本が読めない。特に、列車の中などで、本を読むと、ものすごく目がつかれる。ひとつには、光源が一定しないせいもあるのだろう。本との距離も不安定なら、光も一定ではない。

単なる「なれ」の問題といってしまえば、それまでである。まあ、たまに、家を離れて列車に乗っているときぐらい、何も考えずにぼんやりしているのもいいだろう。

それにしても、水曜日に授業が終わってから直接、京都駅に行って……授業の準備など最低限のものだけもっていく。おわったら、すぐに、東京まで。なれている人ならどうってことないことなのだろうが、なれない人間にはつかれる。

来週も、また、学会である。

11月は、あれこれとあるが、場所は京都。遠くに出ることはない。ちょっと気楽にしていられる。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2010/10/09/5393547/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。