『ARG』468号の感想2011-03-01

2011-03-01 當山日出夫

『ARG』468号の感想である。

今回、目につくのは、インターンの書いた記事。

・「宮古島へ行ってきました。」有本よしの
・「京都国際マンガミュージアムに行ってきました」平山陽菜

と、ここまで書いたところで、気づいた。リンクがまちがっている。

宮古島の方、

続きは、

http://www.arg.ne.jp/node/6984

でご覧ください。

とあるのは、

http://www.arg.ne.jp/node/6987

であるべきもの。書いてあるリンクだと、京都国際マンガミュージアムの方につながってしまう。(う~ん、ここでインターンの責任であるとは書くつもりはないが、まあ、事実こうなっているということで書いておく。)

個人的な感想をいえば、まず、宮古島の方は、いけなかったが、Ustreamでの中継は、可能な限り見ていた。そこで感じたことととしては、米国占領下における文化政策として、その記録をきちんと保存しておくべきことの価値である。現地の人にとっては、もう忘れてしまいたいことなのかもしれないが、しかし、ここは冷徹なアーカイブズの感覚が必要になるだろう。将来にとって、資料(史料)を残すことの意義を、現在の我々の責務と考えねばならないと、思う次第である。

それから、京都のマンガミュージアム。ここは、数年前に、アート・ドキュメンテーション学会の年次大会で会場につかったので、覚えている。昔の、京都の小学校を再利用している。だから、ミュージアムとしての運営も、京都精華大学と、地元との共同の上になりたっている。また、その建物それ自体も、昔の京都の小学校を残しているので、とても興味深い。

當山日出夫(とうやまひでお)